旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2014年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
250年前のオリジナルの色を取り戻したケンウッド・ハウス
昨年、一大改修工事を行い、その扉を閉ざしていたハムステッド・ヒースの丘の北端に佇むケンウッド・ハウス(Kenwood House)。

映画「ノッティングヒルの恋人」のロケ地として、皆様、お馴染みのことでしょう。
a0067582_6295888.jpg

約250年の間に塗り直しが繰り返された末に、オリジナルとは異なる姿になっていたケンウッド・ハウスが、専門家たちにより注意深くペンキの層が剥がされ、また、当時どのような顔料が使われていたか、色合いだけでなく成分検証も行われたそうです。

その結果、白と水色、淡いピンクに包まれた明るいイメージの空間が蘇り、高い評価とともに注目されています。これまでにここを訪れたことのある人にとっては、その違いの大きさに驚かされることでしょうから、是非、再訪をお薦めする場所です。

1616年に最初の家が建てられ、1754年に英国スコットランドのマンスフィールド伯爵(ウィリアム・マレイ, William Murray, 1st Earl of Mansfield, 1705-93)が周辺の土地と建物を購入し、大掛かりな改築を新古典主義のスコットランド人建築家ロバート・アダムに依頼したことにより特質すべき屋敷となりました。

マンスフィールド伯爵ウイリアム・マーレーは、歴史に残る高名な判事でした(特に、奴隷制を禁止するきっかけを作ったことで知られ、黒人奴隷に関して、彼らに有利な最初の判例を下した人物です)。
a0067582_631821.jpg

1764年から1779年の16年の月日を費やし、ケンウッド・ハウスを外装、内装ともに完全に作り変えたロバート・アダムの新古典様式とは、なんか(陶器の)ウェッジウッドを連想させるでしょ?!

それもそのはず、この当時の人気デザイン様式である新古典主義の代表的な食器がウェッジウッドで、ウェッジウッドはこの時代に創業された陶器メーカーです(建築ばかりではなく、家具、食器などの工芸分野でも、この様式は人気だったんです)。

玄関ホールに置かれているは、上部が引き上げ式ふたになっていて、中にフォークナイフを昔は収納していたもの。
a0067582_6322097.jpg

「アダム・スタイル」が鮮明に出た図書室(Great Library)が、この屋敷の目玉。
a0067582_6322874.jpg

西側に突出した既存のオランジェリー(オレンジなど柑橘類を育てるための温室)とのバランスを取るため、東側に増築した部分というのが図書室で、マンスフィールド伯爵のご自慢の場所で、客を招くサロンとしても活用することを念頭にデザインされました。

フリーズの装飾のライオン鹿は、伯爵の紋章をモチーフにしたもの。

天井の19枚神話画は、マンスフィールド伯爵の功績を称えています。

北側の壁には、大きな二枚のがありますが、これは、南側に広がる庭とロンドンの眺めを反射させて見せるために設置されたものです(ブラインドウが引かれているので下部しか写真ではみえませんが)。
a0067582_6335648.jpg

暖炉の上には、初代マンスフィールド伯爵の肖像画。
a0067582_634219.jpg


>> まだまだ続くケンウッド・ハウスの内部(続きを見る More...)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2014-08-31 06:46 | :: Architecture
リッチモンドのティー・ルーム
せっかくリッチモンドに来たのに、スタバやCostaといったカフェチェーンでお茶をするのは味気ない、という方にお薦めの(リッチモンド)近くのティー・ルーム「The Tea Box」
a0067582_763429.jpg

これを見ただけで(↓)ご想像いただけると思いますが、一般的な各種ブレンドティーはもちろん、これでもか!というぐらい銘柄が揃っています。
a0067582_765764.jpg

店内は、クラシックな調度品で落ち着いた雰囲気。地元の年輩の女性たちが気軽に・・・
a0067582_773260.jpg

アフタヌーン・ティーやハイ・ティー、クリーム・ティーといったセットメニューや、各種ケーキ、サンドウィッチなどの軽食もあり、値段が手ごろ。

私たちは、お腹は空いていないけれど、ちょっと喉が渇いていただけの休憩なので紅茶(どれも3.40ポンド)を注文。
a0067582_774084.jpg

写真は、ヴァニラ・ブラック(Vanilla Black, ヴァニラ・ビーンズの香りをプラスしたほのかな香りと、口には優しい甘みが広がるハーブティー)とダージリン・ザ・セカンド・フラッシュ(Darjeeling 2nd Flush, 「紅茶のシャンパン」と称される、夏摘みダージリンのみのブレンドで、芳醇な味わいでありながら、みずみずしくフルーティーな香りとすっきりしたのど越しの、飲みやすいセカンド・フラッシュ)。

ミルクと砂糖を入れて、まろやかな英国式ティー・タイム。

この砂時計は、3分、4分、5分の三種類がついていて、お好みので出具合でという気配り(ポットの中は、ティーバッグではなくリーフです)
a0067582_7854.jpg

そして、ご清算をお願いすると、ビルの入った玉手箱が!(素敵) 財宝ならぬお金を玉手箱に入ててお返ししました。
a0067582_7103644.jpg

ハイストリートであるジョージ・ストリートから一本裏手に入っただけのパラダイス・ロードにあります(テスコの後ろ辺り)。

7 Paradise Road
Richmond
TW9 1RX
[PR]
by rie-suzuki67 | 2014-08-29 07:11 | :: Food & Beverages
コンスタブル・カントリー(1) 絵画の風景を求めてフラットフォード
英国人に好きな画家を尋ねたなら、三本の指に入るほど愛されている風景画家ジョン・コンスタブルJohn Constable, 1776-1837)。

彼の絵画、そして愛される理由は、彼の故郷であるサフォーク州(Suffork)の小村フラットフォード(Flatford)の景色無しには語れません。
a0067582_344546.jpg

天気に恵まれた先週の土曜日は、ナショナル・トラスト推奨のウォーキング・ルートを歩き、200年以上経った今でも、コンスタブルが描いた風景とほとんど同じである、正に驚きの景色に触れてきました。
a0067582_3422166.jpg

ロンドン・リヴァプール・ストリート駅から(乗換え無しで)55分、マニンツリー(Manningtree)駅で下車したとろから、すぐにルートは始まります。

1900年代初頭、コンスタブルの絵の中の風景を追ったパッケージツアーまでできるほどの人気であった「コンスタブル・カントリー」ですが、ブームが去り、荒れ果てた地となったこの地を救ったのがナショナル・トラスト。1943年にナショナル・トラストの手に渡ってからは、再び、コンスタブルの絵の世界に蘇りました。 
a0067582_3501942.jpg

Manningtree駅から徒歩40分程で、コンスタブル・カントリー最大のアトラクションであるスタウアー川のほとりの小集落フラットフォード(Flatford)に到着します。フラットフォードは、村(Village)よりも規模が小さいゆえ、英語ではハムレットHamlet, 小村)となります。

比較的裕福な農家を営んでいたコンスタブルの父は、小麦と石炭の商人でもあり、小麦を引くための水車小屋(フラットフォード・ミル、Flatford Mill)を、このフラットフォードに所有していました。写真は、現在も保存されているフラットフォード・ミル(↓)
a0067582_34651.jpg

コンスタブルは少年時代、この辺りで、よく時を過ごし、彼の代表作の殆どがこの周辺の風景。実際、1812年~1825年の間、毎年のロンドン、ロイヤル・アカデミーでの展覧会で、彼が、スタウアー川を題材としない展示をしたのは、たったの2回だけでした。

「フラットフォードの水車小屋」(Flatford Mill、ロンドン・テート・ブリテン蔵) 絵画の奥に見えている茶色い建物が父親のフラットフォード・ミルです(↓)
a0067582_346212.jpg

彼は、1799年にロイヤル・アカデミー(美術学校)へ入学し、ロンドンで寄宿を始めますが、結婚し、ロンドンへ永久に移り住む1816年まで、両親の家を自宅とみていたということです。この絵画「フラットフォードの水車小屋」は、結婚直前の1816年に戸外で描きはじめたスケッチを元に、去らねばならぬ故郷で過ごした少年期へのノスタルジアの集結のような作品と言われています。

>> 最も有名な代表作「干草車」まで一緒にフラットフォードを散策(続きをみる more...)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2014-08-27 03:56 | :: Countryside
コンスタブル・カントリー(2) イース ト・バーゴルト村
イース ト・バーゴルト村は、ウォーキング・ルート地図の一番北の先端です。

フラットフォード(Flatford)から、なだらかな坂を北西に20分くらい上がり切った丘の上にあるサフォーク州(Suffork)イース ト・バーゴルト(East Bergholt)村は、コンスタブルが生まれ育った村

ウォーキング・ルート地図の一番北に、まさにあるのがセント・メアリー教会。15~16世紀に建てられた教会ですが、ひらべったい屋根、が収容されるべきがない!ことにお気づきでしょうか?!
a0067582_3373186.jpg

16世紀に建設費が滞ってしまったために塔が建てられず、いつかは塔が付けられ、そこに収容されるはずだった5つの鐘が500年近く経った今でも・・・

仮住まいの小屋(ベルケージ)に収められています(↓)このベルケージはチャーチヤード(教会敷地内の墓地)に建っています。
a0067582_3382256.jpg

英国で一番重たいと言われている5個の鐘です。
a0067582_3382646.jpg

通常、教会の鐘は、塔の上部の鐘に付けられたロープを下で引っ張って鳴らしますが、こういうベルケージの中という状態ですから、重いベルを逆さの状態で設置し、鐘を人間が手で鳴らしています(ベルリンギング)。当然、耳当てが無いと無理なので、置いてあります。

さて、この資金切れの張本人とは・・・、言いかえれば、この資金を出す予定だった人物は、サフォーク州にあるイプスウィッチ出身であり、ヘンリー8世治下の大法官を務めた聖職者のトマス・ウルジー(Thomas Wolsey, 1475-1530)だったと言われています。

ヘンリー8世の離婚問題をめぐり失脚、ハンプトンの館(後のハンプトン・コート宮殿)を王に献上するはめになり、あげくは、反逆罪の罪をきせられ逮捕され、ロンドン塔へ送られる道中で死亡。鐘を収容するための塔の建設の話は、おじゃんとなったわけです。

少年コンスタブルが通った学校は、自宅のあるこのイース ト・バーゴルト(East Bergholt)村から丘を南西に下りたエセックス州(Essex)の外れの村デダム(Dedham)。

写真では平地に見えるかもしれませんが、これは(↓)イース ト・バーゴルトからデダムとへ下る丘の上から、デダムと(蛇行して流れる)スタウアー川を望む景色。
a0067582_3392694.jpg

肉眼で、ランドマーク的存在のデダム教会の塔がちゃんと見えています。

もちろん、通学路であったこの景色をコンスタブルも描いています。「The Stour Valley and Dedham Village」(スタウアー川の谷とデダムの村、ボストン美術館蔵)
a0067582_3394019.jpg

さあ、丘を下ってデダム村へ。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2014-08-27 03:39 | :: Countryside
コンスタブル・カントリー(3) デダム村
自宅のあるイース ト・バーゴルト(East Bergholt)村から丘を南西に下りたエセックス州(Essex)の外れの村デダム(Dedham)。

平地に下りきりスタウアー川に沿って(川の北側を)歩いていると、始終、ボート遊びをしている人と出会います。
a0067582_3273060.jpg

デダム村に到着(↓)
a0067582_3281867.jpg

風景画家コンスタブルですが、三枚しか存在しない珍しい宗教画の一枚が、このデダム教会にあります(↓)
a0067582_3285494.jpg

ここからの景色も(↓)、彼は描いています。
a0067582_3292637.jpg

さあ、こんな可愛らしいペインティングの建物(↓)が並ぶデダム村に来たなら、やはり、ティータイムが必須。
a0067582_330548.jpg


>> 地元のジャムでティー・タイム(続きをみる More...)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2014-08-27 03:34 | :: Countryside
渡し舟
風光明媚な場所を、上(リッチモンド・ヒル)から眺めるのもいいですが、逆に、下から(テムズ河水面に浮かんで)見渡すというのも‎、気分転換になりよいものです。

リッチモンドを訪れたならジョージ二世のお妾さんヘンリエッタの住まいであったマーブル・ヒル・ハウスを有するマーブル・ヒル・パークに立ち寄られる人も多いでしょうが、そのお隣には、フランス革命によってフランスから亡命して来たオルレアン公爵が住んだ屋敷「オルレアン・ハウス」(ORLEANS HOUSE)が森の中に佇んでおり、現在は、ギャラリーとして一般公開されています。
a0067582_619437.jpg

フランス革命(1789年)‎の後、ルイ16世の弟である(後の王政復古によって国王になった)シャルル10世(この人もロンドンで亡命生活をおくっています)のあと、フランス王国最後の王様となったのがオルレアン公爵(後のルイ=フィリップ1世、1773-1850)。

結局、1848年「2月革命」が勃発して、ルイ=フィリップ1世は退位し、再び、英国に亡命し、その際には、ヴィクトリア女王からサリー州エシャー(Esher)にあるクレアモント・ハウスをあてがわれ、76歳、同地で没しています。

オルレアンズ・ロードの突き当たりには、船着場があります(地図の矢印の場所)。
a0067582_619485.jpg

タイムスケジュールがあるわけではなく、向こう岸に渡りたい人が現れると、小屋から船頭さんが出てきて渡してくれます(大人1ポンド)。
a0067582_61941100.jpg

いつもは、「ロンドン一のベスト・ヴュー」と称される、ちょうどテムズが蛇行して流れるこの箇所をリッチモンド・ヒルの丘の上から眺めるのですが、逆に、河からリッチモンド・ヒルの丘を眺めたというわけです。
a0067582_6213912.jpg

あっという間に、対岸についてしまいますが・・・
a0067582_6234078.jpg

それでも、お薦めです。
a0067582_6231048.jpg

対岸は、スピリチュアルな世界「オーラの泉」で知られた江原啓之さんも訪れたことのあるハム・ハウスがちょうどある場所で、こちら側でも、子どもたちがお待ちかねで、私たちを下ろすと、彼らを乗せて戻っていきました。
a0067582_624678.jpg

リッチモンド・ヒルから丘を下ってテムズの南側のフット・パスを歩き、ピーターシャム・ナーサリーやハム・ハウスへ、という定番のルートをとられる場合、対岸のマーブル・ヒル・ハウスやオルレアン・ハウスへは、このボートで渡って、再び、南側へ戻られるのが便利です。

昔は、現在よりも遥かに、川は、大変、重要な交通網でした。川沿いの屋敷には、必ず、河辺にも、もう一つの水の玄関が設けられていました(船着場でありながら立派な門構えであったりもします)。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2014-08-23 06:24 | :: Recomendable
お気に入りの記念碑「アガサ・クリスティ メモリアル」
彼女の記念碑だから好きなわけではないのです!理由がありまして・・・

レスター・スクエア(Leicester Sq.)、そしてお隣のコヴェント・ガーデン(Covent Garden)地区は、有数の劇場がひしめく「ウェスト・エンド」と呼ばれるエリア。

レスター・スクエア駅のすぐ東側、モンマス・ストリート(Monmouth Street)とセント・マーティン・レーン(St. Martin Lane)がぶつかる六差路のところに、彼女に敬意を表してブック型のメモリアルが立っています。
a0067582_534068.jpg

アガサ・クリスティ(Agatha Christie)は、推理小説家であり、劇作家でもあり、彼女の戯曲「ねずみとり」(The Mousetrap)は、1952年の初演以来、現在までロングランを続けており、世界で最も長い連続上演記録を更新中です。

60年を記念した2012年に設置されたこの記念碑の近くに、The Mousetrapを上演している劇場「セント・マーティンズ・シアター」(St Martin's Theatre)があります。

なぜ、お気に入りなのか?! という理由ですが・・・
a0067582_542795.jpg

この記念碑の裏側 (セント・マーティンズ・シアターに面した側)には、彼女が世に送り出した二大名探偵、エルキュール・ポワロ(Hercule Poirot)とジェーン・マープル(Jane Marple)。

そして、「ナイルに死す(Death on the Nile)」を暗示するエジプトのピラミッドやスフィンクス、「オリエント急行の殺人(Murder on the Orient Express)」の列車が刻まれています。

このジェーン・マープル、ジョーン・ヒクソン(Joan Hickson, 1906-1998)なんですよ!
a0067582_551363.jpg

今でこそ、itv がミス・マープル役として数々の女優さんを使ってドラマ化をしていますが、元祖BBCドラマ「Agatha Christie's MISS MARPLE」(1984-1992, 12編全てドラマ化)で、ミス・マープルを演じたジョーン・ヒクソン。

生前、クリスティ本人から「年を経た暁には、ミス・マープルを演じて欲しい」と言われていた逸話のある、まさに、クリスティの描くミス・マープルのキャラクターに最も近いジョーン・ヒクソンの演技。

私は、彼女が演じた「ミス・マープル」シリーズが大好きなんです(特に、「復讐の女神」は最高で、この作品により、ミス・マープルのキャラクターをはっきりと認識できたのです)。

日本のツタヤで借りられる「ミス・マープル」シリーズは、このジョーン・ヒクソンが演じるBBC制作のものです。

この記念碑で、ジョーン・ヒクソンの「ミス・マープル」姿を、いつも見れるのが嬉しいのです。

今日、わたしめは、この近くのセブン・ダイヤル、ニールズ・ヤード辺りにいました。写真は↓、ニールズ・ヤードにあるニールズ・ヤード・レメディーズ(Neal's Yard Remedies)本店。
a0067582_561558.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2014-08-18 05:06 | :: Walk & Streets
The Best Outdoor Cinema
お休みの日は、静かな場所で過ごすことが好きなので、今日(土曜日)は、休日のオフィスビル街(Regent's Place)の広場 (Regent's Place Plaza "Triton Square")で、映画鑑賞。
a0067582_2174749.jpg

Regent's Placeは、地下鉄「Warren Street」駅の向かい側のモダンなオフィスビル群が集まった場所で、Santander UKの本社ビルがあったり、トリトン・スクエアに面してプレタマンジェやスタバ、別のビルの一階にはitsやSainsbury'sといったショップも入っています。
a0067582_2184032.jpg

しかし、週末ですから、ビル街はガランガラン。居るのは、映画鑑賞の人だけですが、あまり知られていない穴場的なオープンエア・シネマゆえ、人も少ないのです。

とことん、平穏が好きなわたくしめは、広場に面したスタバでコーヒーを買って・・・
a0067582_2192272.jpg

だれも座っていない表のテーブル席で、(皆でみるというより)一人で映画をみていました。
a0067582_2195069.jpg

通常は、夕方からの上映スケジュールで大人向けの映画なのですが、今日は、夏の週末の昼間ですから子ども(家族)向けの映画「レゴ・ムービー」(The LEGO Movie)。

しかし、大人のグループも(スーパーマーケット)Sainsbury's の袋をたくさん持ってやって来て、ピクニック感覚でみていました。
a0067582_2221886.jpg

(実写の本当の人間の)父と息子の絆、それを演出するためのストーリーとして登場するレゴのキャラクターたち、って感じで、なかなか童心に戻って、なんといっても静かで、幸せなひと時でした。
a0067582_2225480.jpg

上映スケジュールは、こちらでご確認できます。(無料・自由)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2014-08-17 02:23 | :: Annual Events
父親の権利
先週末から、ぐっと気温が下がって 20/21度あたりのロンドン。

ハイド・パーク・コーナーに面する(ハイド・パークの)グラント・エントランス(The Grand Entrance)の上には、数日前から、抗議活動団体 New Fathers 4 Justice の方々が、テントも張って、居座っちゃています。
a0067582_3354038.jpg

スーパーマンをかたどったジンジャブレッドの胸に "スーパー・ダディ" と書かれた「父の日」のお菓子なんかも目にしますが、このもスーパーマンのコスチューム。

従って、グラント・エントランスを、ここ数日、警察が包囲しているので、ハイド・パーク内へは、このゲートを抜けて入ることができず、脇から。これは裏側から(↓)
a0067582_3355959.jpg

New Fathers 4 Justice は、家庭裁判所システムに抗議する団体で、父親子どもに会う権利を主張する活動を行っています。

日本と異なる英国では、離婚やセパレートした親の子どもに関する親権は、基本的には両親50/50で、大抵、子どもは母親と暮らし(母が働かずに子どもの面倒をみる)、父親はお金を稼いで、毎月、毎月、渡すのが通常です。

どれぐらいの頻度で、父親が子どもに会えるか・・・、それは、ケースバイケースになっちゃいますよね。

おまけの情報として、ロンドンのナショナル・ギャラリー写真撮影を解禁したと、一昨日の新聞で報じていました。
a0067582_337715.jpg

あそこは、携帯電話が鳴っただけで厳しく注意される場所ですが、各部屋の係員によれば、iPadなどで絵画についての内容を見ている人と、それとも、それを使って、こっそり写真を撮っている人との判別が難しい、というのが理由。

絵画の前で、セルフィー(自分撮り)をする人が増える(セルフィーのメッカになる)として、じっくり絵画を鑑賞したいという人々から不満の声が上がっています。

ともあれ、ナショナル・ギャラリーは、写真撮影を解禁しました。

三枚とも、今日(8/15, 金曜日)の写真です。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2014-08-16 03:38 | :: News
空気入れ
自転車推進都市・ロンドンには、町内の歩道に、Bike Pump(バイク・パァンプ、自転車用空気入れ)が設置されている親切ぶり(もちろん、無料です)。
a0067582_212569.jpg

因みに、日本語の「ポンプ」という言葉は、オランダ語の 'pomp' から来ており、英語の 'pomp' は「華麗、華やかさ」なっていう意味になります。日本語の「ポンプ」に相当する英語は pump(パァンプ)。

ロンドン・ユーストン駅の自転車置き場にも、Network Railway(英国鉄道網のインフラストラクチャー管理会社)による空気入れと・・・
a0067582_2133480.jpg

なんと!自転車を修理するためのスパナをはじめとする数種の小道具までご用意してくださている有様。
a0067582_2135139.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2014-08-15 02:14 | :: Vehicle
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp