旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2016年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
サマータイム!
”いつも”季節の生花を各テーブル(&カウンター)に置いている家の前の公園のカフェ。

今は、イースター・エッグのディスプレーに合わせて、カラフルなチューリップ。(ロリポップ風)エッグを組み合わせいるところが素敵なアイディア!
a0067582_7423626.jpg

さて、3月最終日曜日からBritish Summer Time (BST) が始まります(10月最終日曜日に、通常のGreenwich Mean Time (GMT) に戻すまでサマータイム)。

ということで、忘れないうちに既に、家中の掛け時計&腕時計の針を一時間早くめました。日本との時差は、明日日曜日から(一時間短くなり)8時間
a0067582_7432914.jpg

黄色いラッパ水仙は、数日前。生花は真っ先にコスト削減の対象となるアイテムなのに、このパークカフェは立派です!
a0067582_7441781.jpg

a0067582_7444430.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-03-27 07:45 | :: Annual Events
wash one's hands of ...
英語のイディオムwash one's hands of ...(...の責任を取らない、...を見放す、...厄介払いをする)の語源となった「手を洗う」シーンを、ちゃんと見ちゃいました!

どこでかというと、毎年、トラファルガー広場では、イエスが十字架にかけられたGood Fridayにイベントとしての舞台"The Passion of Jesus"が‎演じられます(無料・自由)。
a0067582_915393.jpg

トラファルガー広場を埋め尽くす屋外小劇場とでももうしましょうか。。。無料イベントで、観客は通りすがりの観光客が多いからといって、なめてはいけない!(私は、なぜだか、この日にここに来ることが多い?!)
a0067582_9163237.jpg

群集が、イエスを十字架にかけろと騒ぐ中、ローマ総督ピラトは、イエスは死刑にかけられる様な罪を犯していないと思いながらも、群集の騒ぎを沈め、事を丸く収めるため、群衆の前で、象徴的に、手を洗ってみせるのです。

「無実の人間の血が流れる事に、我は、関わり無いので、こうして手を洗うぞ。よって、我の手は、血がついておらず綺麗だ。おぬしらが、もし、彼を十字架にかけたければ、それは、そっちの責任だ」という意思表示。

wash one's hands of ... は、群集の力に負け、政治的サバイバル本能をみせたパラトの「手を洗う」という行為により生まれたイディオム。
a0067582_9173534.jpg

捕らえられから磔刑までの一連の出来事、やり取り、ローマ総督パラトの葛藤や、居合わせたとされる人々の怒り、苦しみ、悲しみ。。。司祭、聖母、マグダラのマリア、ヨハネ。。。

パラトを演じた役者さんが最も素晴らしかったですが、音響効果もあり、‎十字架を背負ってトラファルガーを這いつくばるかのように歩いたイエス(を演じた役者の)姿は真に迫って、傷ましく、広場は悲しみに包まれたほど。
a0067582_9181573.jpg

‎腕に、足に、兵士が杭を‎打ち込むんだ時の響きと、イエスの叫び。

私に子どもがいたら、(キリスト教徒だろうが仏教徒だろうが、十字架のシーンだけしか知らないなんてダメ!ダメ!と、勉強のために)毎年、ここにこれを見せに連れてくるところなのですが。
a0067582_919079.jpg

肉眼で見えているのですが、役者の表情を大スクリーンで見ると(イベントにはもったいない)本物の演技に圧倒されます。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-03-26 09:19 | :: Annual Events
Easter Bunny
キリスト教最古の儀式「イースター」(Easter, 復活祭)。今日から英国はイースター・ホリデーで4連休です(Good Friday, Holy Saturday, Easter Day, and Easter Monday)。

コヴェント・ガーデン・マーケットに接するグリル・レストランには、イースター・バニーのディスプレーが登場し話題となっています(28日 Easter Mondayまで)。
a0067582_72301.jpg

陽射しも強い晴天。お昼前でしたのでラデュレ(↓)には、まだ、お客の姿なし(写真撮影にもってこい!)
a0067582_7232632.jpg
a0067582_724152.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-03-26 07:24 | :: Annual Events
Virgin ”Azuma” Trains 「あずま号」
本題の前に、家の前の公園内のガーデンで咲くプリムローズ(primrose)。
a0067582_7295159.jpg

我が庭のプリムローズと同じとは思えないほどの完璧な美しさ!
a0067582_7302347.jpg

晴天だったり、曇りだったり、入れ替わりの日々ですが、日が長くなり、5-6pmでも表は明るいです。数日前の曇りの日の夕方、公園でカイトを飛ばしている人が(↓)
a0067582_7304882.jpg

グレーな空に鮮やかな色の凧、気持ちが明るくなりました。

さて、日本が世界に誇るHigh speed train。今日の英国のトップニュースは、Virgin Groupを率いるRichard Bransonお披露目によるVirgin Azuma (あずま号)。
a0067582_7314076.jpg

Hitachi Rail Europe製です!!(ロンドンのマーブルアーチの北側に本社があります)

London King's Cross - Edinburgh Waverleyを結ぶVirgin East Coastは、今まで4時間半かかりましたが、「あずま号」により4時間に短縮。65台導入される予定。

「あずま」が日本語の"East"のことであると説明する新聞もちゃんとあります。

しかし、それでは満足できない日本人のRie Suzukiさん、スコットランド紙The Scotsmanに、Twitterで返信しました。(BBC Newsの方がよかったかな?!)

何を呟いたか、というと:
@TheScotsman 3-letter (3-syllable) word in Japanese is a lovely custom to name a ‪#‎highspeedtrain‬. ‪#‎あずま‬ ‪#‎Hitachi‬ ‪#‎InspiretheNext‬ ‪#‎VirginAzuma‬
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-03-19 07:32 | :: Vehicle
スラックライニング(slacklining)
8年ぐらい前から、公園などでよく見かけるスラックライニング(slacklining)。

大体、その頃からヨーロッパで盛んになり、ドイツのメーカーの手軽に設置できる製品が注目され、更に、火がついたようです。
a0067582_949181.jpg

晴天の週末は、家の前の公園のここでも、あそこでも・・・

幅が5cm程の平たいSlackline(たるんだ線)の上を歩く綱渡りで、"低く短く"がこのスポーツの特徴ゆえ、落下に伴う危険が(全く)なく、子どもから大人まで楽しめ(運動効果が高いとされ、トレーニング効果も見込めるらしい)アウトドアスポーツ。
a0067582_950996.jpg

元々は、クライマーが滞在先での休養日の暇つぶしに、使い古したロープやクライミングギアを使ってこれを楽しんでいたそうで、1990年代に入ると、クライマーがバランス・トレーニングやパフォーマンスとして行いだし、「スラックライン」と称されるように。

(木にダメージを与えないよう保護する製品とメゾットも確立されているので)主には公園の木などに巻いて設置しますが、自宅の庭にしっかりした木がある人は、自宅でやっていたりするでしょう。
a0067582_9505611.jpg

日本でも、去年あたりから、ヨーロッパ・ブランド製品が登山用品屋さんで売られていると聞きました。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-03-16 09:54 | :: Plants & Parks
イタリア窓「ペルシアーナ」
以前、「手軽なイタリアン・ファーストフード&カフェ」でご紹介した nuvola(ヌーヴォラ)。
a0067582_6282756.jpg

オフィス街にあるため週末はお休み。(お客のいないすっきりした空間の中に)素敵なインテリア・デザインがあったことに気づきました。
a0067582_6292032.jpg

イタリアの家並みによくみられる(窓ガラスの外側に備え付けられる)色とりどりの木製のよろい戸「ペルシアーナ」(persiana)。
a0067582_6332294.jpg

ここ数日、晴天なので、春の自然光がイタリア窓ペルシアーナや(明かりの消えている)店内に差し込んで、なんとも穏やかな光景。

なぜか只今の期間、天井からヤドリギが吊るされ・・・
a0067582_6312877.jpg

ハートの飾りなども・・・
a0067582_629582.jpg

クリスマス?(イタリアにも)ホワイト・デイがあるのか?
a0067582_634471.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-03-14 06:34 | :: Architecture
プリムローズ
primrose(プリムローズ)と聞けば、ロンドンに住む方は、真っ先に、リージェント・パーク北側に隣接するプリムローズ・ヒルを連想されることでしょう。

俳優のジュード・ロウは、この公園をよく散歩されていると聞いたことがあります。

それはさておき、Welcome, primroses!ということで・・・
a0067582_763798.jpg

只今、我が庭には、ラッパ水仙が塀沿いにピーッと一列、そして、シクラメンも咲いていますが、5月に咲くであろうアイリスの周りに・・・
a0067582_774356.jpg

因みに、庭のアイリスはダッチ・アイリス(オランダ菖蒲)ゆえ、ヴァン・ゴッホ「アイリス」(↓)のように咲きます。
a0067582_781155.jpg

ジャーマン・アイリスだと、蘭の花のように華やか(参考↓)
a0067582_784189.jpg

西洋菖蒲はいずれも、(日本のハナショウブやカキツバタと違い)湿地を嫌い、乾燥している地を好みます。

話をプリムローズ(primrose)に戻して、prime「最初の」、rose「バラ」ですが、このroseは「バラ」ではないのです。

primroseは中世英語のprimerole「初めての児」の変形。ギリシャ神話の花の女神・フローラの息子のパラリソスの名前に由来。パラリソスは美青年で、失恋してすっかりやすれはて、ついには死んでしまった。母のフローラは、そんな我が子を不憫に思って、春一番に咲く花であるプリムラ(学名、英名:プリムローズ)の姿に変えたと言わ れています。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-03-06 07:09 | :: Plants & Parks
絵本のキャラクター、(ポピーの花を持った)「フレデリック」
妹が、大宮のソニー・プラザで、羊のショーンを発見と知らせをくれました。私が前回お土産に買っていってあげたから。
a0067582_52557100.jpg

そして、「ポピーを持ったフレデリックもあるので、買ってあげようか?」と。(600円)
a0067582_5265850.jpg

ご存知の方もおいででしょうが、「フレデリック」は、レオ・リオニ(Leo Lionni)というアメリカのイタリア人イラストレーター兼絵本作家の本に登場するキャラクター。

ポピーの花に敏感に反応するのはアメリカ、フランス、ベルギー、オランダ、及び、"英国連邦53国"の人々の特徴といえますね。

赤いポピーの花は停戦の象徴。

第一次世界大戦の激戦区であったフランドル地方、戦い終わってみれば、まるで戦士の血のように野に咲きみだれた一面の赤いポピーの花にゆらい。

第一次世界大戦の休戦日である11月11日午前11時。赤いポピーを胸につけて戦没者を悼む習慣があるからですね。のちに第二次世界大戦も含め、すべての戦争での戦没者を追悼する日に。
a0067582_5274972.jpg

妹、自分の分も買って、「二匹、家に連れて帰りまーす」と。(笑)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-03-06 05:32 | :: Recomendable
モダン車椅子の先駆品を発見!
ハムステッド・ヒース(Hampstead‎ Heath)をお散歩・・・
a0067582_735481.jpg
a0067582_7333766.jpg

丘に建つケンウッド・ハウス(Kenwood House)前の白木蓮が綺麗に咲いています。
a0067582_7341050.jpg

魅力的な歴史、(食器のウェッジウッドに代表される)新古典主義の建築、ギネス伯(ギネスビール創業者)の絵画コレクション。。。と素晴らしいのですが、映画「ノッティングヒルの恋人たち」や、実際にここで育った黒人女性の映画‎「ベル― ある伯爵令嬢の恋―」‎のロケーションでもあります。
a0067582_736681.jpg

この屋敷で、今まで気づかなかったものを発見!

車椅子の歴史は紀元前500年のギリシャまで遡りますが、自走式の現在の車椅子に、より近い形のモダン車椅子は、1750 年ここ英国で誕生しています。

ケンウッド・ハウスには、その初期の車椅子があったのです!
a0067582_7363823.jpg

'Gouty' chair, made by John Joseph Merlin, Georgian England, a forerunner to the modern wheelchair.
ジョージアン朝 = 1714-1830、なので。うおー!
a0067582_7372040.jpg

でも、Gouty「痛風」ってことなので、痛風で痛くて歩けない人が用いた椅子ってことですね(汗)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-03-04 07:37 | :: The First in theW
フィッシュ・ケーキの美味しい食べ方
ケンウッド・ハウス(Kenwood House)のカフェテリアでランチ。
a0067582_7244717.jpg

私の好きなサーモン・ステーキがなかったので・・・
a0067582_726058.jpg

やむなくサーモン・フィッシュ・ケーキ(Salmon Fish Cake)にしたのですが・・・
a0067582_7282636.jpg

盛り付けを見て「いい感じ!」と笑顔に変わりました。
a0067582_7264879.jpg

英国伝統料理「フィッシュ・ケーキ」(Fish Cake)、美味しいと言えるほどの代物ではありませんので、実は、スーパーでも私は素通り(笑)

魚(通常は、スモークした鱈かサーモン)をほぐした(すり身の)コロッケみたいなものですが、サイドディッシュに頭を悩ませる程度が一般的。

しかし、昨今は、このクラシックな食べ物をエッグベネディクト‎風(with a poached egg and wilted spinachってことです)にしてサーブするのがお洒落みたいです。
a0067582_7292025.jpg

しかも、これがなかなか美味しい!
a0067582_72949100.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-03-04 07:30 | :: Food & Beverages
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp