旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
:: Plants & Parks
:: Walk & Streets
:: Annual Events
:: Extra, extra...
:: ShowWindow&Illumi
:: Architecture
:: Literature
:: uk is ...
:: The First in theW
:: Royal Family
:: Food & Beverages
:: Gal./Mus./Theatre
:: TV & Films
:: Recomendable
:: Shopping
:: Vehicle
:: News
:: Countryside
:: Mysteries...?
:: Grumbling
:: Lookup into Space
:: Languages
:: Famous People
:: Japan in the UK
:: Home in London
:: Regular Shooting
:: me-and-my-life
:: Travel
:: Japan
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2012年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
「カーネーション・リリー・リリー・ローズ」
昨日、このブログで、なぜ、リバティ百貨店についてご説明したかというと、とある絵画を、現実のものとして感じていただくために・・・というのが理由。

その絵画は、Home of British Arts(英国絵画の殿堂)であるテート・ブリテンにありますが、日本人100人居たら100人が、何も知らずにみるだけでも「なんか、いいね」と感じる絵です。それには、理由があるんです。

申し分なく綺麗な響きを持つ絵画の題名は、当時(1885年)流行った歌のリフレインの一節である、♪ Carnation Lily Lily Rose ♪(カーネーション・リリー・リリー・ローズ)と呼ばれているようになりました。確かに、歌うような響きの印象でしょ?!

そして、さらに画家の名前よりも有名なのが、ニューヨーク・メトロポリタン美術館蔵の "Madame X"(Date 1884)という肖像画(↓)。この肖像画を描いた画家が、Carnation Lily Lily Roseを描いた同じ画家です。"Madame X"(マダムX)を描かなかったなら、又はフランス上流社交界がもっと寛容であったなら、実は私のご紹介したい絵画 "Carnation Lily Lily Rose" は誕生していませんでした。
a0067582_6122684.jpg

画家の名はジョン・シンガー・サージェント(John Singer Sargent, 1856- 1925)

(イタリア・フィレンツェ生まれの)アメリカ人画家・サージェントは、ローマで絵を学び、18歳の時にパリに出てアカデミックな美術教育を受けます。肖像画 "Madame X" のスキャンダルに巻き込まれ、落胆した29歳のサージェントは、1885年、逃れるように新天地を求めてイングランドに旅立ちます。

ロンドンに居を構えた彼は、この地で肖像画家としての地歩を固めていき、69歳、ロンドンで没した画家なので、英国絵画の殿堂であるテート・ブリテンに彼の絵がたくさんあるんです。

Carnation Lily Lily Rose (Date 1885-6)
a0067582_6131434.jpg

夕闇が降りつつある夏の日の終わり、小さな少女がモデルの不思議なほど幻想的な瞬間を捕えた絵画です。

サージェントは、テムズ河を下りながらのボート旅行をしている時に見た光景を、手紙でこう綴っています:

「私が夕暮れに見たチャーミングなものを描くつもりです。薔薇の木から薔薇の木までの花の間で、提灯を点灯している薄明かりの庭の二人の小さな少女。私が絶望してギブアップしないのであれば、これに長い期間を使うつもりです」

コッツウォルズを訪れたことのある方は、エイヴォン川沿いにあるブロードウェー(Broadway)という村をご存知でしょう。公式なものではありませんでしたが、当時、ブロードウェーには芸術家のコロニーがあったので、彼はこれに加わり、ブロードウェーの村が制作に専念するための絶好のアトリエとなりました。

ブロードウェーにやって来たイラストレーターのフレデリック・バーナード(Frederick Barnard)の二人の娘である7歳と11歳のポリー(Polly)とモリー(Molly)がモデルとなりました。

彼は、天国のような眩い光景を描くために、コテージ・ガーデンを探さなければいけませんでしたし、(住民で)お庭のお花を売ってくれる家を探さすためにブロードウェーの村を歩き回りました。

「夏の日の終わり」を描くために、彼は、毎日夕暮れの20分を制作に使いましたが、1885年の秋までで、キャンバスは未完のまま、次の年まで保管されました。

絵画の第2の季節がやってきた1886年4月、リバティ百貨店で買い求めた50個白百合の球根をブロードウェーに送り、夏に再び制作のためブロードウェーに戻ります。

a0067582_615396.jpg「夏の日の終わり」、「光りの数分」を捕らえるために、再びキャンバスに向かったサージェントと小さい二人のモデル。

1886年10月末、ようやく絵画が完成します(大きなキャンバスですよ)。

夕闇が降りつつあるガーデン、提灯の淡い灯りに浮かび上がる白い服と少女、辺りは咲き乱れる花々、見降ろす大きな白百合、提灯が張り巡らされたバラの生垣と、地に這うカーネーション、夏の夜の幻のような光景です。

当時、リバティ百貨店は、日本から大量に盆提灯百合の球根も輸入していました。絵画から、このユリがヤマユリであることがうかがえます(花の中心にある黒い斑点と黄色い芒はヤマユリの特徴的)。

ヴィクトリア時代後期、当時のヨーロッパ画壇を席巻していたジャポニスムの影響が、(強烈にではなく)優しく漂うようにうかがえるところが、「なぜだかこの絵画に惹かれる」という理由でしょう。

肖像画家として知られるサージェントですが、実は1907年頃からは肖像画の注文を断り、晩年は水彩の風景画をおもに制作しています。この絵からもうかがえるように、確かに、当初から才をのぞかせています。

おまけとして、テート・ブリテンにあるサージェントの別の絵もご紹介するとするなら・・・

Ellen Terry as Lady Macbeth(マクベス夫人に扮するエレン・テリー)
a0067582_6171495.jpg

エレン・テリーは、英国演劇史に残る大女優。等身大ではないかと思える大きなキャンバスで、迫力があります。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2012-11-29 06:17 | :: Gal./Mus./Theatre
リバティ百貨店のトリビア
バスの二階に乗ってリージェント・ストリートを走っていると、ちょうど目と同じ高さの辺りに、「どうして、こんなところに鑑真和尚のような仏像が?」と首を傾げたくなるオブジェが目に飛び込んできませんか?
a0067582_5491456.jpg
a0067582_5495131.jpg

建物に沿って(リバティ百貨店のメインエントランスのある)Great Marlborough Streetに入って行くと、この白い建物の出入り口に明記されている頭上の名称から「Liberty House」だということがわかります。
a0067582_5502080.jpg

そして、このLiberty Houseとリバティ百貨店がアーチ・デッキで繋がっていることに気づくでしょう。
a0067582_5524734.jpg

現在のリバティ百貨店の建物は、白い漆喰に黒い柱が特徴的なチューダー様式を用いたアーツ・アンド・クラフツ(Arts & Crafts)建築物として英国の保存建造物 (Grade II listed building) に指定されており、百貨店はこのチューダー様式の建物だけを現在は使用しています。
a0067582_5531569.jpg

しかし、以前は、デッキで繋がれた先ほどのリージェント・ストリートに面したLiberty Houseも店舗として使用していました(現在はテナントさんというかたちで幾つかのブティックがLiberty House の1階に入居しています)。

では、なぜ、リバティ百貨店のオブジェが仏像なのか?という話を続けたいと思います・・・

>> 続きを読む(More...)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2012-11-28 06:04 | :: Architecture
A Phone Box Shrine to "Sherlock Holmes"
私がどこにいるか?というと、スミスフィールド精肉卸売市場の南側にある広場(↓)
a0067582_17181178.jpg

今日は、この公衆電話ボックス(↑)にズーム・イン!というお話。

BBC制作の 現代版「シャーロック」(Sherlock)。第1シリーズ(全3話)と第2シーズン(全3話)が、日本でも既に放送されたと聞きました。

第3シリーズが英国で2013年1月に放送になりますので、日本でも追って放送されることでしょう。

ご存知の方も多いでしょうが、ヴィクトリア時代の眼科医であったアーサー・コナン・ドイル(Sir Arthur Conan Doyle, 1859-1930)が書いたオリジナルの「シャーロック・ホームズ」でも、名探偵ホームズは一度死んでいます。

作者であるドイル氏が、ホームズものを書くのを止めたくて、作品の中で死なせたわけですが、残念ながら読者がホームズの復活を声高に要求したことにより、仕方なく、実は生き延びて失踪していたという設定で、シャーロック・ホームズの続編を執筆し続けるはめに。

(「ホームズの死」を悼んで、これ見よがしに喪章を着けて外出する熱狂的読者もいたそうです)
a0067582_17195986.jpg

さて、ここまでは前置きです。

現代版「シャーロック」(Sherlock)は、6話全てがオリジナルとそれぞれリンクする形のパロディですが、第2シリーズの最終話 "The Reichenbach Fall"(ライヘンバッハの滝壷)は、当然、シャーロック・ホームがスイスのライヘンバッハの滝壷に落ちて亡くなるという(結末のはずだった)オリジナルの "The Final Problem"(最後の事件)のパロディです。

現代版「シャーロック」第2シリーズの最終話「ライヘンバッハの滝壷」でシャーロックが飛び降りて自殺したことになっている建物(↓)
a0067582_17205754.jpg

それは聖バーソロミュー病院(St Bartholomew's Hospital、通常St Bartsと言われています)の建物です(↓)
a0067582_17215564.jpg

そして、その外側の道にある公衆電話ボックスには・・・
a0067582_17231148.jpg

そうなんです、「シャーロックに対する賛辞(?)」を意味するメッセージ(が貼られた公衆電話ボックス)に遭遇するわけです。
a0067582_17234742.jpg
a0067582_17245931.jpg

BBCの「シャーロック」では、(シャーロックは死んではおらず戻ってくるということが明白で)すでに第3シリーズへ続く・・・ということがわかっていても、(ホームズのファンであるならば)ホームズの長い伝統にのっとって、こういったことをする英国人って、ほんと型にはまった素晴らしい気質だと頭が下がります。
a0067582_1726826.jpg

実は、この病院、シャーロック・ホームズの物語の中で重要な役割を演じています。

アーサー・コナン・ドイルの原作、そしてBBCの「シャーロック」のいずれでも、ワトソンが始めてシャーロックに出会う場所が、この病院だから(1123年創設)。
a0067582_17264193.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2012-11-27 17:35 | :: Walk & Streets
THE ROLLING STONES CARNABY CHRISTMAS!
以前もご紹介いたしましたが、今年は、英ロックグループ「ローリング・ストーンズ」の結成50周年。
a0067582_2583684.jpg

カーナビー・ストリートのクリスマス・デコレーションは、これを記念して The 50th Rolling Stones Year がテーマ。
a0067582_2592941.jpg

CD をモチーフにしているので、夜になったらキラキラと灯りを反射させてきらびやかなことでしょう?!
a0067582_303777.jpg
a0067582_393071.jpg

赤い舌を出している図柄の)ショッピングバッグを持った人が歩いていたので、きっと期間限定の Pop-up Store があるのだろうーと思ったら、あっ!ありました(↓)
a0067582_3103997.jpg

歩行者で入り口が隠れてしまい、写真撮影失敗ですが、ストーンズ・グッズがいっぱいあるようです。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2012-11-27 03:11 | :: ShowWindow&Illumi
スローン・スクエア界隈
スローン・ストリートにあるティファニーの(小さな)ショーウィンドウは、清楚で品のあるティファニー・カラーのディスプレー。
a0067582_18232176.jpg

この辺り、チェルシー地区の住居といえば、(赤レンガによるクイーン・アン・リヴァイバル様式と)ジョージアン様式のテラスドハウスで構成されているので・・・
a0067582_18234880.jpg

ジョージアン様式の玄関(↑)

スローン・ストリートとキングス・ロードは、すっかり定着している恒例のクリスマスツリーのイルミネーションで彩られています。
a0067582_18242392.jpg
a0067582_18275254.jpg

脇道も、怠りなくイルミネーションが・・・
a0067582_18251133.jpg
a0067582_18255680.jpg

サーチ・ギャラリー前は、今年も、この幻想的な光るスノー・ボール(↓)
a0067582_1826277.jpg
a0067582_1827514.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2012-11-25 18:30 | :: ShowWindow&Illumi
タイダル・テムズの最終地点
テムズ河は、アッパー・テムズ(上流)とロワー・テムズ(下流)と呼ばれる部分から成りますが、その境目はテディントン・ロック(Teddington Lock)。

運河と同じように、テムズ河にも水位を調節してボートを進ませるための水門(ロック)があります。

キングストン橋を出発して・・・
a0067582_6214774.jpg

リッチモンドのピーターシャム・ナーサリー(↓)までのテムズ・パス(Thames Path, 散歩道)の途中に・・・
a0067582_6235852.jpg

最大規模と言えるほどの、まるで駅みたいな水門「テディントン・ロック」があります(地図のA)。
a0067582_6203379.jpg

全長346km(215mile)、東の北海に流れ込むテムズ河は、北海から89km(55mile)地点までの下流域において海面の潮位の影響を受け干満の差が最大8mに達するほどです。

ロンドン市内で見るテムズ河は、潮の影響を受けるロワー・テムズ(下流)。干満の差が一目瞭然の場所です。

潮位差の大きい(河口からテディントン・ロックまでの)この下流域は、「タイダル・テムズ」(Tidal Thames or Tideway)とも呼ばれます。(Tidal干満、Tideway干満の影響を受ける流域)

テディントンにある水門を境として、その先の上流域(キングストン、ハンプトン・コート、ウィンザー、マーロー、オックスフォードなど)では潮位の影響を受けないので川辺の家々の風景(造り)が、下流域(ロンドン、ハマースミス、リッチモンドなど)とは違ってきますので、境目の上下を見ていくのも一つの楽しみ。
a0067582_6275188.jpg

私とは逆に、リッチモンド橋からスタートしてキングストン橋まで、そしてキングストン駅から一気にウォータール駅まで帰ってもいいと思いますが、「あー見えた!リンチモンド・ヒル」という具合に開けた場所にでて来た時の喜びは何ともいえませんし、ピーターシャム・ナーサリーで、その後、ゆっくりするものよいので、キングストン橋からのスタートをお薦めします。

「さあ、(キングストン橋からリッチモンドのピーターシャム・ナーサリーまで)出発!」

>> いよいよ出発!続きをみる(More...)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2012-11-22 06:50 | :: Walk & Streets
ミュージカル「CATS」と「Dick Whittington」物語
フォートナムズ(Fortnum & Mason)のクリスマス・ウィンドウ・ディスプレーは、基本的には made in England にこだわった(ストーリー性のある)テーマへの姿勢がうかがえて毎年チェックしています。
a0067582_6223345.jpg

フォートナムズがウィンドウを使って展開している今年の物語は、400年以上も英国の子どもたちに親しまれている昔話「Dick Whittington and His Cat」
a0067582_6242240.jpg

Dick Whittington (ディック・ウィッティントン)は、1397年、1397-8年、1406-7年、1419-20年の計4回、シティの市長(Lord Mayor of London)を務めた実在の人物です。
a0067582_6252880.jpg

ゆえに、1300年代から今日まで永遠と受け継がれているLord Mayor’s Show(市長の就任パレード)で市長が乗る馬車から物語がスタート。
a0067582_626091.jpg

市長を4 期も務めたという事実が語るように、ロンドンでも有名な、そして評判のよい人物であったことがうかがえます。ロンドンっ子に愛されたウィッティントンの生涯は、時代を越えて語り継がれ、同時に彼の猫は猫の世界ではヒーローとして・・・。

「ウィッティントンと猫」のお話が最初に文字のかたちで記録されたのは1605年と言われています。
a0067582_6292959.jpg

小さな子どもたちにも、よく知られているぐらいですから、1981年にロンドンのウエストエンドで初演されたミュージカル「キャッツ」の中の冒頭を飾るナンバー 'Jelicle Songs For Jellicle Cats'(「ジェリクル・ソング」)に、以下のような歌詞が見られるのも、英国人にとっては当然といっては当然のことといえるでしょう。

Can you ride on a broomstick to places far distant?
ほうきに乗って遠くまで飛べる?
Familiar with candle, with book and with bell?
ろうそく、本、鐘に馴染みは?
Were you Whittington's friend?
ウィッティントンの友達だったか?
The Pied Piper's assistant?
笛吹男を手伝ったことは?
Have you been an alumnus of heaven or hell?
天国や地獄の同窓名簿に名前はある?

「選ばれし猫(ジェリクル・キャット)」になるための、あらゆる条件を順に歌い継いてゆく中で、 「ウィッティントンの友達だったか?」と。ウィッティントンの唯一の友として海を渡ったあの猫は、猫の世界ではヒーローなのです。

しかし、日本の子どもには馴染みがないので、このままでは何がなんだかわからず・・・日本でミュージカル「キャッツ」を手がけた浅利慶太さんは、何のことか?とお調べになったことでしょうね。そして、この部分を以下のように訳しています。

どんな時でも遊べるのか?
冒険にいどめるか?
夢の中に、天国にも
地獄にも友だちは?

残念ながら、ただ一言「ウィッティントンの猫」から聴き手が瞬間的にイメージする意味深い英雄像が消えてしまいましたが、仕方のないことですね。
a0067582_6305883.jpg

さて、本家本元、アンドリュー・ロイド・ウェバー(Andrew Lloyd Webber)が作曲・演出を手がけたロンドンのウエストエンドのミュージカル「キャッツ」の原作は、英国の詩人・劇作家の T. S. Eliot(T. S. エリオット)が子どもたちのために書いた詩集 Old Possum's Book of Practical Cats(「おとぼけじいさんのネコ行状記」。

(因みに、Old Possum というのは、T. S. エリオットのニックネーム、エリオットの住んだ家がチェルシーに今もありますねっ)

さまざまな猫のお話を集めた詩集で、ミュージカルに登場する個性的で魅力的な猫たちの大半はこの詩集から生まれました。
a0067582_6315394.jpg

さて、肝心の昔話「Dick Whittington and His Cat」のあらすじ(サクセス・ストーリー)を、フォートナムズのウィンドウ・ディスプレーに沿って簡単にまとめましたので、更に素敵なディスプレーを楽しみながら、一読ください。

>> 続きを見る(More...)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2012-11-18 06:46 | :: ShowWindow&Illumi
'Benjamin Pollocks Toy Shop' in Covent Garden
斬新で画期的なものを追求し続ける日本人からみれば、英国のクリスマス・イルミネーションというのは、「何年間も使いまわしで、今年もまた同じ」と思いがちです。

英国中の町々のハイストリートや路地で、数知れないほどのストリート・イルミネーションが施されますが、それぞれ毎年同じですよね。
a0067582_7453181.jpg

私は、11年も昔になりますが、ヨークシャーの地方都市で暮らしたことがあるので、なぜ毎年同じであるかという理由を私なりにこう考えています・・・

「これが、ここだから」

私の住んだその街のハイストリートの街灯に取り付けられたイルミネーションは、その時の私には大変印象的なものでした。そして、今も変わらず、そのまま同じデザインです。

わざわざ今年用にと全く同じデザインをあつらえるほど。
a0067582_7494840.jpg

ロンドンでもそうです。同じそれを見て「あー、今年もまたこの道に、この町に、クリスマスが来たかー」と感じられるようになるまでに、私は何年かかったか?!
a0067582_7505457.jpg

では、今年の(ロンドンの)コヴェント・ガーデンはというと・・・

かつて、野菜・果物市場として名を馳せたコヴェント・ガーデンのマーケット・ホール(アップル・マーケット)のクリスマス・デコレーションは、今年もまた大きな真っ赤なリンゴのようなオーナメント・ボールです。
a0067582_7582659.jpg

毎年同じであっても、ここでは、やはり、毎年、この大きな真っ赤なリンゴが見たい!という気になりませんか?

コヴェント・ガーデン・アップル・マーケットのクリスマスのシンボルとして・・・
a0067582_7592921.jpg

コヴェント・ガーデンの店舗は、ぱらぱらと入れ替わりが激しく、今日、気が付いたのですが、ポロックのおもちゃショップが!
a0067582_803283.jpg

いつからあったのか?
a0067582_812448.jpg

以前、このブログで「ポロックス・トイ・ミュージアム」(Pollock's Toy Museum)という小さな(地元の人にしか知られていないような)博物館をご紹介したことがあります。
a0067582_82219.jpg

ヴィクトリア時代に、(日本の紙芝居の立体版のようなものを劇場風に仕立て、針金に取り付けた紙人形で行う)「トイ・シアター」の印刷会社(Benjamin Pollock Ltd)を営むベンジャミン・ポロック(Benjamin Pollock)さんという方がいて、(流行が廃れても)頑固にトイ・シアターを作り続けていた場所が博物館になっているところ。
a0067582_823772.jpg

こちらはお店です!
a0067582_834215.jpg

紙製品が遥かに(博物館のショップよりも)豊富です。
a0067582_842533.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2012-11-17 08:04 | :: ShowWindow&Illumi
得な苗字
午後一時半、もう夕方みたいな雰囲気・・・
a0067582_183937.jpg

ヨーロッパの何処かの町にも見えますが、れっきとしたロンドン市内。

さて、私の苗字は「Suzuki」
a0067582_1834361.jpg

ありふれていて好きじゃない!と思っている鈴木さんが世の中にはたくさんいるかもしれませんが、外国で生活する場合、大変便利な名前です!

ラテン語から派生した名前ならまだしも、ロンドンの4割近くが外国人となると、名前を聞いても聞き取れないし、ましてやスペルなんてわからない。

イスラム系、インド系、中国、韓国、日本といった人の名前は、「聞いたこともない名前」という響きで、一回ではちょっと無理でしょう。

今年の春頃から、スターバックスでは、注文の際に名前を聞かれるようになりました。
a0067582_1863437.jpg

SUZUKI といえば、モーターバイク

クリーニング屋さんでも、靴の修理屋さんでも、Suzuki と言ってわからない人などいないほど。

何度も繰り返し言わなくても、またスペルを教えてあげる必要もないので、何て楽なんだ!と鈴木という苗字に感謝しています。Hondaさん、Toyotaさんも楽だと思っているはず。

しかし、スターバックスの店員さん、一苦労ですよね。聞いたこともない名前などを書かないといけないのですから・・・
a0067582_18104278.jpg

スターバックスに張ってあったポスター(↑) 自然史博物館前に毎年設置されるクリスマス・スケート・リンクのポスターですが、スターバックスがスポンサーなんですね?!
[PR]
by rie-suzuki67 | 2012-11-15 18:13 | :: me-and-my-life
グリム童話とアンデルセン
テイト・ブリテンに近い Long & Ryle というギャラリーで、ブック・カット・スカルプチャー(Book-cut sculpture)で知られているアーティスト、スー・ブラックウェル(Su Blackwell)さんの作品展が開かれています。

Book-cut sculpture: 本の中にあるべき物語を、現実の世界に彫刻のように(sculpture)立ち上げる。
a0067582_1914885.jpg

Su Blackwell: Stories from the Enchanted Forest
(魔法にかかったような神秘的な森からの物語)

8畳間ぐらいの小さなギャラリーで、ただただ、只今はスー・ブラックウェルの16点の作品が飾られているだけ(入場料)
a0067582_19222496.jpg

タイトル通り、今回ここでの個展作品は全て「おとぎの森」をお話の中に持つ童話。

白雪姫(7. Snow White in the Woods 2012)
a0067582_19143964.jpg

白雪姫(8. Snow White Apple and Crone 2012)
a0067582_19152615.jpg

シンデレラ(2. Cinderella & Fairy Godmother 2012)
妖精の持つ魔法のステッキの先には、ガラスの指輪がキラリ!
a0067582_19165100.jpg

シンデレラ(1. Cinderella Reading 2012)
読んでいる本もシンデレラなら、暖炉の中の煙の線にはアクセサリーのように「C」「I」「N」・・・Cinderellaの文字がほどこされている細かさ。
a0067582_1917592.jpg

シンデレラ(4. Grand Palace with Pumpkin Coach 2012)
a0067582_1918764.jpg

この辺りまでは、日本人でも知っている物語。日本人には殆ど馴染みがないけれど、欧米では大変有名なグリム童話やアンデルセン作品というものがありますのでご紹介します。

「えっー、日本人って、それ知らないの?! そうかー、文化の違いだよね。ねえ、ねえ、ところで、もしかして、シンデレラや白雪姫、人魚姫のお話も知らないの?」なんて言われかねないので・・・

「えんどう豆の上のお姫様」(10. 'The Princess and the Pea' (the Gate) 2012)
a0067582_19185934.jpg

一昨年のクリスマスだったと思いますが、ボンド・ストリートにあるティファニーのショーウィンドウで、2010年版の(これに似た)彼女の作品をみてうっとりしたほど。

「えんどう豆の上のお姫様」(11. 'The Princess and the Pea' (the Bed) 2012)
a0067582_19194499.jpg

「えんどう豆の上のお姫様」は、(「人魚姫」同様、デンマークの)アンデルセン作品。登場人物全員が、とぼけた人ばかりで、最後に作者自身も登場して語る言葉も、まるで落語と共通するところがあって、私はとても好きです(二段落ち、'落ち' があるのです)。

「12人の踊るお姫様」(13. The Twelve Dancing Princesses: The Stairs 2012)
a0067582_19202353.jpg

「12人の踊るお姫様」(14. The Twelve Dancing Princesses 2012)
a0067582_19205962.jpg

「12人の踊るお姫様」は、グリム童話

「ラプンツェル」(15. Rapunzel's Garden 2012)(16. Rapunzel's Tower 2012)

すみません、(↑)写真に撮っていませんでした(涙)

「ラプンツェル」もグリム童話で、ディズニー映画にもなっている作品。翻訳では「髪長姫」というタイトルの本。「12人の踊るお姫様」「ラプンツェル」のいずれも、もう一つの魅力は、エロール・ル・カイン(Errol Le Cain)が描いた挿絵の美しさ。

ヴィクトリア駅、ピムリコ駅側からテイト・ブリテンに向かわれる人は、必ず、このギャラリーの前を通っているはずのJohn Islip Streetに入ってすぐ右手。
a0067582_19133420.jpg

テイトに行かれる際には、楽しみプラス!という感じで立ち寄ってみるとよいと思います(12月22日まで)。

写真集も15ポンドで売られていますが、この作品を購入したい場合の価格表はこちら(↓)
a0067582_1923589.jpg

「えんどう豆の上のお姫様」だけ、あらすじを付け足しましたので知りたい方は、「続きを読む(more…)をクリックしてください。

>> 続きを読む(More...)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2012-11-14 19:24 | :: Gal./Mus./Theatre
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp