人気ブログランキング |

旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧
外部リンク








<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
アルファベット・クイズ
ここのところ、ロンドンの街は「白ーい」感じ(↓)でしたが、今日は少しの太陽が望めそうです。
a0067582_17332949.jpg
a0067582_1734849.jpg

さて、V&A(ヴィクトリア&アルバート)の展示品は素晴らしいものばかりですが、気がつくと数時間をかけて見てきた展示品が霞んでみえるほど、内観装飾の芸術性の高さにぐっと息を呑む瞬間があります。

例えば、銀製品コーナー(Level 3)の階段寄り一番奥に2本だけ他と異なる柱があります。
a0067582_1736199.jpg

1860年代当時の内観柱を2本だけ復元したのもので、宮殿並みに技巧の高い芸術的な内装が施されたV&Aがただの博物館・美術館として設置されたのではないことがうかがえます。
a0067582_17364432.jpg

この柱、「イタリア・ルネサンス」スタイルですが、英国陶器メーカー・ミントン製の「ルネサンス・マジョリカ(焼き)」(Renaissance Majolica)に覆われています。
a0067582_17375897.jpg

ちょうど目の高さの辺りには、(アルファベット・クイズでもしたくなるような)意味ありげな暗号が・・・

向かって右側の柱には、XANTO(クサント)
a0067582_17383777.jpg
a0067582_1739266.jpg
a0067582_1739295.jpg

お気づきでしょうか?元々全ての柱にはそれぞれ歴史に名を残す陶芸家の名前が一本一本装飾文字で施されていたんです。

XANTOは、フランチェスコ・クサント・アヴェッリ・ダ・ロヴィーゴ(Francesco Xanto Avelli da Rovigo, 1487-1542頃)のことで、イタリアの画家・陶芸家。マジョリカ焼きで有名な方。

復元された残りのもう一本は、POUSA
a0067582_17401949.jpg
a0067582_17404050.jpg

残念ながら、私はこの陶工を知りません。

「ルネサンス・マジョリカ(焼き)」の柱は、他にも、カフェ(ギャンブル・ルーム)、セラミック(陶器)ギャラリーで見ることができます。
a0067582_17411222.jpg

以前ご紹介した「ロンドンで一番素敵なカフェ」でもギャンブル・ルームについて書いていますのでご参考に。
by rie-suzuki67 | 2013-02-28 17:42 | :: Gal./Mus./Theatre
ブリタニア(Britannia)
数日、お天気の日が続きましたが、今日からまた気温が下がりそうです。
a0067582_2010250.jpg

天気の良かった昨日と一昨日に通りかかった道々で、ある物を撮影しておきました。

英国は、人間に譬えたら男性か?女性か?
たぶん、女性、というお話のために。

こんなところにひっそりと、ブリタニアが居る場合もあれば・・・
a0067582_20141728.jpg

堂々と鎮座しているブリタニアも居れば・・・
a0067582_20145685.jpg
a0067582_20152983.jpg

美しいレリーフとしてブリタニアの居る英国。
a0067582_2016288.jpg
a0067582_20103565.jpg

ブリタニアは、グレート・ブリテン島(英国)を擬人化した女神

古代ギリシア・ローマ風の鉄兜をかぶり、ユニオンフラッグが描かれたと、海原を統べるトライデント(trident, 先端が三つに分かれたギリシア神話の海神ポセイドンが使用する三又銛、あるいは鉾としても知られ、もともとは漁師が魚を獲るために使っていたこともあり、ローマ時代の剣闘士の武器)を持っています。
a0067582_20194462.jpg

女神といっても強そうですよね?!

由来は、紀元前まで遡ります。

古代のグレート・ブリテン島は、大陸の人からはその石灰質の崖の色から「アルビオン」(Albion, 白い)と呼ばれたりもしましたが、紀元前一世紀、ローマ人(ローマ帝国)が侵入してくると「ブリタニア」と彼らによって呼ばれるようになります。
a0067582_2016547.jpg
a0067582_2017479.jpg

グレート・ブリテン島の南東部に(ヨーロッパ大陸から)移り住んでいたケルト人の一派のブリトン人(ラテン語でブリタンニBritanni)。

ガリア征服を進めていたカエサルが、ガリアのケルト人を支援していたブリトン人を討つべく、グレート・ブリテン島に侵入してきたことにより、紀元後5世紀頃までローマ駐屯時代が続いたイングランドです。

ブリタニア(Britannia)の呼称の由来は、このケルト人の一派のブリトン人に由来し、ローマ人が現在のグレート・ブリテン島をラテン語で(ローマ・)ブリタニアと呼んだことに始まります。
a0067582_20214636.jpg

シンボル的な彫刻やレリーフとなったブリタニアが、ユニオンフラッグが描かれた盾を持っていることに注目してみてください。

現在、用いられている英国国旗(ユニオンフラッグ)は、1707年(↓アン女王の時)イングランドスコットランドが一つの国なった時に採用されたものですよね。
a0067582_20224286.jpg

そうなんです。ブリティッシュ・ルネッサンス(ジョージアン)の開花を目前に、ラテン語を見直す機運が高まりナショナル•アイデンティティが盛り上がります。そして、このイングランドとスコットランドの統一により、メタルワークのブリタニア像は、大英帝国パワー団結の象徴として広く用いられます。

因みに、英国国歌、第二の国歌と称される歌の他に、愛国歌「ルール・ブリタニア」(Rule, Britannia!)というのもありまして、英国を擬人化した女神ブリタニアが世界を支配するであろうと高らかに力強く歌い上げる曲です。

六番までありますが、いずれもそのサビとして以下が繰り返されます:

Rule, Britannia! Britannia, rule the waves:
Britons never never never shall[will] be slaves.
統べよ、ブリタニア! 大海原を統治せよ
ブリトンの民は 断じて 断じて 断じて 奴隷とはならじ

ジェームズ・トムソンの詩に、トマス・アーンによって1740年に曲がつけられました。この歌は仮装劇「アルフレッド大王」の劇末部分でもあり、BBCプロムスの最終夜にヘンリー・ウッドによる編曲「イギリスの海の歌によるファンタジア」(Fantasia on British Sea Songs)の最後の一曲として演奏されることが定番になっています。

ベートーヴェンはこの曲の旋律を編曲したものを取り入れ、「ウェリントンの勝利」(1813)を作曲し、また彼はピアノ曲「ルール・ブリタニアによる5つの変奏曲」(1803)という作品も残しています。
by rie-suzuki67 | 2013-02-20 20:23 | :: Architecture
Nine Days' Queen
最近、お客様がぼやいた言葉に「ロンドンの街には銅像やら何やらが沢山あって、もう、何がなんだか」。

おっしゃる通り、国王や貴族、政治家、功績のあった将軍、探検家、発明家、化学者、エンジニア、実業家、運動化などの銅像をはじめとして、建物や壁面に施されたレリーフ記念碑といったものが、ロンドンという街の雰囲気をかもし出す一つの要素となっています。

銅像ならば、プレートが付けられているので、それが誰なのかということ(だけ)はわかりますが、レリーフとなると絡み合う英国の歴史・王室・文化・芸術などに関する知識の度合いが影響します。

そこで、今日は、彫刻としては珍しい人のレリーフをご紹介します。
a0067582_18375710.jpg

場所は、ビックベンの向かいで、ウェストミンスター寺院の隣。パーラメント・スクエアの一角をなす建物。

現在はUK Supreme Court(重犯罪の最高裁判所)ですが、元々はMiddlesex Guildhallでした。※1965年まで存在したミドルセックス州(ミドルセックス・カウンティ・カウンシル)は、その殆どがロンドンに合併されて今はもう存在しませんが、元々はミドルセックス・カウンティ・カウンシルの州役所として建てられたもの。
a0067582_18391378.jpg

1906年築なので(英国建造物としては)新し目の建物なのですが、指定保存建造物です(Grade II)。

見ての通り、石材はポートランド・ストーン。すごいのはレリーフの見事さ!全部、説明すると長くなるので、注目すべき一部だけにしますが・・・

正面玄関の右側には、(歴史家によっては歴代英国王としては数に入れない)Nine Days' Queen として知られるレディー・ジェイン・グレイ(Lady Jane Grey, 1537-1554)のレリーフが施されています。
a0067582_1842256.jpg

珍しいでしょ?!

彼女の悲劇についての詳細は、最後に補足させていただくことにして、レリーフのことをお話すますね。

このレリーフを見て、なぜ、「9日女王レディー・ジェイン・グレイだ」とわかるのかには理由があるんです。
a0067582_184348.jpg

彼女を題材にした絵画が三枚存在し、いずれも数奇な運命を辿って、一枚はロンドンのナショナル・ギャラリーが、テート・ブリテンがもう一枚を収蔵しており、残りの一枚はベッドフォードシャーにあるベッドフォード公爵の邸宅・ウォバーン・アビーの収集品(Woburn Abbey Collection)となっています。

ナショナル・ギャラリーに展示されている絵画は、彼女の処刑シーンを描いたもので、私は好きではないのですが、同じようにナショナル・ギャラリーでこの絵を見た夏目漱石さんは「倫敦塔」の中で“英国の歴史を読んだ者でジェーン・グレーの名を知らぬものはあるまい。又その薄命と無残の最後(最期)に同情の涙を濺(そそ)がぬ者はあるまい。”と書いています。
a0067582_18435788.jpg

The Execution of Lady Jane Grey(レディー・ジェイン・グレイの処刑)
by Paul Delaroche(ポール・ドラローシュ/1833年 フランス)


レリーフと関係のあるのが、実は残りの二枚です。

この二枚は、ロンドン生まれのアメリカ人画家・チャールズ・ロバート・リズリーが描いたもので、白黒なのか、カラーなのかの違いだけで、同じものです。

カラーをテート・ブリテンが収蔵しており、白黒の方をベッドフォード公爵が所有しているという代物。

Lady Jane Grey prevailed upon to accept the Crown(王冠の受理を強いられるレディー・ジェイン・グレイ)
by Charles Robert Leslie(チャールズ・ロバート・リズリー/1827年)

a0067582_18444888.jpg

中央にジェインと(夫の)ギルフォードが描かれており(若いカップル)、彼らの足許に王冠。ギルフォードは、片手をジェインの腕に回し、反対の手で二人の前に跪いている(ギルフォードの父)ノーザンバランド公爵の手にした書状を指さしながら、彼女に王冠を受理するよう促しています。そんな夫を見つめるジェインのまなざしは、(何が起こっているのかを悟り)不安げで、哀しげに見えます。ジェインの右隣には(ジェインの母)サッフォーク公爵夫人、ノーザンバランド公爵の隣には(ジェインの父)サッフォーク公爵の姿が描かれています。

彫刻家ヘンリー・フェール(Henry Charles Fehr, 1867-1940)がこの建物に施したレリーフの数々は圧巻ですが、レディー・ジェイン・グレイの部分のレリーフは、絵画のシーンを彫刻の構図に置き換えたものと察しがつきます。
a0067582_18492660.jpg

もちろん、上記の絵画を知らなかったとしても、レリーフをよくよく観察すると、レディー・ジェイン・グレイがチューダー・ローズの柄が施された衣装をまとっていることに気がつくことでしょう。

この他、この建物にヘンリー・フェールが施したレリーフには、・・・
a0067582_18463444.jpg

ラニイミード(ウィンザーの近くある平原)でマグアナ・カルタに調印させられているジョン王や、ウェストミンスター寺院を現在の規模にまで大改築したヘンリー3世がウェストミンスター寺院にチャーターを与えているシーン・・・
a0067582_18472897.jpg

数々の英国のシンボルやブリタニアが彫られていますので、機会があったらご覧ください。
a0067582_18482341.jpg


【レディー・ジェイン・グレイ】という人は・・・(続きを読む)
by rie-suzuki67 | 2013-02-17 18:50 | :: Architecture
Valentine's Day rush
Hotel Chocolate London のお店の前を通りかかったら・・・

ちょっと値段が高めなので、通常は、お客が居ても一人か、二人ぐらいの空いているチョコレート屋さんなのに、混んでる!

それも、普段は女性客なのに、店内が男性だらけ
a0067582_17175666.jpg

ヴァレンタイン・デイのためのチョコレートを選んでる男性たち。日本とは逆の光景ですねっ。

LOVE with Chocolate!
by rie-suzuki67 | 2013-02-13 17:18 | :: Annual Events
The Dog and Pot
ブラックフライアーズ橋を渡って、そのままブラックフライアーズ・ロード(Blackfriars Road)を歩いて行くと、ユニオン・ストリート(Union Street)と交わる交差点があります。

そこには地下鉄「サザーク」駅がありますが、2月6日、この交差点にサザーク地区(Southwark)のランドマークが戻ってきました。
a0067582_5122862.jpg

この国で誕生日を聞かれた時、私はいつも「チャールズ・ディケンズと同じ日」と付け加えます(日本では「北方領土の日」と言うようにしていますが)。2月7日です。

ディケンズ(Charles Dickens, 1812-1870)生誕200年祭の最後の日となった2月6日、(彼の文学作品はすでに不朽の名作となっていますが、そして、粋な演出といえますが)作家自身の生涯(の一部)にも不朽の記憶が与えられたといえるサイン彫刻 'The dog and pot' が序幕されました。
a0067582_5132832.jpg

12歳の時、ディケンズはブラックフライアーズ橋を渡って家と職場を往復していました。(学校からの帰り道ではなく、12歳の少年ディケンズは働きに行っていたんです)

自叙伝の中で、いつも家路はブラックフライアーズ橋を渡ってブラックフライアーズ・ロードを下り、Rowland Hill's chapel のところで、その逆側には、黄金のポットの中をなめる黄金の犬(の彫刻)をドアの上に持つ店のとこで道を曲がった、と回想しています。
a0067582_5141048.jpg

My usual way home was over Blackfriars Bridge and down that turning in the Blackfriars Road which has Rowland Hill's chapel on one side, and the likeness of a golden dog licking a golden pot over a shop door on the other.

いつの日か復学する希望、彼自身に纏わる幾つかのことを心に誓っての暮らしの中で、家路の道しるべでもある礼拝堂'The dog and pot' の下を、どんな気持ちで来る日も来る日も通り過ぎていたのかは、計り知れません。

その彫刻、ヘイワード兄弟が(ブラックフライアーズ・ロード196番地で)営む金物屋さん (1849-1857)のショップサインとしてお店のドアの上にあったのですが、時代とともに店舗が変わっても、第二次世界大戦でドイツの空爆を受けて建物が破壊されるまで、そこにあったそうです。

ゆえに、用がなければ足を踏み入れないようなサザークという怪しげなエリアにあるこのサインは、(住んでいるディケンズのような人でなくても)好奇心から描写した人がいるほどの名物でした。

これは、レプリカで、オリジナルはサザークの Cuming Museum で見ることができます。

彫刻家 Michael Painter が手がけた今回のこの木彫りは、楡(ニレ)の木でできています。花言葉は「威厳」。紀元前の昔から存在する(シティとサザークを結ぶもう一つの橋)ロンドン橋も、初期の橋は楡の木でできていました。
a0067582_515398.jpg

余談ですが、ディケンズが Rowland Hill's Chapel と描写している礼拝堂(chapel)は、正式には Surrey Chapel という名前の3,000人を収容した礼拝堂のことで、高名な説教師(牧師)ローランド・ヒル(Rowland Hill, 1744–1833)が建てた(1783年)個人所有の拘束を受けない独立の教会ゆえ、きっと、この辺りの人は、当時、このように呼んでいたのでしょう。

※近代郵便の父、世界初の郵便切手「ブラック・ペニー」の生みの親であるローランド・ヒルとは別人です。

礼拝堂は、その後、The Ringと呼ばれたボクシングの会場として使用され、そして取り壊され、現在、その場所には、光り輝くモダンなオフィスビルがそびえています。説教壇の下に埋葬されたというローランド・ヒルの遺体がどうなったのか?というのが目下の私の知りたいことです。
a0067582_521111.jpg

風の強い日が続きますので、テムズ河の水もザボン、ザボン、波が高いです。(ちょっと離れたバタシー・パーク沿いからのテムズ)
a0067582_5195363.jpg

by rie-suzuki67 | 2013-02-10 05:24 | :: Walk & Streets
London Eye
今日も強風。ゆえに、雲の流れが速く、刻々と見え隠れを繰り返す太陽。
a0067582_726320.jpg

(写真は、今日のテムズ河沿い、ウェストミンスター・ブリッジ方向を撮影)

気温が2/3度ゆえ寒くて、太陽が雲から出た瞬間だけが幸せでした。
a0067582_7272739.jpg

さて、そんなテムズ河沿いには、観光名所の一つ「ロンドン・アイ」観覧車があります。

皆さんは、ロンドン・アイに取り付けられているカプセルの数を数えてみたことがありますか?

カプセルは「1号機」から「33号機」まであります。でも、実際の数は32個です。
a0067582_7284184.jpg

ご存知のように、キリスト教の国では「13」は不吉な数字とされ忌み嫌われていますから・・・

135m の高さまで上がるフライトが Good Luck! なものでありますようにと、13号機がないわけです。

「シティ」「32の区(32 boroughs)」で構成されている首都ロンドン。このロンドン・アイの32個のカプセルは、同時にロンドン32区を代表しています。

Welcome to London! Have a good flight!

(現在は、ブリティッシュ・エアウェイズからEDF Energyへとスポンサーが変わっていますが)

因みに、ロンドン・ブリッジ駅の所にあった「ロンドン・ダンジョン」は、移転のため先週一時閉館して、3月から(このロンドン・アイの横の)カウンティ・ホール内で再オープンです。

シティに良からぬものを持ち込ませないために、対岸のサザークに「飲む・打つ・買う」を集積した歴史をもつ、悪名高きあの場所にあったからよかったのに。ただの観光アトラクションになってしまいますねー。

追伸として・・・

冬の終わりを告げるスノードロップの花、今が盛りです。(今日のセント・ジェームズ・パーク)
a0067582_7315959.jpg

でも、冬はまだ終わりじゃないのよね(涙)
a0067582_7323017.jpg

ラッパ水仙も、芝の下から葉っぱをのぞかせ始めています。
a0067582_7325690.jpg

by rie-suzuki67 | 2013-02-06 07:34 | :: Architecture
V&A ヴァレンタイン・カード・コレクション
ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム(V&A Museum)には・・・
a0067582_4484621.jpg

展示していない収蔵品をみせてくれる(5つのカテゴリー別の)Study Rooms という場所があります。

ようは「閲覧室」です。予約も、登録も何も必要ありませんので、V&Aに行かれた際には、通常の展示品だけでなく、お目当てのものや、今日、ご紹介する収蔵品などをご覧になってもいいと思います。

今日のお目当てのものは、ヴィクトリア時代ヴァレンタイン・デイ・カード
a0067582_5171097.jpg

(↑)刺繍も見事ですが、羽にも綺麗なペインティングをしてあって、芸が細かい。
a0067582_5253093.jpg

(↑)レースが上品さをかもしだしています。

もっとお見せしていきますが、これらは、Prints & Drawings study room に行けばみれます。(Prints & Drawings study room は紙関係のものが主で、ウィリアム・モリス関係のデザイン画などもここです)
a0067582_5273391.jpg

部屋の入り口にある記帳ブックに名前と住所、目的を記入して、写真でみえているカウンターへ行き、「ヴィクトリア時代のヴァレンタイン・カードがみたいんです」と言うと、コンピューターで検索してくれます。

もちろん、予め、V&Aのウェブサイトで、コレクションリストを検索しておいて、収納ナンバーを伝えても構いませんが・・・

(内観を撮影できる感じではなかったので)ガラス越しに廊下から(↓)
a0067582_5293487.jpg

大きな長いテーブル、空いているところに座って待っていれば、希望したものをテーブルまで持ってきてくれます。

期間をヴィクトリア時代に限定、そして種類もヴァレンタイン・カードに限定すると、収めてあるボックスは三箱(GG, 68J, K, L)。

この先の68M, N…Z は、1900年以降の(クリスマス、ニュー・イヤー、ヴァレンタイン等の)グリーティング・カードということみたいですね。

(ちなみに、英国でヴァレンタイン・デイ・カードを送る習慣が始まったのは、ヴィクトリア時代(1837-1901) なので、これ以上前の1700年代には遡れません)

各収納ボックスの中には、大体9枚のヴァレンタイン・カードが更に折り畳み式のボックスに一枚一枚入って収められていますので、じっくり、自分のペースで一つ一つ見ていくことができます。
a0067582_532688.jpg

私の向かいにいた女の子は、1700年代後半と思われるファッション関係ドゥローイング(水彩デザイン画とう感じのもの)を丹念に一枚一枚みながら、写真を撮ったり、メモをとったりしていましたが、それもまた素敵なものでした。わざと、向かい側のそれがみえるよう写真に写りこませました(↓)
a0067582_534426.jpg

1800年代中期・後期のヴァレンタイン・カードの数々・・・
a0067582_5361271.jpg

Love という文字以上に、かなりの頻度で明記されている 'Remember Me' という文句がとても印象的でした。

>> 続きをみる(ヴァレンタイン・カードをもっとみる more…)
by rie-suzuki67 | 2013-02-02 06:03 | :: Gal./Mus./Theatre
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp