旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Wedgwood Tea Conservatory at Peter Jones

ピーター・ジョーンズ(Peter Jones)百貨店では、2017 RHS(王立園芸協会)Chelsea Flower Showを祝う「ウェッジウッド・ティー・コンサヴァトリー」(Wedgwood Tea Conservatory)を期間限定(6月16 日迄)で設けています。

a0067582_07504451.jpg
a0067582_07511147.jpg
a0067582_07513919.jpg

ティー・コンサヴァトリーで使われている、または、ショップで販売されているテーブルウェアやティーは、熱帯植物や(1800年に流行した)Grand Tourを通して英国にもたらされたエキゾチックな発見にインスピレーションを得たウェッジウッドの商品で構成されています。

a0067582_07520062.jpg
a0067582_07522099.jpg

三段トレーでサーブされるフローラル・アフタヌーンティーは一人35ポンド(予約要でPeter Jonesのウェブから予約できます)。


[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-05-28 08:26 | :: Food & Beverages
H.R.ヒギンス(コーヒー・マン)

女王様に紅茶をお届けしているのは(1707年創業のフォートナム&メイソンではなく)世界初の紅茶店として1706年にオープンしたTwinings。


女王様にコーヒーをお届けしているのは、ここH.R.Higgins(Coffee-man)。‎

a0067582_06003296.jpg

以前は敷居の高いお店でしたが、現在は大変フレンドリーで、半地下にカフェも併設され、、、

a0067582_06013028.jpg

量り売りの紅茶やコーヒーを購入したついでに、、、

a0067582_06015289.jpg

いえ、いえ、お茶をするだけでも立ち寄る、オックスフォード・ストリートの‎喧騒を離れ‎、休憩したくなる静かな居心地の良い‎私の隠れ家。

a0067582_05594300.jpg
a0067582_06011289.jpg
a0067582_06001228.jpg

2.50〜3.40ポンドのコーヒー/ポットでサーブされる紅茶は手頃で、、、

a0067582_05595684.jpg

カウンターで注文してお金を払うと持ってきてくれるチップ無しのカジュアルさ(Afternoon teaも可能)。Take outもできます。‎

a0067582_06021456.jpg
購入した125gのこの紅茶、4.50ポンド。
a0067582_06005232.jpg
コーヒーも似たような価格で豆のままがよいか挽いたものがよいか(その場で挽いてくれます)を聞いてくれます。
a0067582_05585932.jpg
箱よりかさばらない上に高級感漂う感じゆえ、英国土産やプレゼントとして購入するなら、フォートナムズやハロッズなんかで買うより、英国通の本物思考と思われてオススメ
[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-05-23 06:07 | :: Food & Beverages
夕涼みのティータイム
20時頃までは問題なく表は明るいので、一日の締めくくりとして、夕方に、近所のケンウッドハウスのガーデンカフェにお茶をしに出かけました。
a0067582_08431899.jpg
a0067582_08422533.jpg
a0067582_08413181.jpg
a0067582_08405188.jpg
ガスもかかっておらず、セント•ポール大聖堂やロンドンアイ観覧車をはじめとする建物群がはっきりと見えました。
a0067582_08434727.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-05-22 08:48 | :: Plants & Parks
ウェストミンスター特別区のリサイクル•ビン
セントラルロンドンの主要といえるほぼ全域にあたるのが、(ロンドンを構成する31区+2特別区の一つ)ウェストミンスター特別区。

大変にお金持ちな区といえます。

通常は、真っ黒で中の見えないRecycling Boxが、見える!
a0067582_17103752.jpg
不信物発見の意味からも、また、分別なくむやみに捨てる人のモラル向上の点からもBetter!
a0067582_17111252.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-05-17 17:12 | :: me-and-my-life
肝っ玉母さん「スコティッシュ•サーモン」
「鮭(サーモン)は一度産卵したら天国にめされる」というのは、**日本人**の常識。

比較にならないほど美味しい英国のサーモン。なぜ、こんなに他国と違うのか?とよく質問を受けます。

魚介類の産地は、(コッドや有名なイングランドの産地を持つドーバー•ソール‎、牡蠣などを除けば)スコットランド。
a0067582_16430590.jpg
この英国のサーモン「スコティシュ•サーモン」は、一度の産卵ぐらいでは死なない、肝っ玉‎お母さん。

産卵後、大西洋に戻り、身体がボロボロになっても、二度どころか**何度も**産卵に川に戻ってくるんです(産卵を繰り返すサーモンは、現在40%と減少していますが)。

当然、身体に十分なエネルギー源である脂が蓄えられていないとできないわけで、ゆえに、英国スコットランドの天然サーモンは脂がのっていて特別美味しいのです。
a0067582_16432788.jpg
調理するなら分厚い肉をステーキのようにフライパンで焼くか、グリルするのが最高で、かなりの脂汁が出ても、まだまだふんわりした歯ごたえで、大好物。‎
※‎写真撮影用にこんがり焼けた皮を下にして盛り付けたことをご了承ください

[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-05-17 16:46 | :: Food & Beverages
カールスバーグ期間限定デザイン
英国内で販売されているカールスバーグの缶&瓶は、2月~9月まで、3種類の期間限定‎デザイン(limited-edition designs)。
a0067582_02523900.jpg
通常の緑一色のグリーンラベルではなく、ビール醸造に欠かせない成分である「大麦」(barley)、「ホップ」(hop)、「酵母」(brewer's yeast)の3つをシンプルに表現したデザイン。
a0067582_02525235.jpg
昔のイングランドの夏といえば、家族でケント州ホップ摘みに出かける‎という余暇の過ごし方がありましたが、今はドイツのホップに押されています。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-05-04 02:53 | :: Food & Beverages
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp