旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「カーフュー curfew」(晩の鐘)

城下町ウィンザーに行ったなら、コーヒー、またはビールだけの休憩や、ランチの際は、必ず、このウインザー城のカーフュー・‎タワーを見上げるパブへ。居心地抜群。

a0067582_07441802.jpg

「カーフュー(curfew)」は、晩の鐘という意味で、転じて、門限、消灯時刻という意味にも。‎中世ヨーロッパでは、就寝前の決められた時間に、鐘を鳴らして、火の始末をうながすという習慣があリました。それによって、台所の火の消し忘れなどによる火事をふせいだのです。

a0067582_07434233.jpg

今でもこの単語に出くわす場所としてはホテル。ホテルのメイン玄関をロックして、深夜は宿泊客以外入れないようにし、インターフォンでセキュリティと話してロック解除をしてもらうという表示として、ヨーロッパや英国では「Curfew is at 11p.m.」が使われます。‎


この単語、もとをたどれば「cover + fire」。「火を消せ」という意味。

a0067582_07431713.jpg

吹き抜け2フロアの二階席が静かで眺めもGoodですが、、、

a0067582_07425442.jpg
a0067582_07454253.jpg

正面と反対側は、テラステーブル。

a0067582_07444258.jpg

そこから階段をおりれば、まるで日本の‎ビアガーデンのような広いスペースもあります。

a0067582_07451225.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-06-22 07:53 | :: Food & Beverages
消防はしご車のとどく最大値

ロンドンからテムズ河を上流へ20miles(32km)、ウィンザー城の下を流れるテムズを渡れば、、、、

a0067582_07321712.jpg

そこからはイートン(Eton)の町。

a0067582_07333920.jpg

19人の英国首相を輩出している中高一貫エリート男子校「イートン・‎カレッジ」のイートニアン(Etoninan, イートン校の在学生)を見かけるエリア。

a0067582_07314351.jpg
制服である燕尾服‎は、‎ジョージ3世の葬儀の際に喪服として‎着られ、そのまま定着したもの。‎

a0067582_07344086.jpg

オールド・‎イートニアン(卒業生)の一人である元ロンドン市長ボリス・‎ジョンソン(現 外務大臣、保守党)が、「労働党が今回の大火災を政治に利用しているのはよろしくない。消防の予算を削減したのが遠因だと言っているが、実際に自分がロンドン市長をやっていた期間、ロンドンの火災は50%減り、死亡者の数も激減している」と、まともな事を。さすがオールド・‎イートニアン、肝心な事はいえるようです。


現ロンドン市長は労働党なんですが、自分達に矢が返ってくるとは思わないのか!?労働党。

a0067582_07340947.jpg

高層ホテルとは大きく異なり、高層カウンシル‎・‎フラットは、一度、火の手が上がれば多数の死者は免れないと誰でも知っている。エレベーターは止まり、煙を遮断するシステムもないに等しく、炎も煙も上へ上へ。逃げるすべなどない。‎

a0067582_07331112.jpg

英国の消防はしご車がとどく最大値100フィート(30.48m)の高さまでに住まないと、助かる見込みが薄い。英国の消防庁隊は優秀と思わされたのは、大火災で行方不明となっている人のリストを見た瞬間。11階(日本の12階)以上なのです。はしご車のとどく最大値100フィートは10階(日本の11階)に相当すると言われています。見事に10階までの人は生きている!


しかし、選ぶ選択の余地など与えられないのがカウンシル・‎フラット。


[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-06-22 07:37 | :: uk is ...
城下町ウィンザーのNell Gwynn Tearoom

城下町ウィンザーでティールームといえば、、、

a0067582_07145266.jpg

城の数件隣とも言うべき場所にあるNell Gwynn Tearoomに案内するガイドが多いでしょう。

a0067582_07142621.jpg

理由としてここは、ウィンザー城の内装と最も関わりの深いチャールズ2世が、最も目をかけていたお妾さんネル・グウィン(Nell Gwyn, 1650‎ -1687‎)に与えたウィンザーにおける住居であり、とこの歴史的17世紀の建築地下トンネルで結ばれていると言われているからです。

a0067582_07163075.jpg

貧しい家の出身で11歳から街頭でオレンジ売りをしていた娘は女優になり、コメディ女優として名を上げ、王にみそめられます。

a0067582_07155564.jpg

ユーモアのセンスがあり気取らない、他の妾たちとは異なる‎ネルの葬儀には、ロンドン中からあらゆる階層の人々が集まったそうです。そんな人柄から、彼女を題材とした映画や舞台が何度となく繰り返し上演されています。‎

a0067582_07152603.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-06-22 07:20 | :: Food & Beverages
Melba at The Savoy

サヴォイ・ホテルがホテルの入り口(通りに面したところに)‎"Melba at The Savoy"を‎オープンさせたのはちょうど2年前。テイクアウトのみでしたが、昨今、店舗内にカウンター席と表にテーブルが置かれるようになったので、ここでティータイムの休憩。‎

a0067582_05573413.jpg

同じくここで休憩中のサヴォイのシェフに「写真を撮ってもいい?」と尋ねたら、笑顔でポーズをとってくれた。

a0067582_05561562.jpg
Melba(メルバ)とは、サヴォイ・ホテルの料理長だったオーギュスト・エスコフィエによって考案された栄誉あるデザート「ピーチ・メルバ」(Peach Melba)からのネーミング。

a0067582_05581086.jpg
a0067582_06013941.jpg

オーストラリアの歌手ネリー・メルバがコヴェント・ガーデンでローエングリンを演じた時、エスコフィエを公演に招待。

a0067582_05565646.jpg

その返礼として、エスコフィエはメルバに、ローエングリンにちなんだ趣向を凝らした特別製のデザートを提供。このデザートをメルバが気に入り、名前を尋ねたところ、エスコフィエが「ピーチ・メルバと呼ばせて頂ければ光栄です」と答えたことに由来するサヴォイ・ホテル伝統のデザート。‎

a0067582_05583088.jpg
a0067582_05563698.jpg

英国では美味しいケーキが食べたければ、それはホテル。そして、サービスチャージや気遅れすることなくジーンズ姿で食べれるのが、ここ。ケーキ3ポンド~3.50ポンド、カフェラテ2.55ポンド、、、ホテルとは思えない安さ。


‎スコーン(+クロテッドクリーム、ジャム)もありますので(4.30ポンド)、サヴォイのスコーンを気軽に食べれます。

a0067582_05575071.jpg

エプロンや紅茶、ビスケット缶なども販売しています。

a0067582_05571757.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-06-14 06:06 | :: Food & Beverages
ハンプトン・コート宮殿のローズ・ガーデン

ハンプトン‎・コート‎宮殿敷地内の‎「ローズ・ガーデン‎」は、一年中自由無料で入れる‎近所の人もよく散歩をしている‎場所。

a0067582_06314424.jpg

私もテムズ河の南側に住んでいる時はよく散歩に来ていました。

a0067582_06285994.jpg

宮殿をバックにガーデンの写真は素敵ですよ... 雨でしたが ^^;

a0067582_06293820.jpg
赤煉瓦の低い塀で囲った正方形のローズ・‎ガーデンは、四方の全ての塀に「‎エスパリエ‎」(Espalier‎)*が施されています。

a0067582_06295731.jpg

*煉瓦に残る温かさを利用して、果物や花の木を‎垂平に立てて植え、壁に這わせて(誘引)、育てること。冬の晴れた日は、とても有効。

a0067582_06324097.jpg

芝が見事で、大勢の人が歩くというのに、青々と美しい!‎ スポーツ用芝かな (. .)? どうぞ、続きをご覧ください(↓クリック)



>>続きを見る(More...)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-06-06 06:39 | :: Plants & Parks
Chelsea in Bloom 2017

世界最大の花の祭典 「チェルシー・フラワー・ショー」と時を合わせて、毎年、一層、周辺を盛り上げてくれる、もう一つのフラワー・コンペティション「チェルシー・イン・ブルーム」。

a0067582_03451502.jpg
a0067582_03512465.jpg

先週にことになりますが、今年も、‎スローン・スクエア界隈のブティック、ショップ、ホテルが、贅を尽くした"生花"でウィンドウをディスプレーして競うコンペティションを拝見しに、街歩きをしました。

a0067582_03490336.jpg

今年のテーマは「サファリ」(Safari)。

a0067582_03470616.jpg
a0067582_03443628.jpg
a0067582_03494393.jpg

ゆえに、キリンやライオンが多い。

a0067582_03483984.jpg

ショーウインドウの中のディスプレーはガラスで反射して上手く撮れなかったので省略 m(_ _)m どうぞ、続きをご覧ください(↓クリック)



>>続きを見る(More...)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-06-01 03:58 | :: Annual Events
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp