旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2008年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Clothing Alterations and Repairs
a0067582_10453962.jpg

私がズボンを買う時は、必ず、裾上げをしてもらう必要があります。
I always need to have the hems of my trousers turned up.
a0067582_1046599.jpg

日本では、普通、買った店で裾上げをしてくれますが、英国では、紳士服(スーツ)の専門店でしかそんなことはしてくれないと思います。

ロンドンにあるユニクロも、「場所が変わればサービスも変わる」で、裾上げは行いません。
a0067582_10481494.jpg

一般的には、クリーニング屋さんに依頼するらしいですが、買ったばかりの服を持って、こういった店(裾上げ/裾下ろし/修正)に直行する人が結構います(相場9ポンド~)。すいていれば1時間でやってくれます。
a0067582_10483429.jpg

日本はいいな~!面倒くさくなくて・・・ と思う瞬間です。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-01-30 10:55 | :: Shopping
King's (Private) Road
ちょっと、足元を見てみてください。面白い物を見つけることができるはず。

Just look down below your feet. You will find some interesting things in Duke of York's Square.
a0067582_11284489.jpg

土曜日になると、Duke of York's Squareで開かれるチェルシーのサタデー・マーケットにしばしば出かけることは周知の通りですが、そこには、18世紀のキングス・ロードの地図があります。

As you already know, I often go out to the Saturday Market in Duke of York's Square, Chelsea. Embedded in the square is a reproduction of the 18th century map of King's Road.
a0067582_11291139.jpg

スローン・スクエアからフラムまでの(チェルシーに沿って走る)キングス・ロードは、元々、チャールズ2世がキュー(現在のキュー・ガーデンがある辺り)に向かうためのプライベート・ロードでした。1830年まで、国王のプライベート・ロード (King's private road) として使用されますが、その間、一般の人も通行許可書を得て使用することができました。

The King's Road, which runs through Chelsea from Sloane Square to Fulham, derives its name from its original function as a private road used by Charles II to travel to Kew. It remained a private royal road - King's private road until 1830, but people with the right connections were able to obtain a pass to use it.
a0067582_1130173.jpg

現在のバッキンガム宮殿まで行ってみましょう!
Let's go to the present Buckingham Palace with me!
a0067582_11305846.jpg
a0067582_11311577.jpg
a0067582_1132989.jpg

'Bloody Bridge' (血まみれの橋)などなど・・・興味をそそる。
I find some fascinating details like 'Bloody Bridge'.
a0067582_11325170.jpg
a0067582_11341791.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-01-27 11:34 | :: Walk & Streets
伝説の殺人鬼 (Fabled Serial Killer, Sweeney Todd)
数日前のヴィクトリア駅で、グロテスクなメイクと時代衣装の人、そして理髪店のセットが組まれているのを見かけたので、娯楽施設として人気の高い「ロンドン・ダンジョン」がプロモーションをしているのかと思いきや、そうではなく、映画「スウィーニー・トッド」のプロモーションでした。

A few days ago, I saw people who wore a lot of grotesque make-up and traditional costumes, and an indoor set of barbershop. It was to promote for the film 'SWEENEY TODD', not for the entertainment place 'London Dungeon'.
a0067582_1254844.jpg

「理髪店」「ミートパイ」といえば・・・、18世紀ヴィクトリア時代のロンドンで、150人以上のお客を、仕掛け椅子・隠し回転床(この二つは有名)・商売道具の剃刀で殺害し、その死体(肉)で作ったミートパイが(そんなこととは露知らない)人々の間で大評判となった身の毛もよだつ有名な殺人鬼のお話。

The demon barber in British history, Sweeney Todd, had his shop at number 186 Fleet Street, London. He murdered over 150 unsuspecting customers by swinging over chair, trapdoor and his razor in his shop, and then Mrs. Lovett, Sweeney's amorous accomplice, who created diabolical meat pies which got popular among the unsuspecting people in the Victorian 18 century.
a0067582_126196.jpg

ロンドンのフリート・ストリート186番地。理髪店主の名はスウィーニー・トッド。後年、繰り返し、ミュージカルや映画の題材になっている人物です。客が椅子に腰掛けて、「ロンドンに来るのは久しぶりでねえ」などと云おうものなら、その客は二度と故郷へは戻れない。

The story of Sweeney Todd has been being played in the musical and movie repeatedly.

椅子がガタンと後ろに傾いて床が回転し、頭から地下室に落ちてしまうからくり。死体は地下道を通って裏のミートパイ屋の経営者兼理髪店の大家であるラヴェット夫人に引き渡される。ロンドン一不味いといわれていたミートパイ屋が、あっという間に美味いと大評判になるんです。

There were some underhanded tricks, such as inclinable chair, revolving floor, and customer's body fell from head in basement. With his landlord the pie maker Mrs. Lovett, they discovered a disused underground tunnel leading from the cellar of Sweeney's shop to Mrs. Lovett’s pie shop.
a0067582_1265732.jpg

スウィーニー・トッドの物語は、元々は小説で、「真珠の首飾り」という題で雑誌に連載されました(トーマス・プレスト著)。翌年、「フリート・ストリートの悪魔の理髪店」のサブタイトルで上演されて評判となり、口から口へと伝えられるうちに「実は本当にあった話」として都市伝説化します。

The original tale of Sweeney Todd 'The String of Pearls' was first published as a weekly serial in 1846, which was written by Thomas Preskett Prest. Next year it opened at the Britannia Theatre in Hoxton, with the title 'Sweeney Todd - the Demon Barber of Fleet Street' and billed as 'founded on fact'. It was something of a success, and the story spread by word of mouth and took on the quality of an urban legend.

しかし、ニューゲイト刑務所の1802年1月29日の日誌に、トッドという名の気が狂った理髪店主の経歴が詳しく記述されていたこともあり、モデルになった人物が実在したのではないかと言われています。

However, it was actually detailed about the career of the mad barber Mr. Todd on the diary 29th January 1802 of Newgate Prison. So it is said there is a possibility that a character who had acted as a model existed.

英国は、自国の歴史的出来事や文学作品などを題材にした映画、TVドラマを提供することが多いので、そういったものからも、まあ、いろいろと(英国人なら誰でも知っているような)一般常識的な知識を得ることができます。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-01-25 12:07 | :: TV & Films
Dunking
a0067582_13495218.jpg

もし、紅茶やコーヒーのソーサーにビスケットやチョコレートが添えられていたら、それは(日本人が考える)「お茶請け」とう概念ではなく、むしろ、「ダンク」のためのお菓子の意味合いが強い気がします(伝統的なヨーロッパスタイル<ヨーロッパ各国>のため、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどでも)。

In Europe, the USA, Canada, Australia, New Zealand etc., if a biscuit or chocolate is garnished on the saucer for coffee/tea cup, it leads to 'dunking biscuits', not just 'refreshments' in the Japanese concept.

「ダンク」とは、Biscuit Dunking / to dunk biscuits / Are you a dunker? という使い方をし、ようは紅茶やコーヒー、又はミルクに、ビスケット(又はチョコレート、パンなど)をちょっと浸して食べること。

To dunk is to dip biscuit, bread or cake into tea, coffee or milk, and then eating.
a0067582_13503594.jpg

以前通っていた学校の先生と、月に一度はお茶をすることを習慣としていますが、このロンドン生まれのロンドン育ちの先生(英国人男性)が、ダンクをする姿を見た時、「やっぱり、あなたもか!」と心の中で呟きました。

ビスケットメーカーもダンクを念頭に置いた商品を販売したり、ダンクに最も合うビスケットはどれ?というサイトがあったり、物理学者も専門的な数値を割り出したりといった具合に、至って真面目な習慣

The biscuit manufacturers take their products into consideration that people dunk biscuits, also there are web sites'The best biscuit for dunking'. In addition, the physicist calculated a special numerical value. So dunking is a very serious custom.

ベルギーのロータス・カラメル・ビスケットやオーストラリアの Tim Tam が代表格でしょうが、イングランドでは(やっぱり英国ブランドの)McVitie's が一番マッチする気がします。

Although Lotus Caramelised Biscuit (Belgium) and Tim Tam (Australia) are famous (for dunking), I think McViti’s is one of the best biscuits in England.
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-01-21 13:51 | :: Food & Beverages
小売価格 (MSRP - manufacturer's suggested retail price)
(私のお気に入りの)ネスレの4 fingers 'Kit Kat' も買う場所によって価格が違います。知る限りでは、一番安くて 32p、一番高くて59p。メーカー側よ(この場合はネスレ)、そんな状況を許していいのか?!

As far as I know, (my favorite version) Kit Kat four-finger of chocolate bars are sold between 32p and 59p in the UK.
a0067582_1085518.jpg

(メーカー希望)小売価格 (MSRP) というものが、英国にも一応は存在していますが、実際には「小売価格の存在しない国ですからね~」という言葉を聞くことがあります。同じメーカーの同じ商品なのに、店によって価格がマチマチ。同じチェーン店でも、立地によって商品の価格を変えていることについても、受け入れなければならない常識

MSRP (manufacturer's suggested retail price) in the UK certainly exists, but it doesn't actually seem to be working. It's very rare that same products are offered through the UK at exactly the same retail price. The gap between MSRP and actual retail price depends on the store, location as well.
a0067582_1074966.jpg

さて、殆ど全ての店が、まだセール期間中の英国。ブランドショップ、服、文房具、本、DVD、CD、電化製品、家庭雑貨、シアターチケット、果てはやアパートまでも・・・ そして、他に漏れることなく、ゴディバもセールをします。

Still on sale at all shops in the UK, 'GODIVA' as well. I have wondered.
a0067582_1091680.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-01-21 10:09 | :: Mysteries...?
Lebanese Cuisine
ロンドンで、レバノン料理レストラン「マロウシュ」と言えば、結構知れていますが、先日、「マロウシュ」チェーンレストランの中でもカジュアル・バージョンのレストラン「ベイルート・エクスプレス」で食事をしました。

I went to a Lebanese restaurant. 'Beirut Express', which is the casual version restaurant of 'Maroush' restaurant chain.
a0067582_535266.jpg

場所は、当然、(レバノンに限らず、すべの)アラビック・コミュニティのメッカであるエッジエア・ロード。

The place is in Edgware Road which is a magnet for all Arabic nations.
a0067582_5353430.jpg

日本のファミレスみたいで、家族連れやカップル、友人同士・・・。英国人は殆どレストランで外食をしないので、こうやって、家族で気軽に食事をしに来ている光景が、なんとも不思議な感じでした。レバノンの方々は、家族や友人とこういう時間の楽しみ方をするのね~と感じた瞬間(日本人と同じ)。

I wondered at it that Lebanese people spend much of their time with friends and family on eating and taking part in conversations at the restaurant, because British people rarely dine out at the restaurant with family or friends.
a0067582_5363098.jpg

繁盛している(混んでいる)店内とはいえ、とても写真に撮れる雰囲気ではありませんでした(よそ者が、人様の家の台所を写真に撮ろうとしているような感覚)。店の外にも、食事を終えた人達が、まだまだ会話は続くという感じで、楽しげにタムロっているので、外観を撮るもの断念。

さて、フードですが、私は、この手の料理はあまり好きではないのです。普通に食べられますが、ず~っと昔から美味しいと思ったことがない。

By the way, actually I don't like this kind of food. I can eat without problems but I have never thought it tastes delicious.
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-01-19 05:36 | :: Food & Beverages
1 Piccadilly, London, W1J 0CR
a0067582_584328.jpg

ピカデリー 1 番地の建物は、レコードショップであることが常。去年の12月初旬まで、ここにはヴァージン・メガストアーがあり、その前はタワー・レコードでした。そして、今はザビー

This building used to be a record shop. Maybe the location is suited for its business. Last December, zavvi opened on 1 Piccadilly, London W1J 0CR where is the famous former Virgin records store. Do you remember that Tower Records was located here before Virgin records store?
a0067582_592662.jpg

私の友人は、今でも、待ち合わせの場所を何処にするかを言う時、「ピカデリー・サーカスのタワー・レコードで」と連絡してくる人がいます。

When I meet my friends, some people talk to me 'Shall we meet at Tower Records in Piccadilly Circus?' now too.
a0067582_510138.jpg

当日、「今、レコードショップに着いて待っているけど、ここで良いのか確かじゃない、だって、ここはタワーじゃなくてヴァージン・メガなんだけど、今、どこ?」と携帯にメールすると、数分後に現れた友人は「えっ、ここは昔タワー・レコードだったんだよ!」と看板をみて慌てていました。(・・・おい、おい、何年前だよ)

On the very day of meeting, I sent a text message 'I have arrived at the record shop in Piccadilly just now, but I am not sure because here is Virgin Mega, not Tower Records. Where are you now?'. A few minuets later my friend came and was confused 'Oh no! Here was Tower Records before'. (…Now now. How many ago?)

今度は、ヴァージンじゃなくて、ザヴィーだよと訂正しないといけないのか・・・
From now on, I have to tell them 'It is now zavvi, not Virgin'.

(DVD: 2ポンド = 440円)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-01-16 05:11 | :: Shopping
罪作りな Thoughtless
クリスマスの十二夜が終わる 1 月 6 日の顕現日(けんげんび = Epiphany エピファニー)を境に、殆どの家庭や街のクリスマスツリー&デコレーションが取り外されます。

The Christmas's twelve days finished on 6th January at Epiphany which is the day to take down the decorations every year.
a0067582_10463218.jpg

去年の話になりますが、クリスマスシーズンの毎日夕方 4 時から 15 分位、ハロッズ百貨店の周りではが降っていました。

In the last year's Christmas season, it was snowing from 4 pm for 15 mins everyday around the department store Harrods.

道行く人々は「わ~、雪」、観光客であろう人に至っては驚きとともに「信じられない、雪よ! なんて素晴らしいんだ、ロンドンは!」と目を輝かせて喜んでいました。

Ordinary people just said 'It's snowing!', but some people (i.e. tourists) exclaimed 'Oh my god! I can't believe that it's snowing! What a wonderful London it is!'

この雪、宙を舞っている間は(完璧)雪にしか見えないのですが、地面に落ちた姿をみれば一目瞭然の「泡」(↓)。ハロッズからのプレゼントというか(費用のかかる)仕掛け演出。

It looks like completed real snow while it is dancing in the air. However, everybody can realise that it is kind of foam (↓) when it fell down the ground. It's a gimmick of Harrods for the festive season.
a0067582_10485483.jpg

真に喜んでいる人を見た時、「罪だ~!」と感じました。日本にいたなら、そうは思わないでしょうが、ここロンドンは人種のルツボですから、人生で初めて見る雪に喜ぶ人が存在するわけで・・・。アルファイドさん(ハロッズのオーナー)、エジプトでは雪が降らないはず。

I thought it was 'thoughtless' when I saw people who heartily were delighted. London is well-known as the melting pot, so there are people who have never seen snow and are delighted by the first snow in their life.

つかの間の幸福感の後、「泡」だと気づいた瞬間の落胆振りに、心が痛みます。他方で、「雪は泡と同じ物質なのか?!」 なんて、変に覚えてしまった人がいないことを祈ります。

After being exhilarated for few minutes, they realised that it wasn't snow and so disappointed. My heart ached for these people. I hope that nobody has believed snow is made of the substance same as bubbles.


参考 Ref: Same gimmick as Harrods' Christmas Parade (同じ仕掛け)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-01-09 10:49 | :: ShowWindow&Illumi
元日の花嫁 New Year's Day Bride
a0067582_955371.jpg

元日は、毎年恒例のニュー・イヤーズ・デイ・パレードのある日です。

Thousands of performers from around the world take part in London's annual New Year's Day Parade.
a0067582_9512244.jpg

全ての参加者の出発地点は、ここ国会議事堂前。モーターバイク集団の後ろに続く、(今年の)パレードの大トリを務めるのは、なんと「花嫁」

Every performer starts at Parliament Square here. It was a 'bride' who anchored in the parade, after a motor cycle group.
a0067582_952810.jpg

この花嫁を見た瞬間、数分前の中途半端な時間に、ウェストミンスター寺院の鐘がなり響いていた訳を納得。

I realised why the bells of Westminster Abbey was pealed a few minutes ago when I found the bride.
a0067582_9523536.jpg

お父さんにエスコートされて歩く(パレードの)2マイルの道のりがヴァージンロードってわけですねっ。長すぎる~!

The way along the 2 mile route was like her virgin road with her father. ....(too long!)

たまに見かけるウェディング用に予約された旧型 ロンドンバス(ダブルデッカー)も後方に続きます。

The London bus for Wedding service, which I sometimes see, followed her.
a0067582_9531449.jpg

このパレード、エントリー制なのです。だから、この花嫁、自分の結婚式をさらに意味あるものにするために知恵をしぼり、元日の式に合わせて、パレードに申し込んだんでしょうかね~?素晴らしい根性してます。

The parade entries are mainly request based. So, I guess she looked for a unique idea or special way to make her wedding more meaningful and entered for this parade.

New Year's Day for Good Luck!
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-01-08 09:56 | :: Annual Events
Scotland (6) - 'Edinburgh'
a0067582_1072311.jpg

およそ 8 年ぶりのエジンバラ。 I visited Edinburgh after 8 years' blank.
a0067582_108275.jpg
a0067582_1081768.jpg

ご紹介したい歴史的な出来事やそれに纏わる場所がたくさんあるのですが、ロンドンをご紹介するのと同様に、たくさんありすぎるので、今回は美しい街並みだけご覧ください。

I want to introduce you many places involved with cultural and historic affairs, but it is difficult because too many similar to London. So, in this time I just show you some beautiful views. Someday I will guide you to Edinburgh.
a0067582_1092440.jpg
a0067582_10103685.jpg

スコット・モニュメント(↑)の正面、プリンスズ・ストリートの角に建つジェナーズ百貨店(↓)は、しばしばスコットランドのハロッズと表現される高級百貨店。ロイヤルファミリーも顧客です。

The department store JENNERS(↓) is well-known as Scotland's Harrods, Standing on a corner of Princes Street and directly opposite the Scott Monument(↑). This independent department store counts the British Royal Family amongst its illustrious clientele.
a0067582_1012636.jpg

私が滞在した Kirkcaldy の町(↓)が、エジンバラの対岸に見えています。あの白っぽい辺り。

You can see the town Kirkcaldy(↓), which I stayed, across the see from Edinburgh.
a0067582_1013422.jpg
a0067582_10163084.jpg
a0067582_10164919.jpg
a0067582_10141649.jpg

The Royal Mile(↓)
a0067582_10234594.jpg
a0067582_1024511.jpg

右側の建物が(↓)、ハーヴェイ・ニコルズ百貨店。エジンバラにもあります。
On the right(↓), that is the department store Havey Nicols.
a0067582_10283955.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-01-07 10:17 | :: Travel
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp