旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
季節はずれの伝統デザート
英国で「サマー・フルーツ」といえば、連想するのはストロベリー、ラズベリー、ブラックベリー、ブラックカラント、レッドカラントといったベリー類。

「サマー・フォレスト」なんていう、いかにもベリー類のミックス状態をイメージさせる言い方もあります。

さて、起源ははっきりとわかっていませんが、ヴィクトリア時代が終焉をむかえようかという1800年代の終盤から1900年代の初頭には大人気となる英国の伝統的な家庭の夏のデザート「サマー・プディング」
a0067582_13291429.jpg

ベリー類がゴロゴロ入ったプディングというわけです。私は、これが大好き!

スウィートというより、ベリーのすっぱさが引き立つサワーな、さっぱりとしたデザートとして、英国では夏の定番中の定番なのであります。なんせ、この時季のクリスマスのお菓子類は甘いものが多いので、ダイエットを考え、よけいにひかれます。
a0067582_13301811.jpg

元々は、古くなった食パンとフレッシュではなくなったベリー類のフルーツを有効活用したのが始まり。

この手の(残り物やら、古くなってきたとかいう類の)起源をもつフードが多いこの国。食パンをデザートにしてしまうのですから、なんとも質素堅実な英国人らしいです。
a0067582_1330476.jpg

私が友人のイングリッシュに、waitroseで「サマー・プディング」が売られていたと話すと、不思議な顔をして、「6, 7, 8月のデザートなのに、この時季にサマー・プディングを作るシェフって???」と。(ナンセンスなわけで)

主な材料が食パンとベリー類のみ、(オーブン調理やバター&小麦粉など不要)冷蔵庫で一晩寝かすだけなので、最も簡単に作れるデザートといわれています。

サイズは大きくても小さくてもいいのですが、ボールやカップに耳を取った白い食パンを敷き、水で煮た(お好みで砂糖を加えてもOK)ベリー類をその上に詰めて、煮汁をかけ、また食パンで上部に蓋をして、ちょっと煮汁をまたかけておいて、冷蔵庫で一晩寝かせると綺麗なピンクに色に。(日がたてば、もっと染みて紫に)
a0067582_13311450.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2011-12-07 13:31 | :: Food & Beverages
クリスマス・プレゼント
午後4時のDuke of York Square。
a0067582_18352668.jpg

光るスノー・ボールの美しさに、空の本物のが負けています。
a0067582_18355343.jpg

キングス・ロードは、ツリーのイルミネーション(もう何年も変わらずこれです)。
a0067582_18361711.jpg

さて、知人宅(51歳のカップルのフラット)を訪れると、小振りですが本物のもみの木が飾られていました。
a0067582_18364379.jpg

もらったクリスマス・プレゼントは、もみの木の袂に置いておいて、クリスマス・デイ(12/25)の朝に開けるという楽しみが習慣ですが、よく見てください・・・包装紙が全部一緒でしょ。

この時季のもみの木の袂には、自分が用意したプレゼントが置いてあるのが一般的でしょう。

ざっと数えて、大小25個は確実にありました。とある友人は毎年、夫の仕事関係・子どもの学校関係・親戚で約50個をラッピングすることを常としているので、まだましな方でしょうが、「ラッピング、お疲れ様でした」。
a0067582_18372859.jpg

写真がぼけぼけでわかりづらいと思いますが、どれが誰にだかわからなくならないように、それぞれに「To: xxxx Happy Christmas From: xxxx & xxxx」とメッセージ付きでラベルが貼られていました。

もちろん、クリスマス・カードも一緒に渡すわけですが、このラベルに、「賢い!」と学びました。

「プレゼント用です」と言うとお店の店員さんがラッピングをしてくれるのが常の日本であるのに、日本人女性は比較的ラッピングが上手です。逆に自分でラッピングすることを(このように)常として慣れているはずの英国人なのに、どうして、ラッピングが下手なのか?いつも不思議に思います。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2011-12-06 18:38 | :: ShowWindow&Illumi
LEGO のジャンボ・ツリー
ユーロスターの発着駅であるセイント・パンクラス駅(St. Pancras Station)のクリスマス・ツリーは、ちょっと、変わっています。
a0067582_8205665.jpg

何が変わっているか、というと、幹も!枝も!オーナメントも!全部、LEGOブロックで(組み立てられ)作られていること。
a0067582_8174528.jpg

60万個のブロックが使われているそうです。

LEGO(レゴ)は、デンマークのプラスティック製組み立てブロックの玩具メーカーとして世界に知られていますが、その創業者という人が、私的には、信じられない!と言いたいほど、凄い人です。
a0067582_8183832.jpg

デンマークの貧しい農家に13番目の子として生まれ、大工の修行をし、慎ましやかな木工所(家具屋さん)を営みますが、火災で全焼、世界恐慌、失業など、これでもか!という災難に見舞われる度に、「これは良い機会に違いない」と良い転機ととらえて変貌させ、最終的にはプラスティック製の組み立てブロックのおもちゃ屋さんへと発展させた人。
a0067582_8192028.jpg

かつて、初めてこの創業者のことを知った時、私は、すごいと感服したのもつかの間、次に思ったことは、こんな人はありえない!普通は、気が狂うか、やけになるか、自殺をしているはず。「あ~、この人は、(不屈の精神なんかではなく)超楽天的な、何でも前向きに考える人だったに違いないと思ったわけです。
a0067582_8202772.jpg

責任感が強い人ほど、うつ病になりやすいそうですが、人間はそうならないために上手くできていて、その一歩手前で、「まあ、どうにかなるか」「なるようになるしかないな」と開き直るという回避本能が備わっているから、多くの人は救われているんだと思います。

こんなご時勢ですが、皆様、あまり考えこまず、どうぞ、追い詰められた時は、このLEGOのブロックを思い浮かべて開き直ってみてください。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2011-12-04 08:21 | :: Annual Events
スイス・グロッケンシュピール・クロック
昨日の昼1時頃、ジェントルマン通りとして知られるジャーミン・ストリート(Jermyn Street)のお店から出てきた所で、ばったり、向こう岸の歩道からこちらの歩道へ渡ってきたこの人と鉢合わせ!
a0067582_1953892.jpg

おっ!えっ?てな具合に、(良く似た人というのは世の中たくさんいるものなので)顔のパーツを、パッ、パッ、パッとチェックして、やっぱり、ヒュー・エドワーズ氏(Huw Edwards)。

彼が歩道に足を踏み出し顔を上げた瞬間のことでしたが、じっと見たからかな、目が合ってしまいました。

ウェールズ出身のジャーナリストで、BBC News (at 5pm & 10pm) のアンカーマン。ウェールズ大学卒業のキレモノです。

さて本題ですが、レスター・スクエア(Leicester Square)には以前はスイスセンターのビルがあって、それに纏わるスイス政府観光局の貢献の賜物である「カントナル・ツリーとゴールデン・クラウン」のお話を二年前にこのブログでしました。

そして、2011年11月28日(今週の月曜日のことになりますが)、スイス・グロッケンシュピール・クロック(スイスの鉄のベルを持つ仕掛け時計)が、姿を変えてレスター・スクエアに戻ってきました。
a0067582_1974642.jpg

(「カントナル・ツリーとゴールデン・クラウン」の後ろに設置された高さ10mの仕掛け時計)
a0067582_196268.jpg

スイスセンターのビルは2008年に取り壊しが始まり、新たなビルが完成(一階が m&mで、上層階はスターウッドグループの傘下にあるW Hotel)。
a0067582_1983059.jpg

(元々の)スイスセンターの建物に設置されていたスイス・グロッケンシュピール・クロックは、言うまでもなくレスター・スクエアのランドマーク的存在でした。(スイス政観からのミュージカル・ギフトとして1985年に設置↓)
a0067582_1991359.jpg

ビルの取り壊しと同時に時計は解体されましたが、再び、スイス政観からの申し出により、オリジナルのパーツを使って形を変えた時計が戻ってきたわけです。
a0067582_1910945.jpg

仕掛け時計が動き出す時間は限られているのでご注意ください(↓)
a0067582_19104038.jpg

時間になると、27の鐘の下の回転する円錐が下がって、伝統的なアルプスの農家のシーン(人形や動物)が動き出すそうです。

仕掛け時計が動いているところを、次回は、見たいな~。

「カントナル・ツリーとゴールデン・クラウン」(前の記事をお読みいただいた方が、スイス政観とウェストミンスター市との経緯がわかると思います)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2011-12-01 19:11 | :: Walk & Streets
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp