旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
中国獅子
英国中、寒波の真っ只中で、毎日、本当に寒いです。そして、雪も降っています。
a0067582_7132671.jpg

さて、英国の国章にも使われているライオン。ライオンは英国の守護獣なので、建物の装飾で日常的にみかけますが、それとは少し様相の違うライオンがチャイナタウンにいます(↓)
a0067582_714512.jpg

元々、中国には(トラはいますが)ライオンはおらず、東アジアに伝来したライオンが中国化したものが獅子です。それが日本化したものが狛犬(こまいぬ)です。

日本の狛犬は、神社などでみかけますが、中国獅子は(ここロンドンの場合)チャイナタウン中華レストランの前でみかけます。

立地的にも中国に近い日本ゆえ、日本人なら中国のこともよく知っているという英国人の思い込みがあるのか、(当たり前のように)中国関係のことや中国料理について聞かれることがあるので、日本にいる時以上に詳しくなったりします。
a0067582_7145626.jpg

英国のライオン(像)とは、かなり様相の違う中国獅子(像)は、いつも雄雌が二体一対です。

ボール(玉)と戯れているのが雄で、子獅子と戯れているのが雌です。
a0067582_7154651.jpg
a0067582_7155835.jpg

東洋の神獣にはその霊力の象徴としてが付き物ですが、この場合の玉は「繍球」と呼ばれるものです。

雄が玉と戯れているうちに毛玉ができて繍球になり、子獅子はこの繍球から生まれてくるとも言われています(まるで「蚕」みたいな話です)。

久しぶりに中華街に飲茶を食べに行ったわけですが、最後の締めは「杏仁豆腐」。普通の味ですが、久しぶりに食べると美味しいと感じてしまいますよね。
a0067582_7163489.jpg

これは(↓)中華デザートの定番の一つゼリー。美味しくないことを知っているので手をつけませんでした。
a0067582_7164925.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-01-10 07:17 | :: Food & Beverages
'A to Z' の生みの親
英国生活必需品というべき地図があります。Geographers' A-Z Map Co. Ltd から出版されている 'A to Z' という名前の地図です。

手軽に street map uk や google map などインターネットで検索してしまうことの方が多いのですが、それでもこの地図は手放せません。
a0067582_5411317.jpg

英国の、ロンドンの道というのは、その昔は当然のことながら馬車が右折や左折をしやすいように、ゆるやかにカーブする道や曲がり角が基盤になっているため、「~通りを真っ直ぐ道に沿って・・・」などと言っても、途中で二股になっており、直進とはどちらの方角のことか?と迷うこともあるでしょう。

英国の街を歩く時、一番大切なのは、通りの名前です。日本のように、地名で地区を特定し、後は番地を頼りにその辺りを探しまわるのではなく、英国の場合は全ての道(通り)に名前がついているので、目的の住所に辿り着くのが用意です。
a0067582_5424943.jpg

今では全国規模のA to Zに発展しましたが、オリジナルは 'London A to Z'。当時28歳という若さの、たった一人の女性の根気強い行動により誕生した地図です(1936年)。

1935年、彼女は、毎日朝5時に起き、1日18時間歩いて、ロンドンを総計3000マイル(約4800キロ)を徒歩で踏破して、2万3千もの街路について調べ上げ、ついに、最初の正確で完全なロンドン・ストリート・ガイドを製作します。

ロンドンの地図上で、全ての道に名前が印刷されているのをみて、膨大な情報量に気が遠くなる人もいるかもしれませんが、この全ての名前がとても重要であることを在英の方はよくよく理解されていることでしょう。
a0067582_5432896.jpg

この偉業を成し遂げた女性の名は、フィリス・ピアサル(Phyllis Pearsall, 1906-1996)。

行政ですらきちんと把握していないロンドンの全ての道を、28歳の普通の女性がアマチュアリズムで成し遂げてしまいました。

地図の後ろの方にアルファベット順に通りの名前が並んでいるので、そこで何ページにこの通りがあるのかを見つけます。
a0067582_544125.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-01-05 05:45 | :: Walk & Streets
クリスマス・リース 2009
クリスマスの十二夜が終わる1月6日の朝には、さまざまなクリスマス飾りが家々から撤去されてしまします。

1月3日(日)、クリスマスの気分をまだ味わいたい私は高級住宅地の散歩に出かけました。
a0067582_3114944.jpg

玄関のドアに掛けられたクリスマス・リースを堪能!
a0067582_312215.jpg

赤鼻のトナカイ“ロドルフ”のリース(↓)
a0067582_3123373.jpg
a0067582_3124628.jpg
a0067582_3132394.jpg
a0067582_3134458.jpg
a0067582_314824.jpg
a0067582_3142065.jpg
a0067582_3144214.jpg
a0067582_3145398.jpg

家の中に飾っていたクリスマス・ツリーは、もう撤去してしまったようです(↓)
a0067582_315164.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-01-04 03:16 | :: Annual Events
Putney Bridge
テムズ河に架かる鉄道橋(train bridge)を渡れば、電車はヴィクトリア駅に到着。

鉄道橋の袂に建つ建物、結構、目に付きますが、それは、ヴィクトリア時代に建造されたパンピング・ステーション(Victorian Western Pumping Station)。
a0067582_63965.jpg

『ヴィクトリア「下水道ネットワーク」を構築した偉大な人物』でご紹介したジョーゼフ・バザルゲット(Sir. Joseph Bazalgette)と関係のある水を吸い上げる施設で、Listed Buildings - Grade II に認定されています。
a0067582_641121.jpg

Listed Buildings とは、「指定建造物」のことで、政府機関であるナショナル・ヘリテイジ(National Heritage)が、建築的、歴史的な重要性が認識されるとして指定した建造物ということです。

テムズ河は何度も大きく蛇行して流れる河ですが、この鉄道橋よりも西側に架かる橋は順に・・・

Chelsea Bridge - Albert Bridge - Battersea Bridge - Wandsworth Bridge - Putney Bridge - Hammersmith Bridge ......
a0067582_6422872.jpg

パットニー橋(Putney Bridge)、ちょっと変わった特徴があります。
a0067582_6432696.jpg

ロンドン広しといえども、橋の上にバス停があるのはこの橋だけなのです。
a0067582_6435558.jpg
a0067582_6442489.jpg

この辺も、テムズ・パスを散歩するのにとてもよいエリアです。
a0067582_6445920.jpg

「明けましておめでとうございます」と言い忘れていましたが、大晦日や元旦よりもクリスマスの方が大きな行事の英国ゆえ、クリスマスの十二夜が終わる1月6日まではまだクリスマスのような気分でお正月が実感できないでいます。
a0067582_6454747.jpg

12月31日も1月1日も、いつもとかわらない日のごとく、ハーフ・プライス・セールのお買い物で街は賑わっていました。

しかし、まだ1月2日なのに、もうクリスマスデコレーションの取り外しをしている光景を目にしました。
a0067582_6471997.jpg

ちょっと、早すぎじゃないの!と淋しい気持ちに・・・
a0067582_6475112.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-01-03 06:48 | :: Architecture
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp