旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
:: Plants & Parks
:: Walk & Streets
:: Annual Events
:: Extra, extra...
:: ShowWindow&Illumi
:: Architecture
:: Literature
:: uk is ...
:: The First in theW
:: Royal Family
:: Food & Beverages
:: Gal./Mus./Theatre
:: TV & Films
:: Recomendable
:: Shopping
:: Vehicle
:: News
:: Countryside
:: Mysteries...?
:: Grumbling
:: Lookup into Space
:: Languages
:: Famous People
:: Japan in the UK
:: Home in London
:: Regular Shooting
:: me-and-my-life
:: Travel
:: Japan
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








Coal Drops Yard

ロンドン終着駅の二つ King's Cross (1852年開業) & St. Pancras (1868開業)の後方に広がる、かつての石炭収蔵倉庫エリアの再開発は、Granary Square だけでは終わらい段階を踏んでの大プロジェクトだったのか!と驚かされる。

a0067582_04201383.jpg

バリケードが取り除かれ出現したのは、グランドカナル(運河)を使って運ばれてきた石炭を下ろし収蔵していたヴィクトリアン煉瓦の外壁を残した倉庫街(Coal Drops Yard)の蘇り。

a0067582_04193677.jpg
a0067582_04200240.jpg

このエリアは【Victorian Engineering Remaining】を主に、両駅開業当時の蒸気機関車の時代を、そして、次世代に活躍したガスホールドの建物をも有効利用し、見る者に歴史の変遷をすぐさま読み取らせる。今年の秋に一大トレンド発信基地としてオープン予定。

a0067582_04192332.jpg

2012年のロンドンオリンピック開催が決定してからロンドンの随所で再開発が計画され、今もなお、オリンピックのレガシィを段階を踏んで見せてくれるロンドン、イングランド人とは?


日頃、この国の人の仕事のやり方や姿勢に違和感を持つ日本人鈴木でありますが、長期展望で呆れられたとしても、急ぐための経費により投資家に損をさせず、例え10年後でも【結果】を出せば、結果オーライどころか、素晴らしい再生を見せてくれると考えさせられた。

a0067582_04194979.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2018-01-30 04:22 | :: uk is ...
<< "Vanity Fa... CAFE DE NATA >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp