旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
リバティとミュージカル
土曜日、ロンドン観光中の友人との一日。気温22度、暑かったので、殆どの人が半袖。
a0067582_2358880.jpg

お昼頃12.00、レスター・スクエアのHalf Price Ticket屋さんで、ミュージカルのチケットを購入。友人の希望で「サウンド・オブ・ミュージック」のミュージカルをみることになりました。
a0067582_2358482.jpg

マチネ・チケットを購入したので、夜ではなく昼の部14.30開演。その前にお昼を食べないといけませんが、お腹が空いていなかったので、とりあえず、劇場近くのリバティーへいって軽いものを食べることにしました。
a0067582_23593473.jpg

リバティーのティールームは狭くて(リバティーにしては)安っぽい内装でお薦めではないのですが、空いていたのでよしとして、クリーム・ティー(スコーンとお茶のセット)を注文。アフタヌーン・ティー(サンドウィッチ、スコーン、ケーキとお茶のセット)では量が多すぎるので。
a0067582_00471.jpg

友人のは、フルーツで、私のはプレーン。バターがたっぷりのモダンなスコーンです。
a0067582_0032100.jpg
a0067582_013165.jpg

リバティーの正面玄関前からオックスフォード・ストリートに真っ直ぐ伸びた道沿いに劇場があります。
a0067582_02253.jpg

「サンド・オブ・ミュージック」を上演しているの劇場は The London Palladium
a0067582_024858.jpg
a0067582_03722.jpg

開演時間前にカウンターに行き飲み物などを・・・
a0067582_034024.jpg

こうやって、飲み物片手に団欒しながら待っている時間が劇場では大切です。
a0067582_045238.jpg

従って、ロビーの壁には、コップを置くための出っ張りが張り巡らされています。
a0067582_051543.jpg

さあ、中に入りましょう・・・
a0067582_055045.jpg
a0067582_061090.jpg

英国の劇場は、どこも年期が入った建築で、その場に身を置くだけで、タイムスリップしたかのような、昔の人と同じ光景を見ている気にさせられます。
a0067582_063992.jpg
a0067582_0707.jpg

只今(↓)、途中にもうけられている休憩時間です。
a0067582_072399.jpg

カーテンからもわかるように、ここは、昔々、Henglers Circus(広場)に面していた建物で、原型は Argyll House と呼ばれていた建物でした。

一応、ミュージカルの感想を書かないといけないですよね。ロンドンの劇場、その魅力は、アメリカのブロードウェイのようなオートマティック・システムによるステージセットではなく、昔ながらの凝った装置にありますから、それを楽しみたい人にとっては、物足りない。
a0067582_08158.jpg

帰りは、無茶苦茶込んでいる正面出入り口からではなく、ステージの真裏の通路を通って、ステージドアから表にでました。リバティーの一番端、カーナビー・ストリートの真正面にでます。
a0067582_082667.jpg

何か、疲れた一日でした。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-04-28 00:08 | :: Gal./Mus./Theatre
色 (colour) - 'Mix & Match'
ゲイの人は、感性の素晴らしい人が多く、思いも寄らない色をチョイスすることから「嘘でしょ?!」とその時は思いますが、できあがった物を見ると、「うわ~、素敵!こんなの見たことない!」とその非凡さに感動することしばしばです。
a0067582_8153041.jpg

ゲイでなくても、どんよりした長い冬を毎年経験しなければならない北ヨーロッパ圏に暮らしていると、「色」に敏感になってくるのかもしれません。

このチョコレートは、出張から帰ってきた友人がくれたお土産ですが、ハンドメイド・ハンドペイントのチョコレートだそうです。最初の印象は「うわ~、綺麗!」
a0067582_816098.jpg

あまりの綺麗さに、しばし眺めていましたが、そのうち思ったことは、「メタリック!(写真で見るより実物は '紫' と 'ブロンズ' に '輝く鉄の玉' のようなのです)、体に悪そう~」

最近、食器屋さんのキャッチコピーに 'Mix & Match' という文字を見かけました。今に始まった言葉ではなく、(私的には)英国を代表する言葉。家具などにも使われる手法です。
a0067582_8182576.jpg

'Mix & Match' は、公園のガーデンでよくみかけるスタイルです。「見せるための工夫」を凝らしているので、一種類の花を植えるのではなく、二種類以上を組み合わせたパターンです。
a0067582_8165835.jpg

今が旬のチューリップを植える際は、いろいろな(引き立て役としての)花が一緒に植えられます。
a0067582_818583.jpg

スーツの上下を違う組合せでアレンジしてみたり、重箱の柄をフタと二段目だけ違うセットで組み合わせてみたりというのも 'Mix & Match' の手法です。
a0067582_820977.jpg

組み合わせるというのは、かなり難しく、センスが問われますよね~。↑ は、アイヴィーの葉、ブルーベル、チューリップ、そして雑草(?)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-04-20 08:20 | :: Plants & Parks
'William Curley'
もう1ヶ月半も前の話になりますが、友達を誘って 'William Curley' にケーキを食べに行きました。
a0067582_1843148.jpg

Curleyさんという苗字からもわかる通り、パティシエはスコットランド出身の方です。この方がWilliam Curleyさんです。
a0067582_18519.jpg

リッチモンドの本店のことは、多くの日本人が知っており、以前、ブログでも少しご紹介しましたが(奥様もパティシエで日本人、お二人は二人が働いていたサヴォイ・ホテルのキッチンで出会われた馴れ初めなど)、そのお店が、昨年10月にJohn Lewis百貨店のFood Hallに出店し、11月にはMayfairの(日本大使館の裏手にある)Shepherd Marketに二号店としてオープン。
a0067582_1855545.jpg

Shepherd Marketは、私の庭みたいなもので、ここで日本人を見かけることなど殆どないのに、昨年末に、日本人の女の子3人組を見かけ、おや?と思い、行く先に目をやると、この店に入っていったのです。
a0067582_1862631.jpg

ここには、以前は、チョコレート屋で有名な「チョコレート・ソサエティ」がありました。店舗のカラーも茶色で一緒だったので、William Curleyになったことに気づきませんでした。

は~、なるほど、それで日本人が出没するようになったのかっ、と納得。誘った友人は日本人女性ですが、「イギリスに来て、初めてまともなケーキを食べた」と言いました。(同感!)
a0067582_1873974.jpg

見た目も、味も、(舌と目の肥えた)日本人が納得するものです。

ケーキは、Take awayの場合、1個4ポンド(800円)。そこで食べる場合、一律5ポンド(1,000円)。その他に作ってもらうホットデザート等は10ポンド(2,000円)。ちょっと値が張りますが、たまに、本当のケーキを食べたいと思った時に最高です。
a0067582_1881089.jpg

William Curleyでは、チョコレートも買えます。2007年度の「英国ベストチョコレート賞」を受賞した輝かしい実績を持ちます。
a0067582_1893122.jpg

従って、チョコレートを薄く削ったタイプのホットチョコレートも商品として陳列されています(パウダータイプではなく、本格的。私の注文したカプチーノにかかっているのはチョコレートパウダーではなく、チョコを細かく削ったものでお洒落です↓)。
a0067582_1810764.jpg

購入するだけではなく、是非、ここでお茶をされることをお薦めします。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-04-19 18:11 | :: Food & Beverages
トイレに香水
英国は「チップ」の存在する国ですが、トイレ掃除の人にチップを手渡すということはなく、有料トイレの場合は(トイレの)入り口にバーが設けてあり、20pコインを投入しないと(バーが回転せず)入場できないというもの。
a0067582_7393386.jpg

でも、そういった有料トイレは駅構内のトイレでしか見かけず、殆どのトイレは無料。掃除の人が常駐していてもチップを払う必要はありません。
a0067582_6462572.jpg

ハロッズフォートナム&メイソンなどのトイレには、「何じゃ、これ!」というくらい(ちょとは値のはる)香水のビンが何種類か置いてあって、トイレの個室から人が出てくる度に、掃除のおばさんが、それらの香水の中のどれかで、個室の中に向かってひと噴き

列ができている場合、人が出てくる→掃除のおばさんが空いた個室に行きひと噴き→(並んでいた)次の人が入る、という流れの繰り返し。

消臭スプレーぐらいの物で事足りる思うのですが、香水を使うということにステイタスがあるのかもしれません。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-04-16 06:50 | :: Shopping
パイント・グラス
英国はドイツのようにビールの国ですが、レストランやパブでは(ビールは)「パイント・グラス」または(その半分の容量である)「ハーフ・パイント・グラス」のいずれかでサーブされます。

この二種類のパイント・グラスでサーブされることには理由があります。
a0067582_954941.jpg

ビールグラスは、(1699年から王冠マークと共に)客がビールの量をごまかされることのないように容量とグラスの質を保証する王冠マークと番号が示されたパイント・グラスを使用するというのが300年以上にも渡り続く伝統。
a0067582_965220.jpg

酒に関する法律が特に厳しい英国。1パイント(pint)は568ml。「ビールを一杯ください」(A pint of beer, please.)「ビールをハーフ・パイントください」(A half pint of beer, please.)と注文したら、その量より多くても少なくても法に触れます。

多くのパブは、いずれかのビール製造メーカーと契約をしているので、ビールの銘柄を指定して注文した場合、グラスはその銘柄がプリントされた各社のグラスでサーブされるので、ビールはビールでもその人が何を飲んでいるのか人目でわかります。

たとえビールがベルギーの「ステラ」やオーストラリアの「フォスター」であっても、グラスが英国内向けに出荷されるのであれば、パイント・グラスの製品規格を保証する必要があります。

従って、英国でアサヒビール黒生サッポロ一番搾りを注文すると、グラスは、各社のロゴと共にパイント・グラスの製品規格が刻印された(ハーフ)パイント・グラスでサーブされます。

英国内で使用されているビールグラスのほとんどは、生産コストが安いチェコで製造されています。一つの問題として、EUは一つの国ですから、英国がEU国となった日からさまざまな伝統が少しずつ姿を消していっているということ(旧型ダブルデッカーが代表的な例ですが)。

EU規制の導入で、この王冠マークに代わり、ヨーロッパの製品規格であるCEマークが義務付けられるようになることから、EU規制のために英国の伝統がまたひとつ犠牲になるとの不満の声が挙がっています。チェコで製造された製品には、出荷段階で自動的にCE規格マークが義務付けられることになるでしょう。

※CE規格マーク:ヨーロッパ内の貿易障害を改善するために導入されたもので、一定の安全基準を満たした製品にEUが発行する規格マーク。CEはフランス語で「ヨーロッパ規格(European Conformity)」を意味する「Communaute Europeanne」の頭文字

因みに、パブの看板(Pub sign)にも規定があります。パブの名前とそれにまつわる絵を施した吊り看板ですが、横3フィート縦4フィートと決まっています(形によってはその大きさ内におさめる)。
a0067582_9114267.jpg

下の写真の看板(↓)、伝統的なパブの看板とは違い、このパブが契約をしているビールメーカーの看板です。Tの字の赤い看板は、スコットランドならでは。イングランドでは見かけません。
a0067582_982351.jpg

理由はスコティッシュ・ビールとして有名なグラスゴー「TENNENT’s」だから。
a0067582_99159.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-04-14 09:18 | :: Food & Beverages
「非常」「緊急」
電車バスで緊急事態が発生した場合に、乗客自身がドアを開くための「緊急開閉ボタン」(英国の場合は、ボタンではなくハンドルが一般的)。

そんな安易に開けていいのか?と思うほど、ハンドルを捻ってドアを開け、出て行ってしまう人をよく見かけます。
a0067582_10112294.jpg

日本で長く生きてきたけれど、幸いアクシデントに遭遇したことがないので、日本では一度も「非常(緊急)開閉ボタン」を押す人や押して出て行く人など見たことがありません。

数日前の朝、ヴィクトリア駅(終着駅)に電車が到着した際、電気関係のトラブルでしょうが、ドアを開くことができないと数秒後に悟った運転手が、(そんなすばやい判断でよいのか?というほどの早さで)「全てのドアは、緊急開閉レバーを引いて開けてください」とアナウンスをしたのです。

(↓)このの上部に手を掛けて手前に倒すだけの動作なんですが、何もなかったかのように、みんな普通におりていきました。
a0067582_10122628.jpg

また、これは本当にしばしば見かけますが、道が渋滞してバスがなかなか動かないと、ドアのすぐ上にある(赤い)「緊急開閉ハンドル」を捻って平然とドアを開けて出て行ってしまう人がいます。

おい!おい!旧型ダブルデッカー時代に、(ドアがないスタイルのバスなので)好きなところで飛び降りられた習慣と、そのハンドルは意味が違うぞ~!とびっくりしてしまいます。

先日、目の前で泣き喚きながらドアを開けた若い女性がいました。慣れているんだか、慣れていないんだか・・・不思議な行動だと思った理由(状況)を説明すると、年輩の女性2人・(この泣き喚いた)若い女性1人・子ども2人が、ジャパンセンター前のバス停から乗ってきました。

バスの(バス停での)停車時間が渋滞の原因の一つになっていることから、現在は、各停留所に券売機が設置されていて、切符を買ってからでないと乗車できません。

3年位前までのように、(乗る際に)運転手にお金を払って切符を買う方式ではありません(これが原因で停車時間が長くなるので)。

さて、子ども2人をとっとと「2階に上がりなさい」と言ってあがらせたはいいが、運転手に表の券売機で切符を買ってから・・・」と言われた年輩の女性2人は切符を買うためバスから降ります。

普通は、そのバスを見送って、次に来るバスに乗るというのがよくあるパターンで、バスはドアを閉めて発車してしまいます。

普通ならそれでよいのですが、子ども2人はバスの中。バスが動き出した瞬間、バスの中に残っていた若い女性が、信じられない!という感じで泣き喚きながら出口用のドアに向かい「緊急開閉ハンドル」を捻ってドアを開けます。
a0067582_10135090.jpg

動き出したバスですが、運転手は止めるしかありません(そんな状況で発車してしまう運転手もどうかと思います)。

そんな両者の攻防のすえ、やっと切符を買った年輩女性2人がバスに乗ってきて、言った言葉が「ごめんなさい、(乗る前に)切符を買うとは知らなかったので」と笑顔で。

これまた、おい!おい! あなたたちが切符を買って戻ってくるまでの間、バスの中の雰囲気がどんなものであったか、それにここのバス停は、すぐに発車しないとピカデリーの交差点に影響を及ぼし渋滞になる場所(わかりますよね、三越のあるLower Regent Streetから左折してすぐなので、ここでバスが長時間停車すると、Lower Regent Streetからの信号が青でもバスが左折してこれず、シャフツベリー・アベニュー、チャリング・クロス・ロード、ハイ・ホルボーンまで、影響してしまうのです)。

慣れてるんだか、慣れていないんだか・・・と書いた理由はそういうわけです。(英国人のようでしたけど)「知らなかった」という一方で、バスが動き出した瞬間、速攻、出口用のドアに向かい「緊急開閉ハンドル」を捻ってドアをたやすく開けた女性。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-04-10 10:14 | :: Vehicle
「クラブアップル」の木を見て、紅梅を懐かしむ
a0067582_5453569.jpg

冬に雪が降らなかったロンドン。4月だというのに、今日(日曜日)の午前中はが降っていました。
a0067582_5461094.jpg

今週は暖かな日が続いたので、今日との気温差は15度以上。異常気象です。

不思議なのが、なぜ、この国のコンクリートレンガの上には雪が積もらないのか?(↓)
a0067582_5463412.jpg

グリット・ストーン(Grit)を撒いていないことが明らかな場所ですら、雪が解けちゃうんですよ。

雪が溶け出した午後1時半頃、庭に出てみると、結構、積もってます(この深さだけ積もったわけで)。
a0067582_5471431.jpg

庭に出た理由は、日本にはないこの木(花)(↓)の写真を撮るためなんです。
a0067582_548724.jpg

まるでカーペットを敷き詰めたような群生に感動させられることの多い英国ですが、この時季はやっぱり(土の上の花ではなく)木に咲く花に心惹かれます。

花の名は「カーマイン・クラブアップル」(Carmine Crabapple)。
a0067582_549385.jpg

学名は Malus atrosanguine といい、Malus はリンゴ(主に観賞用リンゴ)のことでラテン語から来ています。実際ラテン語では「悪い」という意味。アダムイヴがリンゴを食べたのが諸悪の根源だからでしょうかね~?!

ヨーロッパやアメリカで品種改良が進んだため、ここ英国のガーデン・ショップで普通に買える木が、日本では買えないということがあったり、名前や学名がわかっているのに適切な日本名が見つからないことがよくあります。

実はこの木の手前には、実際に青リンゴの実の生るリンゴの木が植えられています(去年の青リンゴの木
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-04-07 05:54 | :: Plants & Parks
シティの権威のシンボル 'London Stone'
ロンドン発祥の地「ザ・シティ」。

ロンドンの街の起源は、紀元47年にローマ人が、ブリタニア(=英国)支配の拠点として、現在の金融街「ザ・シティ」(世界三大金融市場の一つ)に「ロンディニウム」(Londinium)という町を建設したことに発しており、その後、町の防衛のため市街(London Wall)が築かれます。
a0067582_86108.jpg

現代においては観光客で賑わうウェスト・エンドが、単に壁の外でまだ草原でしかない遠い昔のことです。

キャノン・ストリート駅(Cannon Street)を出たら向かいのビルを見てみてください(若干、右方向)。神秘に包まれた「ロンドン・ストーン」が建物の壁に設置されています。
a0067582_863494.jpg

一説によれば、ローマ人がここブリタニアを測量するのに用いたといわれています(ブリタニアの全ての距離を測る)。

シェイクスピアやチャールズ・ディケンズも、自身の作品の中でこのロンドン・ストーンに触れる程、シティの権威のシンボルとして認識されていました。
a0067582_865862.jpg

1450年、バラ戦争の発端となるジャック・ケード(Jack Cade)に率いられた農民一揆がケントとサセックスで起こり、一時ロンドンを手中に治めますが、彼がロンドンに入った時、元々この石の前は公式の宣言(発布)が行わる場所であったことから、統治権のシンボルであるこの石を逆に剣で打ちつけ勇気つけにしようとします。末路はというと、後は処刑場へ一直線みたいな末路、という迷信のような話が残っています。

この石、第二次世界大戦までは、すぐ傍にあるSt Swithin's Church の外壁に設置されており、今よりも、もっと大きな石でした。
a0067582_87201.jpg

ロンドン塔のことわざ(神話)に、「ブルータスの石が長く安全であれば、ロンドンも長く栄える」という言葉があり、これは、石が(ロンドンを創った伝説の)トロイの王子ブルータスによって作られた祭壇の一部であるという逸話があるからです。

さて、週末のシティは、人気も車も疎らで静かです。登録人口は3,000人に過ぎないシティですが、平日の昼間の人口は30万人も働く活気に溢れたビジネスエリア。週末の方が好きでして・・・
a0067582_874651.jpg

最近のロンドンでは、公園や車道の花壇でチューリップ(Tulip)をよく見かけます。チューリップと聞くとオランダを連想するでしょうが、チューリップは、元々、トルコ原産の花で、イスタンブールに駐在していたオーストリア大使によってヨーロッパに紹介され、世界的に広まった花です。

大使がこの花の名前を尋ねた時、「チュルバン(頭に載せるターバン) に似ているもの」と言われたために、 それが花の名前になりました。400年前のヨーロッパでは、チューリップの新品種を投機の対象にしたため、今日では、本当に多くの種類と系統があり、数え切れないほどの改良品種が誕生しています。

そして、そんなシティからホルボーン方向へ、ミュージカル「グリース」(Grease)の風船をつけたブラックキャブが車列を組んで何台も通過して行きました。
a0067582_88160.jpg

車の中には、どれも子ども達が乗っていて、歩行者に「ハロー」と声をかけながら楽しげ・・・。何の催しだったんでしょう?
a0067582_881862.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-04-06 08:08 | :: Walk & Streets
典型的な食事
人の食べている物を上から覗き見するのは、いけないことでしょうが、「テーブルごとに(面白いほど)傾向が偏っている」と思ったので・・・
a0067582_6284017.jpg

左から順に3つのテーブルを見てみると・・・

一番左の家族は、「スープ(ブレッド付き)」。一番リーズナブルな典型的な軽めのランチですが、「スープ(withブレッド)」場合、大抵、全員がこれをオーダーする傾向があるので、皆がこのメニューで統一されているのは無理ないのですが・・・
a0067582_629678.jpg

お隣(写真中央)のテーブルは、全員が「フィッシュ&チップス」
a0067582_6292499.jpg

そして、一番右のテーブルは、パスタ、スパゲッティ、ピザといった具合に「イタリアン」で統一されていました。
a0067582_6294343.jpg

これを「協調性」というんだろうか?それとも、今の気分が全員一緒なだけ?
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-04-06 06:29 | :: Food & Beverages
ロンドンの朝
a0067582_61385.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-04-06 06:01 | :: Lookup into Space
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp