人気ブログランキング |

旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧
外部リンク








フレディ・マーキュリー像の行方
ドミニオン劇場(Dominion Theatre)の歴史の中で、最長ロングランとなったミュージカル「We Will Rock You」が、2014年5月31日の最終公演をもって12年間続いた幕を閉じます。
a0067582_453984.jpg

ロンドン出身のロックバンド「クイーン」(Queen)のヒット曲22曲で構成されているジュークボックス・ミュージカル「We Will Rock You」。
a0067582_454966.jpg

物語は、遠い未来、皆が同じ服を着用し、同じ思考を持ち、同じ行動をする世界で、思考、ファッション、ライヴ・ミュージックの自由を取り戻そうとするボヘミアンについて描かれているというから、まさに、「クイーン」ヒットメドレーが相応しい。

最大の関心事となっているのが、ファイナル・カーテンが下ろされた後、ランドマーク的存在となっているドミニオン劇場の入口に設置されている(「クイーン」のボーカリストであった)フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury, 1946-1991)の巨大なゴールデン・スタチューは、いったい何処にいくのか?(どうなるのか?)ということ。
a0067582_456941.jpg

フレディ・マーキュリーのファンという方は、「せっかくなので、このゴールデン・スタチューを写真に撮っておこう~」と、何気ない気持ちでシャッターを押している可能性もありますが、この劇場、実は、フレディ・マーキュリーゆかりの地でもあり。

45歳という若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーが、最後にステージに立ったのは、1990年2月18日、ドミニオン劇場で行われた「ブリット・アワード」の授賞式でした。
a0067582_4565717.jpg

私はというと、1999年(15年前)に、ミュージカル「美女と野獣」を観た時の一度だけこのドミニオン劇場に足を踏み入れています。

因みに、フレディ・マーキュリーも本人の遺言で、火葬にふした後、散骨を希望したので、お墓がありません

もう、このフレディ・マーキュリー像が見れなくなると思うと、(ファンではない私でも)寂しいので、いろいろな角度から写真を撮ってブログに残すことにしました。
a0067582_4575277.jpg

by rie-suzuki67 | 2014-04-02 04:57 | :: Gal./Mus./Theatre
<< ウェリーズ チューインガムだらけの路上 >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp