旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
:: Plants & Parks
:: Walk & Streets
:: Annual Events
:: Extra, extra...
:: ShowWindow&Illumi
:: Architecture
:: Literature
:: uk is ...
:: The First in theW
:: Royal Family
:: Food & Beverages
:: Gal./Mus./Theatre
:: TV & Films
:: Recomendable
:: Shopping
:: Vehicle
:: News
:: Countryside
:: Mysteries...?
:: Grumbling
:: Lookup into Space
:: Languages
:: Famous People
:: Japan in the UK
:: Home in London
:: Regular Shooting
:: me-and-my-life
:: Travel
:: Japan
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








ハワース(Haworth)
a0067582_20215510.gifヨークシャーでお薦めの場所の一つ、「ハワース」。

私がかつて留学していたリーズ市と同じウエストヨークシャー地方にある村で、「嵐が丘」「ジェーン・エア」などの名作で知られる小説家ブロンテ三姉妹の住まいが博物館になっています。

水色がロンドン、色がヨークシャーです。ヨークシャーの西部がさらに West Yorkshire として分割されています。その中にポツンと点を付けた場所がハワースです。

ハワースに行くには、キースリー駅(Keighley)から汽車に乗り換える必要があります。

私にとっては、人生で初めて乗った蒸汽機関車というのが、このキースリーとハワースを結ぶ Keighley & Worth Valley Railway なので思い出深い汽車です。(Leeds - Keighley は電車で30分、Keighley - Haworth は汽車で20分)

a0067582_2045829.jpg
a0067582_205196.jpg

駅からほどなく、石畳の急なを歩いて上がるのですが、時々、足を止めて周囲を見渡せば、この村が広大な荒野に囲まれていることが分かる素晴らしい眺めです。通りの両側に可愛らしい店が並んでいます。

a0067582_2054434.jpg

たまに来るには最高!という場所が英国には数多あり、都会にいるとそんな風景が無性に懐かしく・恋しくなる時が頻繁にありますが、実際、ここに住めと言われたら、遠慮すると思います。

a0067582_206873.jpg

そこから荒野を歩くこと2時間(往復4時間のピクニック)・・・鋪装されている道はほんのわずかでヨークシャーウォーターのぬかるみで靴が泥だらけになり、やっとブロンテの滝やブリッジに辿り着くハードなピクニックです。とても家からここまで散歩をしていたとは思えないのですが・・・?

こんな田舎から原稿をロンドンに送ったことを思うとブロンテ姉妹の秘めた魂の叫びが聞こえてくるようです。
[PR]
# by rie-suzuki67 | 2006-04-16 20:27 | :: Countryside
外観と内観
英国の家のすごいところは、この外観なのに、内観は綺麗に D.I.Y. して予想外の部屋であること。外観からは想像できませんよね。

a0067582_113270.jpga0067582_114314.jpg


英国人は、生涯で平均8度の引っ越しをするという調査結果が出ていますが、まず学校を出ると自活を始め、結婚し広めの家に、子どもができて手狭になった家を引越し、子どもが巣立てば再び狭目の家に夫婦ふたり用に引越すという(カドカリのように)住処を変えます。

日本人には「家を建てる」という概念がありますが、英国人にはないわけで・・・。従って、D.I.Y. に熱心。地震のない国ゆえ、何百年ものの家が普通に残るわけですが、古いものを捨てられない(よく言えば「古いものを大切にする」)英国人の気質も関係していますよね。英国がアンティークのコレクションで有名なわけも理解できます。
[PR]
# by rie-suzuki67 | 2006-04-10 01:28 | :: Architecture
歯の妖精 (Tooth Fairy)
a0067582_0231269.jpg

日本では、乳歯が抜けると縁の下に投げますよね。私も子どもの頃、やりました。英国では、歯の妖精(Tooth Fairy)が取りにくるそうです。さすが、妖精の国!ガーデン(庭)にも庭の妖精(七人の小人みたいな人形を庭に置いたりしますよね)がいるくらいですし・・・

子どもが乳歯の抜けたことに大喜びするのは万国共通。乳歯を入れておく "First Tooth Box" "Tooth Fairy Box" などが売られているのことはご存じの方も多いはず。このに入れて、Tooth Fairy を待つんだそうです。妖精がやってきて、抜けた歯を持っていくのですが、そのかわりに、コインを置いていってくれるとか・・・?! 1ポンドコイン(200円)など。はサンタクロースになったり、妖精になったり大変ですね。

a0067582_0232727.jpg多くは金属性のものが売られていますが、私が引かれたTooth Box は写真のような白い超厚紙の箱にレースの装飾がされているんです(上写真の右)。

Trousseau of Nottingham Lace
Hand Made in England


こんなの日本はもちろんロンドンあたりじゃ、なかなかありませんよ! 英国で「レース」といえば、ノッティンガムがよく知らせていますが(ロビン・フットで有名なノッティンガムの街)、そこにある工房で作られているハンドメイド。

もちろん、乳歯を入れておくために買ったわけではありません。まあ、何を入れて置いてもいいかな〜とレースに惚れて。また、上記でも書いたように珍しさから、買っておいたって感じなんですけど・・・。

さて、子どもの場合、妖精に手紙を書いて置いておく傾向があるようです。なんせ、記念の乳歯ですから・・・「妖精さん、来てくれてありがとう、このまま歯を持っていてもいいですか?でも、コインは欲しいので、置いていって欲しいのですが・・・」なんていう具合に。
[PR]
# by rie-suzuki67 | 2006-04-05 00:26 | :: Recomendable
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp