旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧
外部リンク








Abbey
欧州を旅するようになってから、「修道院」といえば、男性の修道僧のイメージが強くなり、それまで抱いていた修道女の印象が薄れてしまいました。そんな人、結構、多いんじゃないかな?!
a0067582_2304480.jpg

さて、ロンドンのAbbey(アビー)といえば、ビートルズで有名な Abbey Road Studio とか Westminster Abbey(ウエストミンスター寺院)とか。しかし、これらの英語名が、Abbey であることに気づいたには、ず〜っと後になってから。

初めて、Abbeyの単語を調べたのは、ヨークシャーのリーズ市にいる時で、近所に、Leeds Abbeyという名の「廃虚」があったからなのです。「これ何のだろ〜?」とAbbeyの意味を調べたのでした。辞書によると「修道院」。それからというもの、出会うAbbeyの殆どが、「廃虚」であることに、いや応なく疑問を持つわけで・・・。

私なりの理解では、その原因は、ヘンリー八世の「修道院解体令」にあるようです。ちなみに、「廃虚」と化したAbbeyの屋根は、大抵が崩れ落ちて、無い状態。もともと天上がないわけではなく、時の流れの中で、崩れ落ちただけです。

日本語で、「教会」的なものを、英語で言うとChurch, Chapel, Abbey, Abbey Church, Cathedralとさまざまな種類があります。日本語では、「寺院」と名付けらるものもあるからややこしい。

Church, Chapel
大衆に開かれた誰でも使えるのがChurch。それに対して、Chapelは、城・病院・学校・ホテルなどの中にあり、そこを利用する人だけが使用できる。

Abbey Church
修道院付属教会

Cathedra
「大聖堂」。各教区内にある教会を管轄する本山のため、教区ごとに1つだけある。従って、大聖堂にいるのは、他のAbbeyやChurchにいる「司教」(Bishop)格の人ではなく、「大司教」(Archbishop)。「大司教」(大聖堂)の中で、一番、位の高いのが、ヨーク大司教(ヨークミンスター)とカンタベリー大司教(カンタベリー大聖堂)。厳密に、どっちらが上かといえば、やはり英国国教会の総本山であるカンタベリー大聖堂の大司教の方です。

[Abbey]
1. 【abbot(男性)または abbess(女性)が管理した昔の】大修道院
2. (もともと修道院であった)大寺院
by rie-suzuki67 | 2006-06-11 23:07 | :: Architecture
<< メッセージ UK Entry Clearance >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp