旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ホテルのドアマンだけが‎許されていること
大イベントがロンドンであるのか!?と思ってしまうほど、異常なほど大陸からの旅行者で溢れかえってるいるセントラル•ロンドン。フランス語が一番耳に入り(家族)、"どこから来たの?"の問いに"オランダ"というカップルも。時折、日本語も。。。‎ホテルも満杯のロンドン。
a0067582_414116.jpg

‎仕事柄、法令には詳しいわけですが、ロンドン首都警察の管轄域(トラファルガー広場前のラウンドアバウト中央に建つチャールズ一世の騎馬像から15マイル以内の教区という定めゆえ、ロンドン全域をカバー)では、道で(表に出て)カーペットやマットを叩いたり、振ったりして、マットのゴミや埃を落とすなどの掃除をするのは違法です。
a0067582_4152258.jpg

但し、ホテルのドアマンだけは、朝8時前までならという条件付きで許されています。個人宅やオフィスはもとより、デパートや銀行であっても違法となり、唯一、ホテルのドアマンだけ。

前庭、裏庭があるってことは重要よ!自宅の場合‎!
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-12-29 04:15 | :: uk is ...
#HomeforChristmas
Christmas Day(12/25)を家族揃って過ごすための帰省ラッシュは、昨日と今日がピークだったかな!?

ロンドンから北へ、北へ、スコットランドのアバディーンまでのびるVirgin East Coast (ScotsRail)。
a0067582_1027461.jpg

Waitroseからのプレゼントは、そんなKing's Cross駅に相応しい #HomeforChristmas。 素敵だ!
a0067582_8554371.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-12-24 08:55 | :: ShowWindow&Illumi
サンタさんへの手紙
ピカデリーサーカスの書店Waterstonesに設置されているポストのノーティスが面白い。
a0067582_7274235.jpg
a0067582_7284517.jpg

エルフ達が北極に全ての手紙が到達するのを確認し、トナカイが手紙を食べないと約束した、本屋も(食べないと)約束する、って結構 "うける"!

更に、手紙だけで、(トナカイへの)ニンジンや(サンタへの)ミンスパイ&シェリー酒は家に置いておくべき、、、完璧!

サンタさん(Father Christmas)への手紙の配達サービスは、クリスマス・イヴまでです。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-12-21 07:29 | :: Annual Events
M&Sのカードであることが重要な英国人
(グリーティング)カード大国・英国。

ことあるごとにカードを送りあう習慣があるため、"ハイストリートの三軒に一軒はカードを売っている"という表現も当たっていますし、ゆえに、「突然、カードが必要になっても困りません」と英国生活事情をご紹介されるのも、もっとも!

>>> しかし、実際の英国人は違うのです<<<
a0067582_11182643.jpg

日本人はトレンドやデザインでカードを選んで購入していると思いますが、(さすが階級社会・ステイタスの英国!)英国人の購入ポイントは全く違います。
a0067582_11161480.jpg

30歳代以上~70歳代まで(80歳代以上のネイティブ・ブリティッシュを知らないので)の大人の男女で、それなりの知性、それなりの仕事をしていらっしゃるような方は、カードといえばM&Sで購入するんです。
a0067582_111655100.jpg

逆を言えば、訪問した知人宅に飾られたカードを見て、(妻が夫、夫が妻に送ったカードですら)M&Sのだと、または、そよ様からのカードがM&Sのだと、全く存じ上げない送り主のことを、それなりのちゃんとした方とイメージしてしまうんです。

M&Sに気づいて以来、相棒からもらうクリスマスカード、バースデーカード、ヴァレンタインズカード、、、が全部M&Sであることにも、やっとその時、気づいた私!そして、在英45~50年の愉快な日本人女性がくださるカードもいつもM&Sのもの。
a0067582_11174572.jpg

面白いわね~ 英国って!? M&Sだってことが、なるほどね~~でしょ!

自他共に知るセレブや実業家(&夫人)であれば、分相応にSmythson(スマイソン)あたりで注文すればいいし、Low Classであれば面子なんか気にせずそこらで50pカードセットを買えばよく、デザインにこだわる方は自分で作ればよいし。

でもね、とってもシンプルな、どっーてことないデザイン(絵柄)でも、M&Sであるだけで、(実際にそうであるかは別として)クラスをイメージ付けてくれる効果があるのかな~?
a0067582_11201475.jpg

スーパーMorrison'sで販売しているカードは全部Hallmark。Hallmarkカードショップを覗いてもびっくりするほどCheep。そんなことから英国では、Hallmarkにはそうした効果は全くありません。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-12-19 11:24 | :: me-and-my-life
英国王室ブランド「DUCHY」の紅茶、売り切れ!
Waitroseを5軒回っても、この紅茶だけ売り切れ、または、目の前で残り一箱を他の客に先に取られてしまって、、、今、なぜ、これが人気なのかわかりませんが、、、
a0067582_1004339.jpg

それは、DUCHY Organic English Breakfast
a0067582_1022426.jpg

他のEarl Grey, Afternoon Blend, Camomile, Lemon & Ginger, Peppermintは、ごっそりあるのに?!
a0067582_103878.jpg

English Breakfastを購入するのは、大抵は住んでいる人で、日常的にガバガバ飲む日常使いの紅茶。来客用や、香りを楽しむティータイム用ではありません。

今日、やっと見つけた私が2箱買って、この店舗は再び品切れです。

ご存知の方も多いでしょうが、DUCHY(ダッチー)は、チャールズ皇太子が、グロスターシャーの領地に所有する農場を10年かけて完全有機農場に生まれ変わらせた地で小麦などを栽培し、1992年に創設したオーガニック食品ブランド。

皇太子自ら実践するために、移り住んだ領地(Highgrove House)のガーデンと言うべきDuchy Home Farm。これ一つとっても、ダイアナ妃はこんなことは嫌いな人ですから、コッツウォルズの田舎から逃れて頻繁に都会へお出かけ。

英国オーガニックの火付け役、提唱者としても知られている皇太子。
a0067582_104732.jpg

そこからの原材料をもとに、今ではビスケット、パン、ジャム、はちみつ、牛乳やアイスクリーム等の乳製品、ドレッシング、紅茶など種類は多数。

どれも高品質なオーガニック食品ゆえ、厳しい審査基準をクリアし、認証を受けた商品にのみ表示することができる英国土壌協会の認証マーク(Organic Soil Association)が、すべての商品に表示されいることはもちろん、英国王室のお墨付きなわけですから国民からの信頼もあるのです。

逆三角形のいちごのようなロゴマークは、皇太子(Prince of Wales)が “コーンウォール公爵”(Duchy of Cornwall / Duke of Cornwall)でもあるので、コーンウォール公の紋章がトレードマークに使われています。

全ての商品、売り上げの一部は、慈善基金、及び、オーガニックの新しい事業の資金や寄付に当てられ、それは、non-EU 農業も対象です。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-12-18 10:05 | :: Food & Beverages
ウォール・デコレーション
フォートナムズ(F&M)には上層階に上がるための階段が三ヶ所ありますが、うち一つは殆ど誰も使わない奥にある地味目のもの。
a0067582_8563253.jpg

しかし、見上げてみれば、、、階段ウォールに素敵なウォール・デコレーション・アイディア!
a0067582_8543311.jpg
a0067582_8551242.jpg
a0067582_8554255.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-12-15 08:56 | :: ShowWindow&Illumi
LGBT(pro-LGBT) Traffic Lights
トラファルガー広場を囲む歩行者用信号のデザインが変り、伝統の"Green Man"がいなくなってしまいました(ここだけです)。
a0067582_8343397.jpg
a0067582_8353619.jpg

LGBT(pro-LGBT) Traffic Lightsということで、欧州最大規模と称されるLGBTの祭典”Pride in London”に合わせて、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)支持を表したもの。
a0067582_8371624.jpg
a0067582_838763.jpg

当初は、Red Manまで変える予定でしたが、複数の絵柄が信号ごとに散らばっているので、色だけで判断するのは危険と改め、さすがに、Red Manは通常のまま。
a0067582_8384464.jpg
a0067582_8393575.jpg

ロンドンが、pro-LGBTを表明する方法はいくらでもあるでしょうに、この信号ごとに異なる(ぐちゃぐちゃ感一杯の)青信号、嬉しくない!
a0067582_84020100.jpg

ロンドン新市長のお顔を拝見したのは、最近ではこの信号設置と、世界最大のレゴ・ストアがレスター・スクエアにオープンしたテープカット。政策で姿を見せて欲しいわ~。
a0067582_8405887.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-12-15 08:41 | :: Walk & Streets
Happy Sunday! Family Christmas!
12月第一日曜日、今日、セットアップしなくては "遅い!" でしょうから、バカスカ売れる!売れる!八百屋さん(露店)のクリマスツリー用の幼木。
a0067582_7415557.jpg

大忙しで次から次へと筒に通してネットで束ねて売れていく。
a0067582_743883.jpg

この少女は、順番を待ったかいがありましたね。お父さんが肩にかつぐツリーに、(スキップではなく)跳ねたり、両手を広げて満足ポーズ。
a0067582_7434972.jpg
a0067582_7443063.jpg
a0067582_7445657.jpg
a0067582_7453577.jpg
a0067582_746032.jpg
a0067582_7462938.jpg
a0067582_747273.jpg

以前の「厳寒の地の畑(クリスマスツリー)」も合わせてお読みいただけると幸いです。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-12-05 07:47 | :: uk is ...
クリスマス・リース 拝見
住宅街を歩きながら、立ち止まっては写真、立ち止まっては写真、、、
a0067582_8405358.jpg

よそ様の玄関をパチり、パチリ、、、
a0067582_8413615.jpg
a0067582_842132.jpg

うおっ! 完璧なヘアスタイルのワンちゃんと目があった^^;
a0067582_8432317.jpg

お正月に日本で、よそ様の玄関に飾られた「門松」や「しめ縄」(しめ飾り)撮影巡り(?)などはしたことがないけれど、クリスマスリースは、見ながら歩いていると楽しい。
a0067582_8443210.jpg


>> 続きを見る(More...)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-12-03 08:51 | :: Walk & Streets
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp