旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
魔除けの 「ガーゴイル」 (Gargoyle)
ピカデリー・サーカスからバッキンガム宮殿までの土地所有者は、エリザベス女王です。従って、ジャパンセンターの建っている所も、根本的には女王様の土地です。
a0067582_832209.jpg

ちまたの噂では、「ピカデリーにスーパーマーケットがあるのは如何なものか」と女王様が言ったとか言わないとかで、ジャパンセンターが移転を余儀なくされ、ロンドン三越の横に越してこようとしているそうです。三越さんもいやでしょうが・・・

ジャパンセンターの入っている建物には、元々、魔除けの「ガーゴイル」(Gargoyle)が居ます。おそらく、ジャパンセンターで働く人ですら気づいてはいないでしょうが・・・
a0067582_83326.jpg

「ガーゴイル」は、フランス北東部の伝説・伝承に登場する水を吐いて洪水を起こすドラゴンに似た姿の川・沼地の怪物で、フランス語では「ガルグイユ」と呼ばれています。

嵐や竜巻を起こして川を通るボートを転覆させ、釣り人を飲み込んでしまう。時には近くを通った人間や牛を沼地に引きずりこみ食べてしまうこともあったとされ、7世紀に聖ロマンによって退治されたとされています。
a0067582_83452100.jpg

背中にを持ったグロテスクな怪物の姿をしたガーゴイルは、中世以降、西洋では彫刻としてゴシック建築の教会寺院の屋根や壁に取り付けられますが、そのうちの何匹かは、雨どいの役割りを果たしています。屋根に降った雨水を集め、この怪物たちのから外に向けて排出する雨水の排出口の機能。

従って、ぽかんと口を開いているのが特徴です。

パリのノートル・ダム寺院(↓)や、ロンドンのウェストミンスター寺院(↓)の外観には、ガーゴイルがウジャウジャ取り付けられています。
a0067582_8355311.jpg

しかし、それは、ゴシック様式の寺院や教会での話しで、一般の建物となると、(変人のように舌を出した)人の顔だったり、(怖い顔をした)鬼の顔だったり、または品良く(ギリシャ式に)ライオンだったりします。
a0067582_8363481.jpg
a0067582_8372923.jpg

明らかに怪物ガーゴイルの姿をした(翼を持った)彫刻を、寺院・教会以外につけている建物は、知る限りにおいてセントラルロンドンでは、このジャパンセンターの建物と、(ユーロスターの発着駅となった)セイント・パンクラス駅(↓)だけです。
a0067582_8382954.jpg

セイント・パンクラス駅の玄関口にあたる旧ミッドランド・グランド・ホテルの上部(時計のあたり)
a0067582_8392768.jpg
a0067582_8395540.jpg

でも、この駅は、聖パンクラスの名を持つ鉄道界の大聖堂、建築においてはヴィクトリアン・ゴシック建築(赤レンガ)の最高峰なので特別です。

私は迷信なんぞは信じないたちですが、ジャパンセンターの建物は本当に珍しいので(貴重なので)、ジャパンセンターの栄華はここに店を開いたこと、そして訪れた危機は、すぐ隣にメイン店舗を移してしまったことにあるのかしら?~なんて思ったりして・・・
[PR]
by rie-suzuki67 | 2009-02-24 08:42 | :: Architecture
紳士のバーバー
子どものヘアーサロンに続いて、今度は紳士の床屋さんですが、私の周りにはこんな床屋へいくような(中産階級以上の)ポッシュな男性は残念ながら一人もいません。
a0067582_17543756.jpg

日本で働いていたころの(今は亡き)上司のリチャード・E・ハンドルさんや村松さんは、ヨーロッパ仕込の正統派ホテルマンでしたから、床屋に行くといえば、整髪・髭剃り・アフターシェイブ・爪の手入れまでが当然でしたが・・・
a0067582_1755384.jpg

さて、この床屋さんは、日本大使館の近くにある1875年創業の正統派ヴィクトリアン・バーバー「Geo. F. Trumper」(ジオ・F・トランパー)。現存するロンドン最古のバーバー「トゥルーフィット・アンド・ヒル」(Truefitt and Hill, 1805年創業、英国王室御用達サロン)と並ぶ二代有名店の一つです。

古き良き日本の政治家やホテルマン(エグゼクティブ)が行くようなグルーミング・サービスを行なう(東京の)「バーバー・ムラギ」さんのようなものと言ったら、わかりやすいかも。

俳優のジョニー・デップが、映画「スウィーニー・トッド」のために、かみそり捌きの伝授を受けた店としても知られています。
a0067582_1758539.jpg

当初、私は、この店はスイーツのお店と思っていた程、お客の出入りは多いし、皆、まともなクリーム色の手提げを下げて出てくるので、ケーキかチョコレートあたりでも買ってでてきたと思い込んでいました。

皆様、「グルーミング」のための商品をお買い求めだったと後でわかりましたが・・・
a0067582_17563742.jpg

この床屋さんは、個室です。プライバシーが保たれているわけですが、グルーミング・サービスだけでなく、重厚なデザインのアフター・シェイブやコロン、シェイビング・キットなどを購入できるショップでもあります。

いつも植木の手入れが行き届いていて、実際に、花屋さんが車で来て、植木の入れ替えをしている光景を見たことがありますが、さすがは身だしなみのためのお店といつも感心しています。

英国紳士に欠かせない「グルーミング」とは、服装はもちろんのこと、髪や髭、肌のコンディション、爪のお手入れに至るまで、ぬかりなく整える、身だしなみに気を遣うことですが、英国では古くから、このグルーミングは紳士のたしなみ以上に「成功の条件」でした。

平民の生まれながら、ダンディズムの始祖・伊達男としてのし上がったジョージ・ブライアン・ブラメル (通称:ボー・ブラメル)がよい例ですね(ボー・ブラメルについては以前ご紹介した こちら を参照のこと)。
a0067582_181577.jpg

ちょっと早いですが、英国の春のシンボル「黄色いラッパ水仙」でショーウィンドウはディスプレイされています。

※「トゥルーフィット・アンド・ヒル」「ジオ・F・トランパー」にしても、紳士ストリートとして有名な Jermyn Street(正確には St James's Street)にお店があります。でも、「ジオ・F・トランパー」の場合、今、ご紹介した写真の Curzon Street が本店です。
a0067582_17594815.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2009-02-23 18:10 | :: Shopping
子ども専用ヘアーサロン
土曜日は、ほんとに良い天気で、公園はさながらの時季のようにの上で寛ぐ人が沢山いました。
a0067582_1856458.jpg

今年は寒かったので、この時季になっても(冬の終わりを告げる花)「スノードロップ」が咲いていますが、その横で、春の使者「クロッカス」も咲き出しました。冬と春が交差する光景に心が和みました。
a0067582_1857284.jpg

さて、この不景気だというのに、英国中、美容院だけはどこも大繁盛しています。
a0067582_18583052.jpg

女性用の美容院ではありませんが、面白いのでご紹介しますと、Kings Road の奥の方(コンラン卿の「bluebird」のすぐ先)に、子ども専用のヘアーサロン tantrum があります。
a0067582_18593999.jpg

赤いクラシックカーや青いジェット機、シルバーのレーシングカーに乗りながら髪を切ってもらいます。
a0067582_1901687.jpg

天井は夜空、模型の電車が走り、各席の鏡の前にはDVDのスクリーンが備え付けられてます。
a0067582_1923736.jpg

7才までが1階でテーマは Moon。奥には順番を待つ子どもが飽きないようにプレイエリアがあり、また、親のための Waiting Room なんかもあります。

8才~14才のフロアは地下でテーマは Vogue(流行)。

おそらく、ゲームセンターか遊園地にでも来たという(記憶しか残らないであろう) 小っこい子ども(old baby)が、楽しそうに気分よく散髪を終えて出てきます。退屈しないように工夫され、ジュース・バーやゲーム・ルームもあります。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2009-02-22 19:07 | :: Recomendable
ポリッジ (Porridge)
カフェチェーンの EAT.A Piece Of Cake では、冬場のモーニングタイム(10:30am位まで)、「ポリッジ」を提供しています。
a0067582_810710.jpg

朝ごはんを食べてこなかった人には魅力的な商品です。

ポリッジは伝統的なスコットランドの朝食で、もちろん、英国全土で朝食として食べられていますが、その発祥がスコットランドであることは誰もが知っているような英国風「お粥」です。

アメリカでは「オートミール」(Oatmeal)と言いますので、日本でも「オートミール」の名で知られているものです。

これは、友人の家のキッチンで(↓)
a0067582_8122048.jpg

カフェに置かれたテントカード(一番上の写真)から何となくわかるかもしれませんが、イングランド風は、トッピングに(お好みで)砂糖や蜂蜜などを使い、少し甘味をつけて食べるのですが、元祖スコットランド風は塩味をつけて食べるという違いがあります。
a0067582_8132411.jpg

このオーツ麦を水で煮て、もっちりしてきたら出来上がり。牛乳をかけて、またお好みで砂糖を振って食べます(個人的にはイングランド風が好きなので)。
a0067582_8125894.jpg

夏は冷たいシリアルを食べる人も、は暖かくて腹持ちのよいポリッジ派が沢山います。カフェチェーンのモーニングタイムでポリッジを提供するのも、時季的にはもうそろそろ終わりでしょう。

※ Porridge の綴りで浸透していますが、スコットランドでは Porage と書きます。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2009-02-18 08:20 | :: Food & Beverages
ヴィクトリアン・パブ
日本語としても定着している(飲み屋の)「パブ」。英国大衆文化の中核を成す英語のパブ(Pub)は、昼間は(日本でいうところの)喫茶店、ファミリーレストランに似た感じで、夜は居酒屋感覚とでも申しましょうか・・・?!

正式には Public House。それを略してパブと呼ばれるわけですが、パブも時代でさまざまな外観・内観をしています。
a0067582_2011429.jpg

(↑)ウエストミンスター寺院近くの The Albert の外観

(↓)ここは(ロンドンの)リヴァプール・ストリート駅の中にあるパブ。天井が高く2階分の高さがあります。
a0067582_20123268.jpg

従って、ドアもかなり大きくて重いのです。
a0067582_20124862.jpg

未だに階級社会の残っている英国ゆえ、以前は、もっとはっきりと区別されていました。

1つのパブが中産階級以上用の「saloon bar(サルーン・バー)」と、労働者階級用の「public bar(パブリック・バー)」とに別れていて、入り口も別なら中も壁で仕切られているという、階級意識の強さを物語る構造でした。

特に、ヴィクトリアン・パブ(ヴィクトリア時代に作られたパブ)は、そういう造りになっていましたので、法律によりそれらが改装された現在も、ヴィクトリアン・パブでは、その名残りを見ることができます。
a0067582_20135844.jpg

(↑)この入り口の他に、道に面して別の入り口があります。入り口が2つあるのが特徴ですが、このパブには文字も残っています(↓)。中産階級以上用の(saloon bar)の出入口。
a0067582_20141864.jpg

もちろん、今ではどちらから入っても構いませんし、中の間仕切りも取り払われています。

私が気に入っているパブは、クラシックなヴィクトリアン・パブでして、その典型的な内装が、Central horseshoe bar(またはcounter of horseshoe island bar, horseshoe-shaped bar)と呼ばれるパブの中央に大きな馬蹄形をしたバーカウンターを持つパブです。
a0067582_20175780.jpg

中でも一番好きなスタイルは、このCentral horseshoe barが、レーストラックのように完全に繋がった(一周する)楕円型のバーカウンターで、まるでスタッフが柵の中にいるように見えます。
a0067582_20172772.jpg

一般的にそれは、timbered(木製)で、建築様式を漂わせます。
a0067582_20214592.jpg

普通のパブの横長の注文カウンターが馬蹄形をしているだけのことなので、ここへ注文に行き、スタッフが中で作業をするわけですが、中が見えて面白いのです。

こちらは(↓)、ホルボーン駅近くの Princess Louise というパブ。プリンセス・ルイスというのは、ヴィクトリア女王の娘の一人(長女)の名。
a0067582_20242731.jpg

このパブも、入り口2つに、大きな大きな馬蹄形をしたバーカウンターをフロアの真ん中に持っています。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2009-02-15 20:26 | :: Architecture
「ギルド」を表現したショーウィンドウ
フォートナム&メイソンの Duke of York Street 側のショーウィンドウが、なぜ、ハイレベルで難し目なのかという話をするに、以下の説明が必要なので、最初は我慢して読んでみてください。

「シティ」と呼ばれる金融街のシティ庁舎「ギルドホール」(↓)。その歴史は商人たちが経済力を付けはじめた中世までさかのぼり、12世紀、(商人の)同業者組合「ギルド」(Guilds)の集会場として設立されました。
a0067582_9374227.jpg

英国経済の心臓部・シティを歩いていると、立派な紋章のついた同業者組合(ギルド)の建物をよく見かけますが、リヴァリー・カンパニー(Livery Company)と呼ばれるシティーのギルドの筆頭を務めるのが、繊維商組合(Mercers' Company, マーサーズ・カンパニー)。

繊維商の組合は1190年頃に結成され、1394年にギルド第一号として勅許状を受けました(この何番目かというのもある種重要で、リヴァリー・カンパニー名、勅許状を受けた年、何番目なのかが3点セットで語られます)。

12の主要ギルド(Twelve Great Livery Companies)をはじめとして、現在では108のギルドが勅許状を受けていますが、1709年の76番目のギルド以後は、100年後に77番目、そしてその後は1926年までギルドの勅許状を受ける同業者組合はありませんでした。

従って、1926年以降にギルドの勅許状を受けた同業者組合は「モダン・リヴァリー・カンパニー」(Modern livery companies)として区別されます。
a0067582_939836.jpg

(↑)ギルドホール内には、主要12のギルドの紋章がで、それ以外のギルドは小さなが掲げられています。

ギルドは市場の独占的な存在でしたが、悪い意味の独占ではなく、適正な価格の維持に努め、商品の質の向上、製作技巧の練磨に努めます。もちろん、現在のギルドは中世のような独占機関ではなく、名誉的で形式的な組合になっていますが、昔から現在に至るまで、ギルドは蓄えた富で学校を設立したり、貧窮者を救済したりして、積極的に利益を社会に還元してきました。

さて、いよいよフォートナム&メイソンのショー・ウィンドウですが、まず最初が 'Stationers' と書かれたコーナー。
a0067582_9403619.jpg

Stationers' Companyのことを示しています。1403年に組織され、1557年に勅許状を受けた47番目のギルドで、「出版・印刷商及び新聞発行商の組合」です。
a0067582_9411198.jpg

現在、世界的に行なわれている「著作権」のベースになっているのはこのギルドから始まったものです。
a0067582_942240.jpg

さて、ショー・ウィンドウには、1603年、書籍出版商組合は、イングランドにおいて株式を発行したと書かれています(出版会社を設立したわけですが、ギルドの中でも最も成功したことの例として、引き合いに出されるのが、書籍出版商組合が株式発行後に出版した)世界のベストセラー本の一つに上げられる「Old Moore's Almanack」(オールド・ムーア年鑑)というの本。

絶対に、限られた人しか「Old Moore's Almanack」が何なのかわからないと思うのですが!
a0067582_9425766.jpg

アンティークな物が続々登場しますよ~!

21番目のギルド勅許状を受けたTallow Chandlers' Company
a0067582_9455089.jpg

Wax Chandlers' Companyというのが別にあり、こちらは獣脂(Tallow, 獣類からとった脂肪)で作るロウソクの組合。
a0067582_9464435.jpg

52番目のギルド勅許状を受けたBasket Makers' Company
a0067582_9483843.jpg
a0067582_9491359.jpg

69番目のギルド勅許状を受けたDistillers' Company(蒸留酒製造商組合)。※ウィスキーなどのこと
a0067582_9502918.jpg
a0067582_9505561.jpg

9番目のギルド勅許状を受けたSalters' Company
a0067582_9521111.jpg

因みに、この塩の容器をかざしたビジュアルが塩商組合のシンボル(↓)になっていますので、わかりやすい。
a0067582_9561597.jpg
a0067582_956286.jpg

これは、19番目のギルド勅許状を受けたBakers' Companyと24番目のギルド勅許状を受けたButchers' Company
a0067582_9541680.jpg
a0067582_95442100.jpg
a0067582_955268.jpg

段々、わかってきましたか? フォートナム&メイソンの正面ショー・ウィンドウの(全部の窓をご紹介はしていませんが)花盛りなディスプレイたちが、そうした材料を基にしていると、実は主張していることが・・・(フォートナム&メイソン商品と関係づけながら)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2009-02-15 09:57 | :: ShowWindow&Illumi
花盛り
2月に入って、フォートナム&メイソン百貨店のショーウィンドウ・ディスプレイが変わりました。
a0067582_7403328.jpg

実は、その中に一箇所だけ、他の窓(ショーウィンドウ)とは繋がりもない、かつ、かなり難し目の内容のディスプレイがあります。

英国人でも、どれだけの人が、「あ~、そのことねっ」とわかるのか?と思ってしまうようなハイレベルな題材なので、後回しにして、とりあえず、ただただ見ていて楽しい窓(ショーウィンドウ)だけをご紹介しま~す。

いろいろなが咲いています・・・
a0067582_7413914.jpg

この窓(↑↓)は、毛糸の花。気分としては、編み物をしながら、のんびりと過ごす午後のティータイムって感じですね。
a0067582_7415398.jpg

こちらは、帽子の花(↓)。
a0067582_7425769.jpg

ビーズをはじめとする輝きを与えてくれるアクセサリーたちという雰囲気。
a0067582_744436.jpg

そして、パイの花。
a0067582_7455262.jpg

パイ生地・・・上手く焼けるといいですね?!
a0067582_746965.jpg

万年筆の花(↓)
a0067582_749087.jpg
a0067582_7492497.jpg

チョコレートを使ったスイーツの花(↓)
a0067582_7495578.jpg
a0067582_7502987.jpg
a0067582_7504376.jpg

これは、木目が美しい木製の花(↓)
a0067582_7514029.jpg

どれでもいいから、デイスプレーとして家に飾りたいものばかり。自分でこんなの作れたらいいな~と思うのですが・・・。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2009-02-13 07:51 | :: ShowWindow&Illumi
冬の代表料理「コテージ・パイ」(Cottage Pie)
私のサンデー・ランチは、熱々の「コテージ・パイ」(Cottage Pie)でした。日曜日もちょっと寒かったので・・・。

「コテージ・パイ」(Cottage Pie)は、英国の家庭料理の一つです。
a0067582_7512640.jpg

パイ生地は使わず、調理した牛ひき肉の上に、たっぷりのマッシュポテトをのせて焼き上げたものです。

「シェパード・パイ」(Shepherd's Pie)という正統派の伝統的なものがあり、「コテージ・パイ」は、それの肉違いバージョンみたいなものです。「シェパード・パイ」は(牛ひき肉ではなく)ラムやマトンのミンチを使います。

「シェパード・パイ」、ラムが使われるので、シェパード(羊飼い)のパイと呼ばれるわけですが、「貧者のパイ」(Poor Man's Shepherd's Pie)という別名があります。

日曜日のお昼によく作られる肉や野菜のロースト(サンデー・ロースト)の残りを利用した経済的な料理で、ひき肉、玉ねぎ、ニンジンなどのみじん切りをトマト風味で味付けし(ミートソースみないなもの)、マッシュポテトで覆ってこんがりと焼き上げます。
a0067582_7522846.jpg

「コテージ・パイ」「シェパード・パイ」、両者とも、熱々を皆で取り分けて食べる寒い冬の代表料理です。好みで、グレイヴィーをたっぷりかけて食べたりします。

実は、私の隣のテーブルの女性(家族連れ)も、「コテージ・パイ」を食べていました。旦那様の方は、「ソウセイジ&マッシュ」でした。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2009-02-10 07:54 | :: Food & Beverages
カドガン・ホール (Cadogan Hall)
一昨年の9月、ご家族と共に、ロンドンに居を移され、昨年3月よりロンドンで活動(コンサート)を開始されたバイオリニスト兼作曲家の葉加瀬太郎さんの演奏会がヴァレンタイン・デイに行われるようです。
a0067582_6333380.jpg

これで三回目(?)の演奏会じゃないかと思うのですが、葉加瀬さんの演奏会会場はいつもカドガン・ホール(Cadogan Hall)。

この辺りは、一つ前の「赤レンガの街」でも登場する大地主カドガン伯爵の名前に由来するカドガン・スクエア、カドガン・ストリート、カドガン・レーン、カドガン・プレイスなどが存在します。
a0067582_6343531.jpg

元はChurch of Christ Science(キリスト教科学教会)として、1907年に完成した建物で、建築様式はビザンチン、ロマネスク、インド風サラセンを取り混ぜた珍しいスタイルの教会でした。が、利用者数の減少により1996年に閉鎖。

従って、コンサートホールとしては新しく、(ハロッズのオーナーである)モハメド・アル・ファイド氏が資産を投じ改修をおこない、当初短期間ではありますが、モハメド・アル・ファイド氏が所有していました。が、2000年に、地主のカドガン伯爵(カドガン・エステイト(不動産会社))が建物を購入してオーナーとなっています。
a0067582_6353676.jpg

ロバート・フェロー(Robert Fellowes Chisholm)設計による1907年完成の教会としての建物、実はステンドグラスに大きな特徴があります。
a0067582_6364713.jpg

ケルティック・ノック(Celtic knot)と呼ばれるケルトの模様がステンドグラスに使われており、キリスト教画のステンドグラスとは異なった趣をかもし出しています。


a0067582_6371644.jpgこのステンドグラスのデザインを施したのは、(ニューヨークの「ティファニー」でデザイナーをしていた)デンマーク貴族のローゼンクライツ男爵(Baron von Rosenkrantz) 。

ステンドグラス部分の完成は1905 年です。

「葉加瀬さんの演奏会会場はいつもカドガン・ホール」であるのには理由があります。


a0067582_6472985.jpgロンドン交響楽団の本拠地が「バービカン・センター」であるのに対して、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地は、ここ「カドガン・ホール」だからです。

Poster: 'Taro Hakase with members of the Royal Philharmonic Concert Orchestra'

バイオリニストの五島みどりさんのリサイタルも、また近々あるようですが、彼女はいつもロンドン交響楽団と共に「バービカン・センター」ですよね。そんなご事情が絡みます。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2009-02-10 06:48 | :: Architecture
赤レンガの街 (The Red Brick Town)
チェルシー、そして(ハロッズのある)ナイツブリッジからスローン・スクエアにかけての高級住宅街は、特に整然と赤レンガの家並みが広がっています。
a0067582_3534821.jpg

大抵が1700年後期~1800年代にかけて建てられた建物で、土地を所有していた地主により、この時期、大規模に開発されたため、同じデザインを保つことができました。
a0067582_354482.jpg

ナイツブリッジからスローン・スクエアにかけての一帯を所有する大地主とは、(大地主として4本の指に入る貴族)カドガン家。現在は第八代カドガン伯爵の代になっており、初代はウィリアム・カドガン伯爵(William Cadogan, 1st Earl Cadogan (1672-1726))。
a0067582_355198.jpg

1600年代~1700年代にかけて、国内でも良質のレンガの生産が順調になり、英国中で建築に使われるようになります。

そして、この周辺の大規模な開発の時代を迎えるわけですが、開発当時(ヴィクトリア時代)は、赤レンガ装飾の多い古典的な建築が再流行したため(「赤レンガによるクイーンズ・アン リヴァイバル様式, The red brick Queen Anne Revival buildings」)、黄色いロンドンレンガでも堅固で鉄道橋などに使われるブルーレンガでもなく、赤レンガなのです。
a0067582_3555426.jpg

さて、 この時代のレンガは石のように硬く、鉄ドリルで、穴を一つあけるにも、その硬さのために時間がかかります。工事のビルダーさん泣かせではありますが、建設資材リサイクルの市場では、この時代のレンガは丈夫で長持ちするので人気があります。

排気ガスなどで汚れた建物も外壁の手入れをすれば、また綺麗なレンガの色が現れます。

日本のマンションのように地下駐車場付きなんかではありませんので、居住者のための駐車スペースとして路上が確保されています(路上駐車スペース)。
a0067582_3582913.jpg

もちろん、人は住んでいますが表に洗濯物を出すことはありません。
a0067582_3591480.jpg

実際問題、レンガの建物は知識がないと年代がわかりにくいので、この街並みの中にも新しいものと当時のものが入り混じって、私には判別できないのですが・・・
a0067582_42834.jpg

はい、ハロッズの裏手に到着です(↑↓)
a0067582_441341.jpg
a0067582_435226.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2009-02-09 04:09 | :: Architecture
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp