旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
:: Plants & Parks
:: Walk & Streets
:: Annual Events
:: Extra, extra...
:: ShowWindow&Illumi
:: Architecture
:: Literature
:: uk is ...
:: The First in theW
:: Royal Family
:: Food & Beverages
:: Gal./Mus./Theatre
:: TV & Films
:: Recomendable
:: Shopping
:: Vehicle
:: News
:: Countryside
:: Mysteries...?
:: Grumbling
:: Lookup into Space
:: Languages
:: Famous People
:: Japan in the UK
:: Home in London
:: Regular Shooting
:: me-and-my-life
:: Travel
:: Japan
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
GLOBE-TROTTER (グローブ・トロッター)
土曜日は珍しく雨となりましたが、日本から買い物に来ている友人と待ち合わせがありました。

しかし、その前に英国人の友人とも用事があったので、まずは、待ち合わせの場所・ナショナルギャラリーへ。
a0067582_1817754.jpg

雨なの室内で過ごせる観光場所は、普段より込んでいます。

いつも私は、メインエントランスからは入らずに、カフェとショップの間にある入り口から入りますが、こんなところで飲み食いしている人がおり・・・
a0067582_18173410.jpg

係りの人も展示室で飲み食いをしない限り、注意はしません(これが外国)。まあ、注意したところで、「だって、どこで食べろというのよ!」と言われるのがおちです。カフェテリアのカフェが満杯で、テーブルが確保できないので。
a0067582_1818211.jpg

さて、その用事を終えて、日本人の友人と会うために移動開始。

日本にいる方だとまだ知らない方もいると思いますが、ジャパンセンターは、Lower Regent Streetにある三越の建物に移転しています(三越さんとしてはいやでしょうけど、テナントとしてはいいかも)。
a0067582_18185498.jpg

日本食材とレストラン徳は、三越の玄関の横に移転し、書籍などはピカデリー・サーカスに近いソーホーに店が移転しています。ピカデリー通りには一切ありませんのでご注意ください。
a0067582_18191494.jpg

友人が今回の渡英の中で買いたいものの一つが、1897年創業の英国ラグジュアリー・ ラゲッジ・ブランドであるグローブ・トロッターのスーツケース。

これを買うためには、バーリントン・アーケード(Burlington Arcade)のグローブ・トロッターの店に行くしかありません(デパートには入っていません)ので、友人を連れて行き・・・
a0067582_18195071.jpg

グローブ・トロッターは、ハンドメイドにこだわり、現在も少量生産のペースを守り続けています(工房には、ベルトコンベアーが存在ないわけです)。

夏目漱石が英国に留学していた当時の流行語「グローブ・トロッター = 世界中を闊歩する人」から名付けられた由来があるだけに、世界中の「Globetrotter Travel Map」も出版しています(日本でも販売されています)。
a0067582_1822420.jpg

最大の特質は、その軽量さと頑強さにあります。ヴァルカン・ファイバーと呼ばれる創業当時から変わらない特殊素材で作られ、たわむことによって力を逃がし、割れや歪みなどの損傷から守ります。

英国王室をはじめ、英国王立空軍のパイロットや英国を代表する数多くの著名な冒険家達に愛されて来たグローブ・トロッターは、現在も冒険心のある各界のセレブリティに絶大なる支持を受けています。
a0067582_1821630.jpg

日本で買うと21インチのスーツケース(機内持ち込み可能なサイズ)は、7万円くらいするという友人。

店員に価格をたずねると、18インチが410ポンド、21インチが440ポンドとのこと。今は、1ポンド131円位、その上、免税(17.5%)になりますから、21インチの440ポンドは、49,056円という辺りでしょうか。
a0067582_18231851.jpg

が可愛いんじゃない?」と私がいうと、「赤は他の色より高いんですよ」と友人。オレンジを買うそうです。

>> この情報は2010年現在のもので、2014年にお店が移転しております。2014年のアップはこちら。 <<
[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-05-30 18:23 | :: Shopping
プライベート・ガーデン
バスの中から看板を発見!

書いてある文章まで読めた私のコンタクトレンズは感度良好。思わず、バスを降りてしまいました。
a0067582_2264539.jpg

昨日ご紹介をした 'Sloane in Bloom' をもっと盛り上げ楽しんでもらうために、スローン・スクエアに一番近い Cadogan Place South Garden が一般の立ち入りを許可する看板です。
a0067582_2272616.jpg

看板を読んでも何のことだかわからない人が多いようで、入っていく人は殆どいませんでした(ちゃっかり、私は入って行っちゃったわけですが)。

Cadogan Place South Garden は、プライベート・ガーデン(Private Garden)なんですよ!
a0067582_2311998.jpg

映画「ノッティングヒルの恋人たち」の中で、主役二人が夜中、柵を乗り越えて公園らしきところに侵入するシーンがありますが、それは、公園ではなくて、プライベート・ガーデンと呼ばれる、そのガーデンを囲む家の住民だけの共有庭。
a0067582_2322619.jpg

ガーデンの入り口にはがかかっているので、鍵を持っている人(ガーデンを囲む家の住民だけ)しか入れないようになっています。
a0067582_2332340.jpg

しかし、2010 RHS Chelsea flower show の開催期間(5/25-29)は一般の人も入っていいですよとゲートには鍵がかかっていません。

プライベート・ガーデンは高級住宅街ならではの庭といえます。

例えば、日本で都心の高級マンションに住むとなると、当然、庭なんて持てませんよね。でも英国の場合は、そうした建物に住む人だけが使える専用庭がマンションの前に用意されているという感じ。
a0067582_2343532.jpg

向かいの長~い高級フラット(高級マンション)にお住まいの方々の専用庭です。
a0067582_2351538.jpg

植物園かおまけの、見たこともない沢山の種類の植物で構成されているのには驚き!
a0067582_2453635.jpg
a0067582_2363819.jpg

つつじの花もきれいです。
a0067582_2375056.jpg

バラも咲き出しました。
a0067582_2381985.jpg
a0067582_2384182.jpg

テニスコートが見えてきました。
a0067582_2391976.jpg
a0067582_2393854.jpg

そして、お子さん達のための遊具もあります。
a0067582_240867.jpg

大抵は、そのガーデンを囲む家の住民が管理費を支払い、しっかり管理されているので、いつもきれいに整備されています。
a0067582_2403635.jpg

2010 RHS Chelsea flower show へお越しの際は、またはスローン辺りでショッピングの折は、是非、立ち寄ってみてください。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-05-26 02:41 | :: Annual Events
もうひとつのフラワー・ショー 'Sloane in Bloom 2010'
世界最大のフラワー・ショー 2010 RHS Chelsea flower show が今年も 5/25-29 に開催されますので、日曜日から Preview が始まり、今日は女王様がご視察になったようです。
a0067582_5374243.jpg

チェルシー・フラワー・ショーをお祝いするもうひとつのフラワー・ショーが、今年もまた会場に程近い(チェルシーの)スローン・スクエア界隈のブティックで同期間行なわれます。

贅を尽くした生花(fresh flowers)でウィンドーをディスプレーする 'Sloane in Bloom' です。
a0067582_5384137.jpg

参加ブティックは、floral fashion displays のプレゼンテーションを行い、RHS(Royal Hospital Chelsea))によって優勝ブティックが選出される、れっきとした 'RHS Chelsea flower show' の一環イベント
a0067582_5393392.jpg
a0067582_5401244.jpg

ご覧いただいたのは、飾り付け作業中の Cartier (↑)

今日はディスプレーで大忙しのブティックが多かったように思います。
a0067582_541275.jpg
a0067582_5411761.jpg
a0067582_5413175.jpg

Jo Malone(↓)
a0067582_5421093.jpg
a0067582_5424594.jpg
a0067582_543270.jpg

PAULE KA(↓)もちろん生花です。
a0067582_5433068.jpg
a0067582_5435046.jpg

SYMTHSON(↓)
a0067582_5442399.jpg
a0067582_5444057.jpg

Tiffany & Co.(↓)
a0067582_5451931.jpg
a0067582_5453629.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-05-25 05:46 | :: Annual Events
ロンドン真夏の公園は・・・
英国の真夏は、毎年5月に訪れます。

今週末は、日差しが強くて暑かった(とはいえ、日本のように湿気がないため、さっぱりと乾燥した、ただただ日差しが眩しいというものですが)。

ロンドンの平日の公園は、さすがに平日なので、薄着で芝の上にごろごろしている人が沢山いるだけですが、休日は違います。
a0067582_4334632.jpg

公園に着くと、皆、服を脱ぎ始め、下には水着
a0067582_4343227.jpg

短い夏、こんな日は、皆、日焼けするためにわざわざ水着をきて公園にやってくるのです。

日差しが強すぎて(逆光でもないのに)写真が白っぽく飛んでしまっているので分かり難いと思いますが、うつ伏せで本を読んでいる女性2人共(↓)、ビキニです。できるだけ満遍なく日焼けをするためになんでしょうが、全裸に近い姿。
a0067582_4354331.jpg

この男の人も、ビキニのカイパン(↓)
a0067582_4364135.jpg

海水浴場でもないのに、毎年この時季になると、大人も子どもも水着姿の週末のロンドンの公園ですが、子どものためにこんな乗り物も走らせています(↓)
a0067582_4373670.jpg

そして、昨日に続き、またユダの木を発見(↓)
a0067582_438845.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-05-24 04:38 | :: Plants & Parks
ユダの木(Judas Tree)
28度位の晴天です。土曜日は気持ちがよいのでウィンブルドン・パーク(Wimbledon Park)に散歩に出かけました。
a0067582_752713.jpg

公園内にあるクリケット・クラブハウスのテラスがお気に入りの場所です(地図 F)。
a0067582_7532950.jpg
a0067582_7575730.jpg

ここは公園の一番西の端で、道を挟んですぐ横にはセンターコート(Centre Court)が見えてます↓
a0067582_7542125.jpg

テニスをする人、クリケットの試合などを眺めながら食事やお茶ができます(ビジターでも自由に使えます)。
a0067582_7545580.jpg

まもなく全英テニス選手権のシーズンですね。
a0067582_7553953.jpg

すでに準備が進んでいます(ボードもすでに立てられています、奥はNo.1コートの建物)↓
a0067582_7561528.jpg

公園内に戻ってお散歩再開。公園内にはゴルフクラブもあります(センターコートとNo.1コートをバックにゴルフをする人たち)↓
a0067582_7585553.jpg

これは(↓)、ゴルフコースに必ずある英国式ゴルフボール洗う道具で、黒い棒のとこからボールを入れて、棒を下ろし(上下させると)中に入っている水にゴルフボールが浸って洗うことができます。
a0067582_873713.jpg

公園を南周りに東側の端にある芝では、近所の人が日向ぼっこでウジャウジャしていますが(地図 A)、ここにユダの木(英名:Judas Tree)がありました。
a0067582_80519.jpg

キリストを裏切ったユダがこの木に首を吊って自殺したことから、この名が付いています。
a0067582_80316.jpg

毎年5月に濃いピンク色の花が咲きます。
a0067582_805380.jpg

南ヨーロッパの地中海沿岸が原産地です。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-05-23 08:08 | :: Plants & Parks
駐車場システム ('Pay and Display' car parks)
ショッピングセンターなどの立体式駐車場などは、日本と同じように、駐車場に車を入れた時にチケットを機械から引き抜き、出る時に駐車料金を払うシステム。
a0067582_6501055.jpg

しかし、誰でも駐車してよい(駐車する人の目的の場所は不特定多数)駐車場の場合、ペイ・アンド・ディスプレイ(Pay and Display)というシステムのところが英国では多いです。

路上だったり、高速道路の下だったり(↓)、青空駐車場というところでは、ほとんどがこのペイ・アンド・ディスプレイ。
a0067582_6504799.jpg

ペイ・アンド・ディスプレイは、駐車場内または路上のどこかにある機械で、駐車すると思う時間分の駐車場代金を先払いして、機械から出てきたチケットを車のダッシュボードの上に見えるように置いておくシステム。
a0067582_6515968.jpg

従って、「2時間くらいで大丈夫かな」なんてことを先に見越してチケットを買うシステムです。

※路上の場合、たまに機械が近くにあるのではなく、「このでチケットが買えます」という表示が立っていて、その店に行って時間分のチケットを買って車に戻りダッシュボードに置くこともあり、これは不便!

予定時間内に戻ってこないといけないので、始終、時間が気になるシステムでありますが、意外とこのタイプの駐車場が多いのでご参考まで。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-05-20 06:52 | :: Vehicle
ゴールデン・シャワー
毎年5月下旬になると、近所の家の前庭では、レモンイエローのラバーナム(Laburnum、通称:Golden chain)が満開となります。
a0067582_614725.jpg

日本名ではキングサリ、キバナフジと言われている花です。
a0067582_622840.jpg

黄色い藤の花という印象の花木ですが、フジとは別属でシダ属に近い植物。鮮やかで豪華ながたわわに垂れ下がる美しさとは裏腹に有毒植物です。

a0067582_63249.jpg一般家庭の庭でも見かけますが、なんといってもラバーナムの見所は、アーチ(トンネル)にあります。

ガーデンツアーなどに出かけた先で、頭に付きそうな高さの見事なゴールデン・シャワーのトンネルと出くわした人もおられるでしょう。
Laburnum arch / Laburnum tunnel
[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-05-20 06:03 | :: Plants & Parks
Love it or hate it, oilseed rape
週末は、所用でバーミンガム(Birmingham)に行って来ました。
a0067582_6243815.jpg

英国の5月、ロンドン市内を出ると間もなく、車窓には繰り返し菜の花畑が現れます。(“まだロンドン”という感覚の距離なのに)
a0067582_6252224.jpg

「菜の花畑」と言うと響きも見た目も良いですが、要は「菜種」(菜種油)ですから植物燃料・食用油。

ヨーロッパから13世紀に英国に菜種栽培がもたらせた当時の主な用途は灯油(ランプオイル)として、そして石鹸として。

昔は、これほど菜の花畑は多くなかったのですが、バイオ燃料の作物栽培に EU が助成金を出すとかで、国も菜種栽培を推奨している背景があります。

従って、英国人にこの風景(花)が「好きか、嫌いか」と問うたなら、「(元来の)英国らしい風景(花)とはいえないから、嫌い」という人が半数を超えると思います。「経済優先の作物だ」と嫌悪感
a0067582_6263392.jpg

「菜の花」(アブラナ)は、英語でレイプ(rape)と言い、女性を強姦するレイプと同じスペルかつ発音です。しかし、一般的には「菜種」意識が強いので、rapeとだけは言わず(菜の花を見たならば)oilseed rape、(菜の花畑を見たならば)field of oilseed rape, oilseed rape field と表現します。

この国に来た時、料理用のオイルを買うのに、「えっ!どれを買ったらいいのだろう?」と迷ったことを思い出しました。オリーブオイルは当然としても、 “ひまわり”(sunflower)オイルも普通に並んでいたので・・・

a0067582_6272062.jpg

無難に、菜の花オイルにしたわけですが、見ての通り(↑)rape oil/rapeseed oil とは書き難いようで、菜の花オイルは「ヴェジタブル・オイル」という商品名です。

もっと増えていると思いますが、二年前の調査では、oilseed rape field は、作物栽培農地としては小麦&大麦栽培面積の 1/8(約40万ヘクタール)に上っているようです。(牛や羊、豚、馬などの放牧地が一番多い英国です)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-05-19 06:30 | :: uk is ...
下院 (House of Commons = 庶民院)
首相交代から一夜明けた12日(水)のダウニング・ストリートは、当然、今もっての人だかり。
a0067582_98315.jpg

今日も報道陣は首相官邸(ダウニング・ストリート10番地)の前に陣取っています(↓)
a0067582_99152.jpg

首相官邸のでは、プレス・コンファレンスが行われていたようです。
a0067582_992947.jpg

こんなに開かれた首相官邸でよいのか?と思うのは、首相が背を向けている塀の向うはすぐセント・ジェームズ・パークで、(写真の)私側は塀一つでホース・ガーズの広場です。

(大して高い塀ではないので)映像からそれらが見えました。

国会議事堂の下院入り口の前にも人だかりができていました。理由は、早速、主要閣僚の発表があり、集合写真の撮影がされていたからでした。

さて、下院議会。議長に向かって左側に与党右側に野党が座ることになっています。
a0067582_9103732.jpg

これまでと、左右入れ替えってことですね。
a0067582_910597.jpg

因みに、上院は House of Lords(一口で言えば貴族院)と言います。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-05-13 09:11 | :: News
新首相誕生
数時間前に、ゴードン・ブラウン首相(Gordon Brown)は秋までは首相でしょうと書いたばかりなのに、英国時間の5月11日19:10頃、首相を辞任
a0067582_556182.jpg

即座にバッキンガム宮殿のエリザベス女王に面会、辞職が受理。

パリの街並みとロンドンの街並み、地上ではパリが美しいと誰もが言いますが、逆に、ヒースロー空港着陸前に飛行機の中から眺めるロンドンの街に大歓声が沸くほど上空からの眺めはパリを凌ぐ美しい!と言う人の気持ちが理解できたヘリコプターからの中継。
a0067582_557865.jpg

女王陛下のが棚引いていますから、ちゃんと宮殿内にいるってことですね。
a0067582_5573713.jpg

女王陛下に面会の後、その足ですぐ近くにある(ヴィクトリア駅の近く)労働党本部へ。
a0067582_5591636.jpg
a0067582_55932100.jpg

労をねぎらう拍手で迎えられたブラウン首相。
a0067582_60564.jpg
a0067582_604458.jpg

総選挙で第一党になった保守党が、第三党の自由民主党との連立内閣樹立を発表し、入れ替わりにデイヴィット・キャメロン保守党党首(David Cameron, 1966年10月9日生)が、バッキンガム宮殿でエリザベス女王と面会。
a0067582_613148.jpg

1997年から13年に及ぶ「ニューレーバー(新しい労働党)」政権が幕を閉じ、至上最年少のデイヴィット・キャメロン新首相が誕生しました。

※1997年ブレア元首相が首相になった時、彼は44歳。数ヶ月の違いですが、キャメロン首相は、もっか43歳なので。

女王陛下との面会が終わり・・・
a0067582_625653.jpg
a0067582_631068.jpg

シルバーのジャガーに乗ったキャメロン新首相がダウニング・ストリート10番地(首相官邸)に迎えられました。
a0067582_634595.jpg

バッキンガム宮殿で車に乗り込む時も、サマンサ夫人にドアを開け、そして、降りた後もすかさず夫人側のドアを開けに行く、れっきとした英国紳士です。
a0067582_641262.jpg

※英国の車は、日本と同じ左側通行の右ハンドル。首相よりも夫人が上位の席に座る(運転席の後ろ)。

首相官邸勤めの方々も新首相を出迎える中、新首相がスピーチを始めました。
a0067582_643951.jpg

キャメトン新首相は、ロンドン生まれ、ウィリアム4世が愛妾のドロシー・ジョーダンに生ませた庶子の子孫。つまりエリザベス2世の遠縁となります。イートン校を経てオックスフォード大学を一級優等学位(first class honours)を得て卒業。

どちらかというと保守党支持者の私ではありますが(理由はまたの機会に書きます)、同じオックスフォード卒でも(スコットランド)エジンバラ出身のブレア元首相、(スコットランド)グラスゴー生まれのブラウン元首相に愛着を感じてしまう私であります。

ブラウン首相のスピーチの締めくくり 'Thank you and Goodbye' が心に響きます。

私と英国との関わりは、まさに13年前、労働党ブレア首相が誕生したその時からになり、保守党の世(チャーチル、サッチャー、メイジャーの実物)を見たことがないので不安。党(政権)が代わると、生活の中ではっきりと目に見えてすべてが代わるからです。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-05-12 06:10 | :: News
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp