人気ブログランキング |

旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧
外部リンク








ジョーン・ヒクソン演じる「Nemesis(復讐の女神)」
シャーロック・ホームズのように動き回らず、ポワロのようにナルシストでもない・・・

ミス・ジェーン・マープルは、ロンドンから列車で1時間半ほどの架空の村、セント・メアリ・ミードに居て事件を論理的に分析、解決する。正義を重んじ、死刑制度の支持者でもあり、自他ともに認める「ネメシス」がミス・ジェーン・マープル。

a0067582_011556.jpgポワロ同様、ミステリーの女王 アガサ・クリスティの生み出した架空の人物なのですが、やはり原作者お墨付きのジョーン・ヒクソン(Joan Hickson OBE, 1906 -1998)によって、私は、ミス・マープルに目覚めました。

ジョーン・ヒクソンが演じるミス・マープルというのは、BBCがドラマ化したシリーズ(ツタヤでもレンタルしています)ですが、ミス・マープル作品は、このお婆さんのキャラクターが重要で、それを知るまで、アガサ・クリスティのミス・マープルシリーズはあまり好きではありませんでした。従って、今や、NHKアニメは、何の意味もない!というのが私の感想です。

一見、編み物とゴシップ好きのごく普通のお婆さんというベールの下には、それはそれは怖いくらいの厳しい眼差しがあるように思います。事件は、村人を長いこと見てきた観察眼を活かした例え話しやマザーグースなどを比喩にだして人間心理を分析していくわけで、それに気づいたのは、シリーズを何本かみた後、とどめとして「復讐の女神(原題:メネシスNemesis)」をみた時。この作品はミス・マープル自身に触れる内容なので、それまでみてきた作品中の彼女を、あ〜と実感できるわけです。

邦題の「復讐の女神」はちょっと変ですね?! ネメシスは女神ですが、「不当なことに対する憤り:義憤」とするのが好ましい気がします。まさにそれがミス・マープル・・・
# by rie-suzuki67 | 2006-06-25 00:14 | :: TV & Films
Latin AmericaとSouth America
英国では、South Americaという言葉を使わない気がします。ほとんど、Latin America。だから、つい最近までSouth Americaという表現は、アジア圏の人々・社会で一般化した言葉で、世界では通用しない言葉なのかと思っていました。

先日、仕事でご一緒したNorth Americaの人(カナダ)がいいことを教えてくれました。これには地理的区分、文化圏的区分、言語的区分、とさまざま見解はありますが、基本的には・・・
a0067582_033530.jpg

North America
メキシコを含めた北に位置する北アメリカ大陸圏のこと

South America
メキシコを含まない、それよりも南に位置するエリアのこと

Latin America
メキシコを含めた南に位置するエリアを言う時
(South America + メキシコ = Latin Americaになるというわけで、まあ、主にポルトガル語かスペイン語圏ということです)


英国人の考え方って、境界線がメキシコの北国境で線を引いているということですよね。そうすると、North Americaっていうのは、英国人の場合、カナダとアメリカだけを指していることになるので、う〜ん、これって、言語で線を引いている気がする。それにしても、メキシコって、こんなに大きな国だったの?!(縦に長い)
# by rie-suzuki67 | 2006-06-20 00:35 | :: Languages
メッセージ
英国的なもの・・・、それはを見上げるとあります
a0067582_2253892.jpg
a0067582_22532510.jpg

"COME ON ENGLAND"と書かれたセント・ジョージ クロス(赤の十字/英国の旗ではなくイングランドの旗)。これだけで、何のためのヘリコプターなのか、検討がつくでしょう。そう、ちょうどその時間、イングランド戦が行なわれていたわけです。

"COME ON ENGLAND"は、イングランドチームの応援キャッチフレーズで、みんなが声援をおくる際の掛け声でもありますね。「頑張れ!イングランド」ってなわけで、日本語にしてしまうと(どっかで聞いたことあるぞ)「がんばれ!ニッポン」・・・(同じ)

昔、好きな広告宣伝方法といえば、Konikaと機体にペイントされた飛行船(気球)でした。街には看板が溢れている東京では、もう空しか有効なスペースが残されていないと実感したものです。

a0067582_22534251.jpgさて、こちらは、保守党が、先の選挙の際に飛ばしたヘリコプタ−。

英国の場合、日本のように煩い選挙カーが走ったりしないので、これくらいは許してあげます。

このパターン、宣伝というより、私には、「メッセージ」って気がして、わりと好きです。
# by rie-suzuki67 | 2006-06-18 23:21 | :: Lookup into Space
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp