旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
:: Plants & Parks
:: Walk & Streets
:: Annual Events
:: Extra, extra...
:: ShowWindow&Illumi
:: Architecture
:: Literature
:: uk is ...
:: The First in theW
:: Royal Family
:: Food & Beverages
:: Gal./Mus./Theatre
:: TV & Films
:: Recomendable
:: Shopping
:: Vehicle
:: News
:: Countryside
:: Mysteries...?
:: Grumbling
:: Lookup into Space
:: Languages
:: Famous People
:: Japan in the UK
:: Home in London
:: Regular Shooting
:: me-and-my-life
:: Travel
:: Japan
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
セント・パンクラス駅、オリンピック五輪をぶつ切り再利用
ヒースロー空港を離発着する飛行機も遅れとキャンセルという強風と雨で始まった「ブリティッシュ・サマー・タイム」。(強風のため、雨でも傘がさせません)
a0067582_4431883.jpg

今日から、日本と英国の時差は(9時間ではなく)8時間です。

本題に入る前に・・・

実は上の写真の灰皿にズームインすると、どうやら、強風と雨の中、たった一本の紙タバコ(この天気の中、紙に葉を詰めて巻くのも一苦労でしょう)に、17本のマッチを費やした人がいたみたいです。
a0067582_44459.jpg

哀れというべきか、アホというべきか?!

さて、本題ですが、2012年のロンドンオリンピックの時、セント・パンクラス駅(St Pancras Station)構内に飾られていた五輪(↓)を覚えておいででしょうか。
a0067582_4444043.jpg

その五輪のリングは、現在、ぶつ切りにしてシートとして、セント・パンクラス駅に設置されています。
a0067582_4452437.jpg

熱く盛り上がったあの夏を、3年経とうかいう今も、こうして思い出させてくれるトレイルがロンドンには沢山あります。
a0067582_4455679.jpg

東京オリンピック終了後も、そんなふうだといいですね。
a0067582_44615100.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2015-03-30 04:46 | :: Architecture
Cinderella costume exhibition
3月21日から4月10日まで、レスター・スクエア(Leicester Square)では、ディズニーによる「シンデレラ・コスチューム・エキシビション」が催されています(自由・無料)。
a0067582_485732.jpg

ドレスの数々が展示されているようです。スワロフスキーがスポンサーなので、さぞや、中は華やかなのでしょう(急いでいたので入場していなのです)。
a0067582_495420.jpg

ちょうど、映画「シンデレラ」の上映が始まったことと、今週末から英国の学校はスプリング・ホリデーに入るので、プリンセス好きの女の子をターゲットにしているわけですが・・・
a0067582_4105137.jpg

ギフトショップなんかもあります。
a0067582_4112675.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2015-03-25 04:12 | :: TV & Films
リブランドしたボリス・バイク "Santander Cycles"
これまでバークレーズ銀行(Barclays)がスポンサーをつとめていたボリス・バイク。

ロンドン中心部の歩道には沢山のサービスステーションが設けられていて、自転車(ボリス・バイク)がセルフで借りられます。

バークレーズ銀行が契約を更新しないことを明らかにしたことから、ロンドン交通局は新たなスポンサーを探していたわけですが、7年間のパートナーシップを結んだ新たなスポンサーは、サンタンダー銀行(Santander)。
a0067582_448119.jpg

3月から徐々に、リプレースされた赤い"Santander Cycles"がお目見えしているのですが、今日、初めてバークレーズのブールのバイクが並ぶ中に紅一点、サンタンダーの赤いバイクを発見!

ロンドン・バスや郵便ポスト、電話ボックスといったロンドンのアイコニックな赤とマッチしているという意見もありますが、どうなんでしょう?
a0067582_4473483.jpg

赤いバスと赤い自転車が走ったのでは、同化して、他の車からすると危ないかもしれませんね。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2015-03-23 04:48 | :: Vehicle
"Gift Horse" - power, money and history
1999年から始まったトラファルガー広場「第四の台座(Fourth Plinth)」プロジェクトの10番目の作品が、今月初旬、ロンドン市長ボリス・ジョンソンの威勢のよいスピーチによる序幕式でお披露目となりました。

(公募により、優勝作品が1, 2年、トラファルガー広場の台座の一つに展示されるという公共美術プロジェクトのロールモデルになっています)

来年2月まで展示される、お目見えした作品は、「ギフト・ホース」(Gift Horse )というタイトルの馬の骸骨の青銅彫刻。
a0067582_6393787.jpg

そっとあげた左前脚には、大きなリボンが結ばれているのですが、このリボンは、ロンドン証券取引所のライブ字幕ニュースが電光掲示されているので、文字が流れているんです。
a0067582_640812.jpg

ドイツ出身で米国を拠点に活躍する彫刻家、ハンス・ハーケ(Hans Haacke, 79歳)氏が、ナショナル・ギャラリーに展示されていたジョージ・スタッブスの「馬の解剖学」を見て、インスピレーションを受けて作った作品なのですが、多くの意味を含んでいます。

皆様ご存知の通り、ロンドンの街中には大変多くの騎馬像があることで知られており、騎馬像都市といっても過言ではありません。

そして、ミュージカルや映画にもなった児童文学「ウォー・ホース」は、第一次世界大戦に参戦した英国の軍馬を主人公にしたもの。

ロンドン証券取引所のライブ字幕・・・

作品は、パワー、マネー、歴史(power, money and history)をリンクさせることにより完成をみた作品なのです。
a0067582_638562.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2015-03-22 06:41 | :: Annual Events
A wonderful vista of yellow!
今年もまた、この季節!
a0067582_547670.jpg

英国ののシンボルといえば、黄色が鮮やかな「ラッパ水仙」(Daffodils)。
a0067582_547462.jpg

黄色は同時に春のシンボルカラーであり、イースター(Easter, 復活祭)のカラーでもあります。
a0067582_5481541.jpg

セント・ジェームズ公園のラッパ水仙は、今、見ごろを向かえています。
a0067582_5484178.jpg

お隣のグリーン・パークは、もう、1, 2週間あとになるでしょう。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2015-03-12 05:49 | :: Plants & Parks
DropIt Shopping
ロンドンのショッピング・ストリートは、ショッピング促進のために、「ショッピング・デイ」などを設けて、その日は通りを封鎖し歩行者天国にしたりと、さまざまなことを行っていますが、ショッピング促進のためのビジネスもあります。

それが、DropIt

物や量によっては、買い物した商品を持っていては(かさばって)邪魔、ということがありますよね。そこで、DropItは、同日配達サービスのキオスク。
a0067582_542202.jpg

DropItは、(Armani Exchange、Wolford、Camperといった)ショップ、ストアの店内や、こんなキオスクでお預かりの受付を行っており、最寄のカウンターを携帯で検索できます。

配達場所は、自宅はもちろん、(お泊りの)ホテルでもOK。

リージェント・ストリートだけでも、路上にキオスクが二箇所、4つの店舗内にデスクがあります。

Free delivery! と書いてあったのですが、本当に無料なのかは、まだ、試していないので不明。

おまけの写真は、まるで、夏の日を思い出させるような人出のピカデリー・サーカス(↓) 気温がいっきに上がり、過ごしやすい晴れ間が続いていました。
a0067582_544816.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2015-03-09 05:44 | :: Shopping
英国硬貨の肖像画
もう、一週間前の月曜日のことになりますが(3月2日)、朝10時少し前、ナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery)の向かいにあるプレタマンジェに入ったら・・・
a0067582_4564285.jpg

本格的なカメラとパソコンの画面には何枚もの画像

お持ちの資料は、ロイヤル・ミント(Royal Mint)からのプレスリリース。
a0067582_457810.jpg

コーヒーを飲みながら携帯電話でTwitterを開いて、理由がわかりました!ナショナル・ポートレート・ギャラリーで記者発表があり、終わったばかりだったんです。

英国の硬貨の片面には、いずれも、その御世の国王の肖像が描かれていますが、女王様の肖像もお若い時のままというわけではなく、今回が5回目となる肖像画の改定という記者発表。
a0067582_4574076.jpg

ナショナル・ポートレート・ギャラリー(国立肖像画美術館)での記者発表というのに納得!

開館前の時間を使って、ロイヤル・ミントが貸切り記者発表を行っていたわけです。

写真(Telegraphより)の右側に立っている方がロイヤル・ミントのチーフ・エグゼクティブであるアダム・ロウレンス(Adam Lawrence)氏なのですが、やはり、少し離れたプレタマンジェの店内で取材を受けているのも発見(さすがに、写真は撮りませんでした)。

今後、2015年から鋳造される英国硬貨の女王様の肖像は、以下のような今の女王様。
a0067582_4585698.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2015-03-09 04:59 | :: Royal Family
お薦めイタリアン・レストラン、なんせテラミスが!
昨日は、同僚とランチ。数日前に Regent's Place からEmailで案内のあったイタリアン・レストランに下見がてら行ってみました。この同僚は、いつも、下見につきあってくれます。

リージェント・パークのすぐ東側、BTタワーの北側に位置するオフィスビル群を有するRegent's Place地区にある Giovanni Rana というレストラン(ニューヨークにあるのが本店のようです)。
a0067582_4582037.jpg

内観は撮影しませんでしたが、広々としていて、天井も高く、白で統一された素敵な空間。
a0067582_459021.jpg

雰囲気もいいし、料理もしっかりした味とボリュームで、同僚、大感激でした。
a0067582_4592871.jpg
a0067582_4594317.jpg

一番、気に入ったのが、ジャー(瓶)入りでサーブされるデザートのテラミス
a0067582_501131.jpg

適度に冷えたテラミスに、自分でチョコレート・パウダーを振り掛けるんです。甘すぎず、さっぱりした味で、同僚は「美味しいー!」「美味しいー!」を連発していました。
a0067582_503018.jpg

パスタ類は12~16ポンド、デザートは4.50~6ポンド。誰かとレストランで(ちゃんとした)食事をするということを考えた時には、手ごろな金額です(お肉料理や、イタリア料理の前菜などもメニューにあります)。

朝7.30AMから営業していますので、お昼少し前に行くと空いていて快適です。

Giovanni Rana
17-19 Triton Street, Regents Place
London NW1 3BF
Telephone: 0207 096 9878

Opening Times
Mon-Fri: 7.30AM-10.00PM / Sat: 12.00AM-10.00PM
Sun: close
[PR]
by rie-suzuki67 | 2015-03-01 05:02 | :: Food & Beverages
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp