旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2007年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
The Lucky Sixpence
お友達からハーベイ・ニコルズ百貨店のクリスマス・プディングをいただきました。そこで、なぜ、6ペンス硬貨のラベルがついているのかについて・・・

My friend gave me a Christmas pudding of the department store 'Harvey Nichols'. So, this is the story what the label of British sixpence coin means ...
a0067582_105529.jpg

マザーグースに唄われている幸せな花嫁のための4つのチャーム「サムシング・フォー」は、日本でもよく知られていますが、実はオリジナルにはもう一つアイテムがあることをご存知ですか?

Although 'Something Four' for brides is known in Japan, do you know one more lucky charm which is originally part of the bridal tradition rhyme?

Something Old
Something New
Something Borrowed
Something Blue
and a Silver Sixpence for her shoe

a0067582_10555111.jpg

416年間(1551年エドワード6世~1967年現在のエリザベス2世まで)造幣されたイングランド・コインの6ペンス。シルバー・コインには金運があるとされ、当時一番低い単位のシルバー・コインであった6ペンスに人気があつまったため、ラッキー・コインとされました。

The sixpence coins were struck in reign of Edward In Edward VI in 1551 and continued for 416 years until 1971. The silver coins were known for being lucky with money - a lucky coin. Also the sixpence, which was the lowest in all silver coins, was popular.

シルバー・コイン6ペンスが造幣されなくなるとともに、ブライダル・ライムからこの部分が失われていったようです。

This part of the rhyme seems to have been lost when sixpences were no longer minted out of silver.
a0067582_10562266.jpg

同様に、マザーグースには6ペンスの唄があり、伝統的な習慣として、クリスマス・プディングの中に6ペンスを一つ入れ、切り分けた時、硬貨の入った部分をゲットした子どもには幸運がもたらされるとうもの。

On the other hand, the sixpence coin was put into the Christmas pudding and children would hope to be the lucky one to find the sixpence, no doubt also encouraging children to eat their pudding.

1964年に造幣された6ペンスには、イングランド(バラ)、アイルランド(シャムロック)、スコットランド(アザミ)、ウェールズ(リーク)といった各地域の国花が彫られたコイン。

The sixpences in 1964 show the national emblems of England (rose), Ireland (shamrock), Scotland (thistle) and Wales (leek).
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-12-26 10:56 | :: Food & Beverages
PUB in Richmond
a0067582_21185365.jpg

テムズ河を眺めるなら、絶対的に、リッチモンド~ハンプトン・コート~キングストン・アポン・テムズ辺りが美しいので、よく行く場所としては、リッチモンドが多くなってしまします(家から近い)。

If you view the River Thames, around Richmond - Hampton Court – Kingston upon Thames is one of the best views in London.
a0067582_21192668.jpg

金曜日の夕方、観光の方を連れてリッチモンドへ行きましたが、川辺の散歩の後はパブへ。私のお薦めのパブはこちら(↓)

Last Friday, I went to Richmond with my visitor. Off course, we went to my recommendable pub after walking.(↓)
a0067582_21203714.jpg

川岸に建つ pub, The White Cross(↑)

現在、テムズ河に掛かる橋の中では、最古の橋 リッチモンド・ブリッジのすぐ傍にある建物群の一つなので、この辺(↓)に行っていただければ、すぐわかるはず。

This pub stands near Richmond Bridge which is the oldest bridge still standing over the Thames in the Greater London area. It's easy to find this pub if you go around here(↓)
a0067582_2121336.jpg

さて、パブの中ですが、がやがやうるさいだけでのパブではなく落ち着ける雰囲気があり、お約束の本物の暖炉もあります。

It has a cosy atmosphere and there is an essential fireplace to me.
a0067582_21214327.jpg
a0067582_2121596.jpg

この日の夕飯は、パブで、フィッシュ・パイ。向かいに写っているのは、ビーフ・パイ。クリームソース系のパイに目のない私ゆえ、フィッシュ・パイを食べながら幸せを感じた晩でした。

I ordered the fish pie for my dinner, and took a picture with the beef pie. I always feel happy when I eat a creamy pie!
a0067582_21221974.jpg

因みに、リッチモンドという名前は、ヘンリー8世が川辺にリッチモンド宮殿を建てたことに始まります。最初の奥さんとのクリスマスの祝宴は、リッチモンド宮殿で行っています。

By the way, the history of its town name 'Richmond' began that Henry VII gave the name to a fabulous Royal Palace 'Richmond Palace' he had built beside the River Thames. Henry VIII celebrated Christmas to Twelfth Night at Richmond Palace with the first of his six wives.

ヘンリー8世、そして娘のエリザベス1世、共にこのリッチモンドで亡くなっている歴史的な町です。

Also it is well-known that Henry VII died at Richmond and Elizabeth I as well.
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-12-25 21:23 | :: Recomendable
Happy Christmas, Everyone!
a0067582_1025119.jpg

On Christmas Day, let me take the opportunity to wish all my readers the very happiest Christmas and health and joy in the New Year.
a0067582_1031376.jpg
a0067582_1033298.jpg
a0067582_1034778.jpg

今年のリージェント・ストリートのテーマは、Unity。分子模型のような不思議な物体が、いろいろな色に変化するので見ていると面白いです。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-12-25 10:04 | :: ShowWindow&Illumi
on the platforms
"...... we wish all our customers a Merry Christmas and a prosperous New Year."
a0067582_19322989.jpg

クリスマス・ホリデー・シーズンののアナウンスが好きです。アナウンスの最後にこの言葉を言ってくれる瞬間、私はいつも笑顔になります。

I like an announcement of the station during the Christmas holiday season. The above message is at the end of all information, and it always makes me smile at the moment.
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-12-24 23:07 | :: Annual Events
Foggy holiday season again
a0067582_5574682.jpg

去年のクリスマス・ホリデー・シーズンと同様に、今年もクリスマスに深い霧が発生。
In London, it was very foggy day same as the last year's Christmas holiday season.
a0067582_558821.jpg

一日中、霧に包まれ、殆どのフライトがキャンセルとなった12月23日。
Thick fog cloaked London all day long, and most flights were cancelled.

2.00 pm
a0067582_5582325.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-12-24 05:59 | :: me-and-my-life
ziplock bag
さすが、スキポール空港!期待を裏切らない空港ですね~。

As might be expected, Amsterdam Airport Schiphol never fails to impress us.
a0067582_4531518.jpg

ご存知の通り、スキポール空港は世界のトラベラーによる投票で、いつも No.1 に輝くヨーロッパを代表するハブ空港。

Airport Schiphol has been voted the best airport in the world over the years by travelers.
a0067582_4534792.jpg

リキッド類を入れる手荷物用ジップロック・バッグを用意しているまではヒースロー空港も同じですが、スキポール空港は、そのバッグに Duty Free Bag と同じロゴマークをプリントまでしているんですよ!ブランディングがいきとどいた空港です。

This airport prepares the transparent ziplock bags to place all liquids. As well as this, a log mark same as Duty Free Bag is printed on the bag. Although Heathrow Airport prepares the bag too, it is just simple transparent bag. Airport Schiphol is in good branding.

バッグは乗客があらかじめ購入して用意しなければならない成田空港よ!少しは見習いましょうよ。

It is a good example for Narita Airport in Japan to follow. Why does the passenger have to buy and prepare it by theirselves in advance?
a0067582_454994.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-12-24 04:54 | :: Vehicle
Coffee & Muffins
a0067582_23205290.jpg

ねっ!この店からもわかるように、この国は、ドーナッツじゃなくて、マフィンの国なのですよ~。
ドーナッツがマフィンに取って代わる日は、、、、遠ーい!

知り合いのイングリッシュの朝食は、マフィンとコーヒーだそうです。結構、よくある話。デニッシュ(甘いパン)も遠慮したい私ゆえ、朝からマフィンは食べたくないわ~。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-12-23 23:21 | :: Food & Beverages
Ring Doughnut in American Style
これは、私のへの写真です。
Today the below pictures are just for my younger sister.
a0067582_942253.jpg

ロンドンの主要な鉄道の駅(ヴィクトリア駅やパディントン駅など)、ヒースロー空港、またハロッズのフードホールにも、結構、いろいろな所で見かけるクリスピー・クリームのドーナッツ。それゆえ、(買うために)並ぶなんてことが全くなく買えるロンドン。

You often see the shops of 'Krispy Kreme' at the National Railway stations, Heathrow Airport and Harrods. Therefore you can usually buy the doughnuts without queuing.
a0067582_94416.jpg

時々、ちょっとしたお礼の品(お届け物)として6個サイズのボックスでプレゼントすることがある私。

I sometimes buy this as a gift which is to show my gratitude for someone.
a0067582_945920.jpg
a0067582_953146.jpg

一般的なドーナッツの形には二通りがあり、リング型はアメリカンスタイル。一方、まんじゅう型は英国(ヨーロッパ)スタイルとされています。なぜかというと、想像がつきますよねっ?! とにかく甘いものが好きな英国人なので、中にジャムやクリームを入れるためパンのようなまんじゅう型なのです。

By the way, the two most common types are the ring doughnut in American style and the filled doughnut injected with jam, jelly, cream, custard or another sweet filling in English (European) style. British is very partial to sweets!
a0067582_4513998.jpg

そして、伝統的な英国スタイルだと、通常、ドーナッツは油で揚げる作り方。

In the UK, traditional doughnuts are usually cooked in oil.

日本では、アメリカから上陸したクリスピー・クリームのドーナッツを買うために、未だに2時間は並ぶと聞いています。二度並んで、二度とも途中でギブアップした妹に、今度、日本に帰る時は、ヒースロー空港で12個ボックスサイズを買って帰りますからね~!

I will buy the doughnuts of American store 'Krispy Kreme' at Heathrow Airport when I next time go back to Japan. For my younger sister who gave up to queue twice for 2 hours each.
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-12-21 09:05 | :: Food & Beverages
Men's Scarves
a0067582_11533576.jpg

(前置き) 英語でマフラーのことは「スカーフ」と言います。マフラーは車のマフラーを連想し、わかってもらえないのが一般的。

日本では、圧倒的に男性の90% が単色無地のマフラーをしている気がします。しかし、ロンドンは・・・

I think that men of 90% in Japan commonly wear the single colour scarves, but ...
a0067582_11542965.jpg

慣れというのは怖しいもので、ロンドンで一般的な男性用マフラーの柄にかなり慣れて、殆ど違和感がなくなった今年の冬。老いも若きも90% の人がストライプ柄、8% チェック柄、2% 単色無地の割合でしょうかね?!

Stripes are still one of the hottest trends in London. The 90% of men wear the stripe scarves, tartan scarves of 8% and single colour scarves of 2%. I am getting used to seeing the stripe scarves in winter.
a0067582_11545380.jpg

友人のロンドナーに理由を聞いてみると、ジャケットやコートが黒・紺・ブラウンといった単色なので、(マフラーのカラー効果で)スパイス的な色が加わるというのが、ここ数年のトレンドとのこと。ロンドンに限らず、これってヨーロッパのトレンドらしい(ドイツ在住のドイツ人とエジンバラ在住のスコットランド人にも聞いてみたんですよ)。

As my English friend says: 'Jackets and coats are usually single colour such as black, navy blue and brown. So, the colourful scarf adds spice to them as the late trends.'
a0067582_11552745.jpg

ストライプ柄のマフラーって、何かカジュアルに見えますけど、柄によってはかなりダンディーなものもあり、ダンヒルは最低でも70,000円以上、ミッソーニあたりは22,000~81,000円、ポール・スミスあたりだと11,000円、安物なら2,300円位から売ってます。

The price of Dunhill is at least 300 pounds and more, Missoni of around 95-350 pounds, Paul Smith of 45-55 pounds. Also the cheap scarf is from 10 pounds.
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-12-20 11:55 | :: Shopping
'Caviar House & Prunier'
「キャビア・ハウス&プリュニエ」。ヒースロー空港の全てのターミナルにショップとキャビア・バー・カウンターを出しているので、ご存知の方も多いことでしょう。

Maybe you know this restaurant & shop because 'Caviar House & Prunier' is at all terminals of Heathrow Airport (as a caviar bar and shop).
a0067582_9235788.jpg

セントラル・ロンドンでは、リッツホテルと同じザ・ピカデリー通りにレストラン兼ショップがあります。今日、そのショー・ウィンドウで見つけた私好みの物(↓)

In the Central London, Caviar House & Prunier is on The Piccadilly beside Hotel Ritz. Today I found a wonderful thing in their show windows. (↓)
a0067582_9242463.jpg

クリスマスツリー型をしたクリスタル・ウォッカ・ボトル。ウォッカ以外の物を入れても良いのでしょうが、やっぱりこれには無色透明な酒が合いそうなので、ウォッカか日本酒か・・・、あっ、ただのっていう手もありますねっ?!

It's a crystal vodka bottle shaped like a Christmas tree. The transparent colorless liquid matches this bottle such as vodka, Japanese SAKE... Oh! How about 'still water'?
a0067582_9244999.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-12-15 09:25 | :: ShowWindow&Illumi
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp