旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧
外部リンク








ハンプトン・コート宮殿
今日、2月27日(水)のハンプトン・コート宮殿
a0067582_04082984.jpg
a0067582_04084309.jpg
a0067582_04085852.jpg

# by rie-suzuki67 | 2019-02-28 04:10 | :: Plants & Parks
ブロンズのドラゴン 'Lucky George'

ホテルにある と〜っても凄いもの😯
第一弾 Kimpton Fitzroy London

a0067582_07164914.jpg
a0067582_07180832.jpg

ラッセル・スクエアに面した壮大なテラコッタ建築のラグジュエリー・ホテルは、リノヴェーションを経て(InterContinental Hotels Groupのマネージメントによる) Fitzroy London として昨年2018年10月に再オープンしました(ヴィクトリア朝・エドワード朝の建築デザイナー Charles Fitzroy Doll による元1900年開業の Hotel Russellの建物)。

a0067582_07191479.jpg
a0067582_07193010.jpg
フィッツロイは、タイタニック号のダイニングルームのデザイナーとして知られている人物で、彼は、このホテルとタイタニック号の間に「双子」と呼ぶべき幾つかのデザインを残しています。
a0067582_07171890.jpg
ホテルのメインダイニング "Neptune" は、 タイタニック号のファースト・クラス・ダイニングルームの厳密なコピーです。


さて、本題の凄いものは、ブロンズのドラゴン "Lucky George" 。

a0067582_07203749.jpg
a0067582_07211007.jpg
フィッツロイは、このホテルとタイタニック号のために二つのドラゴンを作らせ、ここに居るのが "Lucky George" 。双子の"Unlucky George"は、哀れ大西洋の底に横たわっています😥
a0067582_07214663.jpg
メイン玄関を入って右手の大階段を2nd floorまで上がると、踊り場の階段の手すりに"Lucky George"は寂しそうにひとりで居ます。(階段を使う人がいないので、殆ど誰も来ないから。ちっこくて可愛いのでお喋りしてあげてください)


>> 続きを見る More...
# by rie-suzuki67 | 2019-02-24 07:26 | :: London Hotels
祝 Heinz 創業150年 🎉 @ Fortnum & Mason
すっかり春めいて、温かな強い陽射しの晴れの日が続いています。
a0067582_03385382.jpg
a0067582_03390969.jpg
さて、フォートナム&メイソンのショーウィンドウは、祝 Heinz 創業150年🎉
a0067582_03403953.jpg
a0067582_03410918.jpg
イングリッシュ・ブレックファストになくてはならない「ベイクド・ビーンズ」(Baked Beans) 。Heinz 創業150年🎉を、高級百貨店 フォートナムズ が大々的に祝う理由は...
a0067582_03414861.jpg
遥かアメリカからベイクド・ビーンズ缶詰の5箱分を持ってロンドンにやって来た若き米国のビジネスマン、ヘンリー・ジョン・ハインツが最初に訪れたのがフォートナムズ。
a0067582_03422957.jpg
19世紀半ば、当時はなかなか容易に開けることが難しかった缶を、フォートナムズがポケットナイフで簡単に開ける方法を広めた事もあり、この百貨店は缶詰製品においても主導権を握っていました。
a0067582_03430165.jpg
a0067582_03431807.jpg

将来、必需主要食品となるであろうという先見をもったフォートナムズは、ハインツ氏から缶詰を全部引き取ることにし、これにより英国に初めてベークド・ビーンズが広がったのですが、最初は高価な舶来品🇺🇸 でした😅。1886年のことです。

a0067582_03435118.jpg
a0067582_03440450.jpg

# by rie-suzuki67 | 2019-02-20 03:44 | :: ShowWindow&Illumi
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp