旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2008年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
「ほおずき」と「ブリタニア」
イングランドが「ホワイト・イースター」となった先週末のイースター・ホリデーは、スコットランドに行っていました。
a0067582_18411974.jpg

エディンバラ辺りは、逆にが降っていなかったので、今年は一度も雪を見ることなく終わるな~と思っていたのですが、ロンドンの空港に着いた瞬間、再びロンドンでは雪が降り出したので、ようやくコンコンと降る雪をみることができました。
a0067582_18422383.jpg

さて、エディンバラのシティセンターから見て北に Ocean Terminal というショッピングセンターがあります(場所はここ - Map)。ホリールード宮殿横の(火山でできた丘)アーサーズ・シート(↓)が見えていますから、これからも位置関係の想像できることでしょう。
a0067582_1843831.jpg
a0067582_18435398.jpg

そこで、ランチがわりのアフタヌーン・ティを注文。
a0067582_18443265.jpg
a0067582_1845078.jpg

マナーの良い友人、ちゃんと上段のサンドウィッチを2つ、3つと口に運んでいるので、「別に、マナーは気にせず、次の段のスコーンを食べても構わないからねっ」と私が言っても、人目がありますからね~ 上から順に皿を空にしてから下段に進みました。
a0067582_18455120.jpg

さて、最後に食べるケーキとフルーツの皿に、「ほおずき」がありました。ほうずきは、ヨーロッパではフルーツで、食べれることは知っていましたが、子どものから「ほおずきは食べてはいけない!」と言われて育ったゆえ、いざ食べるとなると躊躇します。

お味は、プチトマトに似ています。そういえば、トマトも野菜じゃなくて果物でしたよね。

プレゼントやお見舞いなどのフルーツ・バスケットを作ってもらう際、イチゴ、バナナ、りんごなどと一緒に、ほおずき(physalis)もパッケージされますし、しっかり、デザートにも使用されます。
a0067582_18471294.jpg

これは、フレンチスタイルのチョコレートをコーティングしたほおずき。
a0067582_18463456.jpg

さて、この Ocean Terminal ですが、何で有名かというと、ブリタニアが係留されている場所ということ。
a0067582_1847519.jpg

Royal Yacht Britannia(HMY Britannia=女王様のブリタニア号)は、1953年造の船で、1997年にその使命を終えるまで、44年間、外遊する際のエリザベス女王をはじめとするロイヤルファミリーを135ヶ国600以上のポートに運んだ船です(334日間、合計108万7623海里)。
a0067582_18483447.jpg

引退にともない、その係留場所の権利をエディンバラ市が獲得し、今は博物館として公開されています。
a0067582_18485974.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-03-30 18:50 | :: Travel
変わったこと
私の周りで変わったことといえば・・・
a0067582_1741439.jpg

一ヶ月程前に、家の真ん前の電灯にスピードメーターが取り付けられたこと。

時速30マイル(時速48km)を超えて近づいて来ると、速度が表示され、(ただ単に)ドライバーに注意を促す目的。
a0067582_17414960.jpg

罰則があるわけではないただのスピード表示ですが、一応、速度を落として、私の家の前を通過してくれることは良いことなので、喜んでいたのですが・・・

昨日見たら、取り外されていました。何とも、さすが英国!いい加減です。
a0067582_17423397.jpg

次いで、最近の牛乳ボトルの口にPULL(引く)と書かれた透明なものが(もともとの白いラベルに)付け足されたこと。
a0067582_1744979.jpg

すべてにおいて、注ぎ口の工夫が全くなされていないこの国の商品。日本のサラダ油のボトルをはじめとした製品の注ぎ口は優秀というか、なんて日本人は繊細なんだと実感できるほど、こちらのはお粗末なものばかり。

従って、たかがこんなものがついただけで、「へ~!」と驚いてしまうわけで・・・

PULLを剥がそうと持ち上げると、その引力で、もともとの白いラベルが横から持ち上がり簡単に剥がせるという仕掛け。
a0067582_17444445.jpg

こんだけのことか?!
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-03-30 17:44 | :: Mysteries...?
GET! して嬉しい物
手に入れて嬉しい!と思った物があるんです。
a0067582_752257.jpg

プラグカバー。携帯電話やデジカメの充電用コードごときを買ったのでは、このプラグカバーはついていませんが、家電製品になるとつけてるらしい。

友人が、最近、カタログ電化製品ショップ「アルゴス」ライス・クッカーを買ったのですが、箱から取り出して、付属品を見てみると、電気コードのプラグ部分にこのカバーがされていました。

因みに、ライス・クッカーは炊飯器であって(日本でよく使われている)炊飯ジャーではありませんが、使い方は完全に同じ。それに安く購入できるのが利点。
a0067582_753195.jpg

シャモジ計量カップも(一合、二合と思われるところには、1 cup, 2 cupとメモリがついている)日本スタイルの付属品がついています。取り外せる釜の内側にも、水を入れる目安が、1 cup, 2 cup・・・の場合はここまで入れるというメモリが炊飯ジャーと同じようについています。

さて、箱から取り出した新品のライス・クッカー。友人が、プラグからカバーを外して、ゴミ箱に捨てるのを見た私、思わず「それ欲しい!」と言ってゲットしました。
a0067582_7545794.jpg

旅行などで、携帯やデジカメの充電用コードを持っていく際、これはいい!と思ったから。

次いで、見つけて嬉しいと思った物が、ランチボックス
a0067582_7554012.jpg

パン文化のヨーロッパならではのランチボックスですが、パンがつぶれないように二重構造になっているタイプは初めて見ました。アイディア商品ですね~。
a0067582_7555870.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-03-28 07:56 | :: Recomendable
エジプト人は「イースター」がお嫌い?
キリスト教最古の儀式「イースター」(Easter, 復活祭)。今日から英国はイースター・ホリデーで4連休です(Good Friday, Holy Saturday, Easter Day, and Easter Monday)。
a0067582_10315137.jpg

ユダヤ教では「過越祭」(すぎこしさい、ホール・ハン・モーエード)。遥か昔、イスラエル人(ユダヤ人)は、エジプトで長い間、奴隷として働いていました。

神様は、当時80歳になっていたモーセを民の指導者に任命して「約束の地」へと向かわせようとしますが、エジプトのファラオがこれを妨害します。そこで神様は、エジプトに対して「十の災い」を臨ませます。
a0067582_10322730.jpg

神様は、ヒキガエルやイナゴをエジプトに送り込むのですが効果がありません。最後(十番目の)災いは、人間から家畜に至るまで、エジプトの「すべての初子を撃つ」(エジプト人の長子と彼らの家畜の初子を殺す)というものでした。

神様は、戸口に印のない家に、その災いを臨ませることをモーセに伝えます。その印というのが、(または山羊)を屠殺し、そのを家の2本の戸柱と戸口の上部に掛けるというものでした。つまり、戸口に印のあった家(ユダヤ人)には、その災厄が臨まなかった(過ぎ越された)ことに由来するネーミングです。

屠殺された羊は定められた方法で料理をしてその晩に食べられました(現在も)。聖書の出エジプト記 に記述されている、古代エジプトで起こったとされるこの出来事(エジプトに災難をもたらしたこと、無事、エジプトを脱出したこと)をお祝いする行事でご馳走を食べます。
a0067582_1033181.jpg

この「過越祭」の晩餐が、有名な「最後の晩餐」としてキリスト教に登場します。

そして、その夜、イエス・キリストは捕らえられて、翌日金曜日に十字架にかけられます。アリマタヤのヨセフが遺体を引き取って、その晩のうちに墓に収めますが、日曜日の朝、墓に行ってみると墓は遺体を包んでいた亜麻布だけを残して空っぽでした。イエスが復活した、ということになるわけです。

そこで、キリスト教ではこの復活祭の方がクリスマスよりも重要です。十字架にかけられた金曜日、この日よりイエスを通して「救い」が万人に与えられたとされるため、命日にも関わらず 'Good Friday'。この日(金曜日)はミート類を避けてお魚を食べる日です。

日曜日にはお祝いのご馳走を食べます。季節柄、子羊(スプリング・ラム)を料理する家庭が多いのですが、それ以外にもローストチキンなんかが食卓を飾ります。
a0067582_10333825.jpg

イースターには、新しい命の象徴として「卵」をプレゼントする習慣がありますが、王侯貴族の間では宝石をちりばめた物(ロシア皇帝のインペリアル・エッグが代表的)や、その昔は本物の卵だったり、卵をかたどったお菓子だったり、身分や時代で変化してゆきます。近年の一般人は、イースター・エッグと言うと、やっぱり「チョコレート」が一般的!

ちゃんとしたチョコレート屋さんで買うと£25~£50(5,000~10,000円)。スーパーマーケットなら£5位から(1,000円~)。通常、卵形をしたチョコの中に小さなチョコが詰まっています。きれいに包装がしてあれば、買ってきた自分のチョコを、前の晩に、他の人が、のあちこちに隠します。朝、目がさめたら自分のチョコレートをハントします(見つけた分だけ食べられる)。
a0067582_1034272.jpg

キュー・ガーデンなどでは、毎年、子ども向けのイベントとして、「エッグ・ハント」(Ref: Easter Egg Hunt on Sunday, 23rd March)を開催していますが、広いお外でなくても、家の中で家族で楽しむ方法があるというわけです。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-03-21 10:37 | :: Annual Events
200円をきりました!
こんな日が来るなんて!信じられません!

去年の今頃は、£1=250円代でした。それが、只今199.98円。円高です!
a0067582_21375845.jpg

200円以下だったのは、5年以上は昔のことに思います。

日本に銀行口座を持つ私。£200を下ろすと去年なら50,000円強の金額を口座から引き出した換算レートになりますが、今、同じ£200を引き出すと39,996円ですみます。1万円強の差!

去年の今頃、お金を下ろす度に、「あ~、1万円くらい損をした(捨てた)」と何度思ったことか・・・

「でも、鈴木さん、働いているから(ポンドでお金をもらっているから)関係ないか?!」と大家さんに言われましたが、いえいえ関係あります!クレジットカードがインターナショナル・カードなので、カードで支払った場合の換算レートに影響するので、円高は嬉しい限りです。

円よ、頑張れ!!

* BBC 1 のチャンネルを Teletext 画面にし、241 を打ち込むと、ポンドに対する為替レートがでます。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-03-16 21:36 | :: me-and-my-life
久しぶりに「鷲のマークの・・・」
「こちらでは、なんですか?!」

ヤクルトならまだしも、大正製薬の「リポビタン」を英国で見るのは初めてです。同僚たちと日本料理店に行ったのですが、ソフトドリンクのメニューに「リポビタン」がある日本料理店も始めて。
a0067582_2192277.jpg

「ファイト!一発!」のCMでお馴染みの栄養ドリンク「リポビタンD」。同僚いわく、こちらでは、小瓶ではなく販売とのこと。やっぱり、栄養ドリンク類はビンでないと拍子抜けしてしまうというか、効く気がしない。

日本で売っている小瓶より、缶で販売した物の方が、当然、量が多いので、少量であるがゆえの貴重価値意識(薬感覚)も薄れちゃうわけで・・・

潜在意識からくる思い込みなんですけどね。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-03-16 21:09 | :: Food & Beverages
金持ちは、全てにおいて金持ちであらねばならぬ!
5年間、私の腕で動き続けたカルティエが止まりました。流石はカルティエ!5年も電池がもつのかっ!と感動したのはつかの間、さて何処で電池交換をしたらよいのか?
a0067582_8122126.jpg

日本ならばデパートの時計・ジュエリー売り場ですが(新宿小田急百貨店でやってました)、英国で電池交換をするのは初めての経験です。

友人(英国人)に一応聞いてみると、「街のジュエリー屋さん」とのこと。「時計はどこの?」と聞かれたので、カルティエと言うと、「では、まず、ショーウィンドーを見て、カルティエを取り扱っている(販売している)かどうかを確認し、あればできるはず」と。「相場は7ポンド(1,400円)くらい」と教えてくれました。

<一軒目>
足を踏み入れただけで緊張するような雰囲気の店内と店員の品の良さ。「電池を交換したい」と言うと、ブランド名を聞かれ、その後、とても立派な奥のサービスコーナーへ通されました。
a0067582_8131485.jpg

思わず「16ポンド(3,200円)?」と聞き返してしまった費用が60ポンド(12,000円)とな。「高~い、考えてからまた来ます~」と言ってお店を後にしました。

20万円もする時計(カルティエ)をしている人が、12,000円と言われて考え込むことなど、この国ではありえないでしょう(あ~、はずかしい)。スーパーマーケットも、生活水準にあったチェーンを使い分けているこの国の人ですから・・・

日本は、ごく普通の人でもロレックスやカルティエの時計をしているわけで、全てにおいて「身の丈にあった買い物」の統一意識が英国の人ははっきりしていると思います。

<二軒目>
とても品の良いおば様が対応してくれ、「どこの?」という問いに、時計をした腕を何気に差し出しながら「カルティエ」と答えると、「うちでは扱えないの」と言ったすぐ後に、優しく小声で「セルフリッジ」とささやいてくれました。
a0067582_8135249.jpg

そうか!やっぱり、セルフリッジでいいか~!と、ちょっとルンルン気分でセルフリッジ百貨店へ。地下のキッチン用品売り場の先に、TIMPSON の広い修理カウンターが3つ。
a0067582_814485.jpg

靴や傘の修理、合鍵依頼のカウンターとは別に独立して時計のカウンターがありました。
a0067582_8142316.jpg

ここなら安くできるにちがいないと思ったのですが、提示された金額は59.95ポンド。殆ど60ポンド。ここでも再び依頼するかを悩んだ私です。何で、高いかを説明してくれたけれど、頭の中は、今度日本に帰る時まで待って日本でやるか、それとも、日本でやっても同じような金額か?ということ。

二軒ともに同じような金額だったので、「え~い!やってしまえ」で、電池交換をしてしまいました。
a0067582_8253387.jpg

日本だと、オーバーフォール込みで3~5万円。電池交換だけだと6,000円くらいでできるらしいと知った今日(修理は昨日)。う~ん、判断を誤ったかもしれない?!
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-03-14 08:16 | :: Shopping
在英日本大使館で一騒動 - 調査捕鯨
ロンドンの在英日本大使館前は、私の毎日の通勤路ですから、いつもと違うことが一つでもあると「何かあったのかな?」とすぐわかります。

いつもは、(外からでも見える入り口の所にある)セキュリティー・ゲートの所に警備員が立っているだけなのに、入り口の外(道路)に警察官が立っていたのです。
a0067582_414654.jpg

日本の調査捕鯨のニュース(南極海で調査捕鯨中の「日新丸」を妨害した米環境保護団体のシー・シェパードに海上保安庁が7発の威嚇射撃(警報弾)を行った)が流れたばかりなので、その抗議活動に対応するためなのだろうぐらいに考えていたら・・・

日本大使館前で、垂れ幕持って集団が抗議するどころか、6日(木)午前8時頃、捕鯨反対を訴える活動家が大使館の3階のバルコニーによじ登って抗議する騒動があったそうです。私は、毎朝、8時10分頃、この前をバスで通過するので、おもいっきり、その時間?

その後、環境保護団体シー・シェパードのメンバーを名乗る活動家が入り口付近で15分間にわたり座り込み抗議したそうです。
a0067582_423397.jpg

「鯨」=保護しなければならない動物。単純にこの認識しかないヨーロッパでは、調査捕鯨どころか鯨を未だに食している日本人が不思議であり、BBCの画像に鯨を調理しているカットがあったりするわけで・・・

ヨーロッパは圧倒的に反捕鯨国。今年に入ってからだけでも、日本の調査捕鯨映像(ニュース)を少なくとも三度は見ています。グリンピースが、調査捕鯨中の日本船をフィルムに抑えた映像とか。今度は、威嚇とはいえ射撃しちゃったかっ・・・

実際に乗船していたシー・シェパードの会長がテレビでコメントし、「危険だった」とか「怪我をしている人がいる」とか被害者きどりで語っていましたが、これを見ている人は、いったいどちらの肩を持つのか?どちらに火があると思うのか?日本ってやっぱり軍事国と思う人がいるのか?

国際捕鯨委員会((International Whaling Commission: IWC)は、8日、環境保護団体シー・シェパードによる日本の調査捕鯨船を標的とした南太平洋での抗議活動について「海上の安全を脅かす危険な行動で受け入れられない」という声明を採択したそうですが、その後のことまでニュースでなんか報じてくれませんよ。

それに、日本が捕っているのはワシントン条約であがっている種類の鯨ではなく、その他の種類の鯨であること、また、日本海沖で鯨が小魚をばくばく食べてしまうから漁業の深刻な問題になっているため、何を食べているのか(お腹を割って)調べてるとか・・・そんなこと知る由もないんだろう。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-03-10 04:02 | :: News
私は EU の国民ではないのに?
英国、世界で二番目にタバコが高い国です。正規の値段は、(一箱20本)5.90ポンド(1,200円位)。

国外に出た際(ダブリン空港)、免税タバコが安かったので(とはいっても、日本のタバコ屋で買うよりは遥かに高いですが)買おうとしてはじめて知ったことがあります。

EU圏内に向かう航空チケットの人は、免税タバコが買えないという事実!

(写真がボケてますが↓)の看板が天井からぶら下がっているのがわかりますか?
a0067582_22584132.jpg

は、EU圏外に飛ぶ(EUから出る)人の金額...これが本当の免税金額
は、EU圏内に飛ぶ(他のEU圏が目的地の)人の金額...免税なしの金額
-------------------------------------------------------------------------

この表示は、空港の免税店の「酒」「タバコ」のコーナーにだけあり、看板だけではなく、棚の値札も色分けされています。「酒」は緑と青の両方の表示がありますが、「タバコ」は緑だけで、青の値札には、金額ではなく「買えませんよ!」と文章が書かれています。

英国人も、変だ!と言うこの EU規定・・・ EUの、英国の国民でもない私(カテゴリーとしては一時滞在者扱い)、イミグレーションも EU Passport ではなく、Other Passports の私が、何で、こういう時だけ EU圏内の人間扱いなのさ!納得がいかない!

意味、わかりますか?要は、私のチケットが、日本行きなら、酒は緑色表示の金額で買えて、タバコも購入できるけど、私の目的地がロンドン(EU圏)だから、酒は(緑ではなく)免税無しの青の表示金額で、タバコは(緑には該当せず、且つ)青なので「売りませんよ」というわけ。
a0067582_22591379.jpg

そこで英国人に聞いてみました。

(EU圏の人である)英国人が、EU圏であるベルギーに行くとして、行った先のベルギーの街場のタバコ屋では16カートンまで買って帰ってこれる(持ち込める)。しかし、空港などの免税タバコは一切購入できない

また、英国人が日本などEU圏外に行く場合は、外国扱いなので、街場で買おうが免税で買おうが、1カートンまでしか買って帰ってこれない(持ち込めない)。

この事実、日本人旅行者にも該当します。

日本から旅行でベルギーに行き、空港の免税でタバコを買いたいと思った場合、持っている(今から飛ぶ目的地の)チケットが、ドイツだったら、タバコは売ってもらえないわけです。EUから出る(最終の)空港でしか買えません。

ブランドの香水や化粧品は、免税で安く買えるので、これらは、ロンドンの街場で買うのではなく、空港で買うようにしています。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-03-09 22:59 | :: uk is ...
(大人と同じことをしたい)子ども心
この子の水色のスーツケース、“おもちゃ”とはいえ、ちゃんとバーが引き出せるようになっていて、ケースを傾けて引っ張っていけるんです。
a0067582_8163026.jpg

飛行機に搭乗する時、お母さんに手を引かれ、もう片方の手でスーツケースを引いて行ったお子さん。意外と様似になってかっこよかった。

でも、よく見て!中に入っているのは、プーさんの“ぬいぐるみ”とかで三点くらいしか入っていない。このぬいぐるみのために、荷物が一つ増えるのは・・・? 親って偉いな~と思います。

一方、女の子の場合、赤ん坊が赤ん坊の面倒を見ている的な(おもちゃの)乳母車 (商品名:Girls doll pram, 15ポンド前後<3,000円>) を押しているオールド・ベイビー・ガールズを公園などで見かけます。こんなタイプ(↓)

a0067582_8172866.jpga0067582_817468.jpg


お母さんは、その子の妹だか弟だか赤ちゃんを乗せた本物の乳母車を押し、まだ赤ん坊のような女の子は、人形を乗せた乳母車を押しているんですよ。

(私が親なら、スーツケースも乳母車も)「邪魔くさい!」

家の庭で遊んでいる分には良いが、外出する時は、「そんなもの(家に)置いていきなさい!」と言うと思います。

おそらく、日本では、殆どのお母さんが、そう言っているから(ダブルお母さん&乳母車なんていう光景を)見かけないんじゃないのかな?!
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-03-06 08:18 | :: Mysteries...?
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp