旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧
外部リンク








"mirror, mirror ...... "  「鏡」
"Mirror, mirror on the wall. Who's the fairest of us all?" 「白雪姫」の有名な台詞とは関係ない話しですが・・・
a0067582_193482.jpg
部屋に鏡があることの必要性ありがたみを思い知ったことありますか?

私は、過去に2度ほどあります。後にも先にも英国のロンドンと(ヨークシャーの)リーズでホームステイをしていた時だけですが。ホームステイ受入れ側の家庭は、学校から生徒の部屋に用意しなければならないスペックを指示されています。勉強机とランプはもちろんのこと、クローゼット(closet)にはハンガーもちゃんとあるのですが、鏡はないのです。

日本ではタンスに鏡がついていたりしますが、クローゼットには付いてません。旅行ならホテルの部屋には大きな鏡が、デスクの前のに設置されていたり、クローゼットの扉びら自体が全面鏡だったりして、鏡に不自由はしませんよね。

ホームステイアイテムとして、大きめの鏡を日本から持参する人はいないでしょうから部屋で仕度をする時に結構不自由します。リビングの暖炉の上洗面台には大きな鏡があるのに、なぜ、部屋には姿見のような鏡が存在しないんでしょうね?

写真は、ロンドンのとあるホテルの部屋ですが、ここはクローゼットの扉自体が全面鏡、ただし、デスクが壁づたいにあるタイプではないので(独立したテーブル)、大きめの置鏡がインテリアとして置かれています(鉢植えの左)。この鏡を見た時、あ〜気がきいていると思ったものです。これですよ、この鏡が、(ホームステイ中の)私の部屋にも欲しかった
[PR]
# by rie-suzuki67 | 2006-03-13 01:12 | :: Recomendable
「ハチ」(Bee)にさされたような・・・
a0067582_111478.jpgハッと何かに気づかされる、日本ではもうそんなことがない日常の繰返しになってしまいますが、いつもハッと気づくことがある英国です。自分の愚かさを悟り、恥ずかしいとも思うわけですが・・・ 去年(2005年)一番ハッとした言葉のトップは、「ハチ」に関する会話でした。

オーストラリアでは、ハエがうざったい、英国では、ハチがうざったい」と常々、思っていた私(ハチにさされたこともあります)。「確かに!」とうなずいてくださる方も多いはず。

a0067582_116659.jpg
昨年の、とあるロンドン郊外、庭園を訪れた時の会話ですが、何か話さなくちゃと気をつかって、連れ(英国在住何十年)に「ハチが多いですよね」と振ったら、間があってから「お花や植物があるってことは、ハチがつきものですからね」という言葉が返ってきたんです。言い方は優しいが内容が手厳しい

庭園を見に来ておいて、ハチが多いもないもんですよね!何を言っているんだ、この子!と、この人、心の中では、ちょっとカチンっときてたんじゃないかな?

やあ〜、ヨークシャーのリーズ留学中、映画館の前の広場ですら、ベンチに座っていても、ハチがぶんぶん、落ち着かない〜という経験があったもので、素朴な疑問だっただけなんですけどね・・・ 因みに、この時は、秋です。

やっぱり、私は「東京ずれ」していると悟りました。英国にはハチがつきもです。あたりまえです。そんな簡単な道理が連想できない都会的思考能力の我身に説教しました。
[PR]
# by rie-suzuki67 | 2006-03-09 01:30 | :: Plants & Parks
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp