旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








<   2007年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
夏の風物詩「プロムス」 ('PROMS' at Royal Albert Hall)
もう112年(1895年8月10日~)続く夏の風物詩「プロムス」(プロムナード・コンサート)。

The 'Proms' (The Promenade Concerts) is 112 years old and the first Proms concert took place on 10 August 1895.
a0067582_10395354.jpg

2ヶ月間(今年は7月13日~9月8日)に渡って、毎夏毎日、ロイヤル・アルバート・ホールで行われます。月曜日の晩、日本から来ている友人を連れて行ってきました。

The Proms is held at the Royal Albert Hall everyday for 2 months in every summer. At Monday night, I chose and bought the circle ticket with £10 for my friend, who is visiting London from Japan.
a0067582_10402951.jpg

高いところからホール全体を眺められた方がよいので、友人のためにサークル・シート(£10=2400yen)を選びました。
The reason that I chose the circle seat is to be able to view the whole of inside.
a0067582_10404918.jpg

a0067582_1041485.jpg

a0067582_10413747.jpg

Grand Tier £ 27.50 / Loggia £ 27.50 / Centre Stalls £ 25.00 / Side Stalls £ 22.50 / Choir £ 16.00 / Front Circle £ 13.00 / Rear Circle £ 10.00 / Restricted View Circle £ 6.00
a0067582_10421548.jpg

プロムスの最終日(「プロムス・ラストナイト」)が重要な意味を持っています。これで夏が終わるというシンボリックな物であり、また、この日は、国民的作曲家エルガー「威風堂々」(第二の国歌として親しまれている曲)が必ず演奏されることになっているんです。

'The Proms Last Night' has an important meaning. This day tells us it's the end of summer. Moreover, 'Pomp and Circumstance', which is familiar as the second national anthem composed by national composer Elgar, is performed on that day.
a0067582_10491136.jpg

a0067582_104384.jpg

「威風堂々」は、シェークスピアの「オセロ」に出てくるオセロのセリフ「Pomp and circumstance of glorious war(輝かしい戦いの盛儀盛宴)」から取られています。「Land and hope and glory...」と聴衆が自然発生的にこの部分を歌うことになっており、クラシックコンサートとは思えない盛り上がりとなります。この時、国旗も振られ、お祭り騒ぎです。

The title 'Pomp and Circumstance' comes from a play 'Othello' by William Shakespeare (Othello says 'Pomp and circumstance of glorious war') and audience is supposed to sing a part of 'Land and hope and glory…' spontaneously as they wave the Union Flag (merrymaking!)
a0067582_1043388.jpg

この日は、ハイドパーク内に野外会場を設け、大スクリーンに場内の様子を映し、一緒に盛り上がるというかたちです。
A big screen is set in the Hyde Park on that day.
a0067582_10435344.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-07-31 10:47 | :: Recomendable
'The Bank of England'
土曜日は、日本から友人が遊びに来ていたので、お出かけしました。
On Saturday I went out with my friend, who is visiting London for sightseeing, and guided her around London and countrysides.

こちらはイングランド銀行。日本でいうところの日銀ですが、一階には窓がありません。理由は・・・
Here is the Bank of England. Do you know why there is no window on the ground floor?
a0067582_16333558.jpg

暴動があった際に備えて、窓らしき部分を塞いで(塗りこめて)しまったというのが理由。
They wall up windows on the ground floor because they have to protect theirselves in case of riots.

観光の際は、興味がないことでも、楽しみ方(見方)を見つけてくださいね。
Even if you are not interested in the bank, you can find something else (anecdotal details) from there. This is 'How to make things enjoyable and exciting' for sightseeing.
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-07-30 16:34 | :: Architecture
ホテルの靴磨き職人 (The Shoe-shiner of the Hotel)
今日、ヴィクトリア駅でホテルの靴磨き職人を見かけました。なぜ、今まで気づかなかったのだろう?毎日使っている駅なのに・・・

Today I saw a shoe-shiner (British English: a shoeblack) at the side entrance of Thistle Victoria Hotel London. Up to now why have I never noted it?
a0067582_7503466.jpg

「シスル」というブランドのホテルチェーンですが、ヴィクトリアにあるシスルホテルは、ヴィクトリア駅からダイレクトにホテルに入れる入り口があるのです。

From here, guests have direct access to Victoria Station.
a0067582_751768.jpg

古き良き時代の東京ヒルトンホテルに思いを馳せました。オードリー・ヘップバーンなど多くの著名人・スターの靴を磨いた '靴磨きの名人' 井上源太郎氏がホテル内に店を構えていましたよね。

I turned my thoughts toward Tokyo Hilton Hotel in 'dear old days'. The shoe-shiner, Mr. Gsentaro Inoue who had his shop in its hotel and polished many famous people's shoes clean such as Audrey Hepburn and politicians.

ホテルで靴磨きの光景をみるとダンディズムを感じます(路上の靴磨きではありませんよ)。
I feel 'dandyism' when I see that in the hotels, not street.
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-07-28 07:51 | :: Recomendable
非常口 (Emergency Exit)
これが、この建物のメイン階段なのですが・・・
Although this is the main staircase in this building, ...
a0067582_1215854.jpg

そして、これが、(この建物における)通常のなのですが・・・
and although these are windows in a room, ...
a0067582_1221514.jpg

そんでもって、これって? ...Then what's this in the room?
a0067582_1223266.jpg

窓のように見えますが、これ、この建物の通常の非常ドア(非常口)なんです。普通は、廊下の先や途中に非常口っていうのはあるもんですが、部屋の中に非常口があるなんて、初めてみました。
It looks like a window, but actually this is a basic emergency exit in this building. It is my first time to see this style which set it up in the room.

ドア(窓というべきか?)を開くと、こんな感じ。 Outside the door(window?)
a0067582_122473.jpg

表通りに面していない内側は、空間が取られ、入り組んでいる構造なので、これがもっともなのですよ、ロンドンで古い建物が密集するエリアは。
This is the proper way to set the emergency exits for a row of old building in London, because the buildings have some spaces in the recesses of them.
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-07-27 02:19 | :: Architecture
アヒルの水かき
a0067582_16294868.jpg

家の庭にリンゴが・・・ There is a apple tree in my house's garden.
a0067582_1630697.jpg

誰もフラワーアレンジメントや花籠(ハンギング・バスケット)をつくる趣味がないので、籠だけはあるという状態です。
Nobody uses hanging baskets.
a0067582_16302621.jpg

こんなのどかな写真とは裏腹に、何かをもがいているこの頃です。
Nowadays I am struggling to get something. Photos are incompatible with my mind.
a0067582_1630421.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-07-25 16:48 | :: Home in London
Regent's College in Regent's Park
土曜日、リージェント・カレッジに行ってきました。リージェント・パークの敷地内にある大学です。
Today (Saturday) I went to Regent's College in Regent's Park.
a0067582_4471897.jpg

a0067582_4474331.jpg

中庭がきちんと整備され小奇麗でした。The court (patio) is kept neat.
a0067582_4481693.jpg
a0067582_4483786.jpg

a0067582_4485650.jpg

目の前がローズ・ガーデンとして有名なリージェント・パークの「クイーンズ・ガーデン」なので、帰りにちょっと寄ってみました。
Qeen's Garden in Regent's Park, which is famous for roses, is located in front of the school building. So I called at to see them.
a0067582_4493560.jpg
a0067582_450115.jpg
a0067582_450398.jpg

今日は、雨が降ったり止んだりの繰り返し(シャワー)でした。
I got home. Shower again!
a0067582_451184.jpg

拡大してみると・・・ enlarged
a0067582_4511573.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-07-22 05:18 | :: Plants & Parks
強い雨 (Heavy Rain)
a0067582_6271188.jpg

今日は正午頃、土砂降り。すぐに雨は止みお天気になりましたが・・・
Today it rained heavily around noon.
a0067582_6273520.jpg

ヴィクトリア駅に向かうと、電車は殆どがキャンセルで全く動きだす気配なし(電光掲示板に「遅れ」と表示していても、その後、結局は「キャンセル」になる始末)。
Most trains from to Victoria station were cancelled after displaying 'Delayed'.
a0067582_627524.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-07-21 06:28 | :: me-and-my-life
「クリミアの天使」の真実 (Face the truth about 'The Lady of the Lamp')
ピカデリー・サーカスをセイント・ジェームズ・パークに向かってくだる途中(Lower Regent Street とPall Mall が交差するWaterloo Place)に、クリミア戦争記念碑が建っています。

The Crimean War Memorial is located on Waterloo Place, at the junction of Lower Regent Street and Pall Mall in London, between Piccadilly Circus and St. James's Park.
a0067582_2265790.jpg

一番背の高いのがガード・モニュメント、その左側には右手にランプを持ったフローレンス・ナイチンゲール (1820-1910) 像が建っています。

In front of the statues of three Guards Men, do not miss a statue of woman in a long flowing dress holding a small oil lamp in her right hand! She is Florence Nightingale (1820-1910).
a0067582_227245.jpg

クリミア戦争を通して国家に貢献した人だからなのですが、ナイチンゲールの場合は「看護学」を確立したからなどというレベルのものではありません。日本人にはあまり知られていませんが、ナイチンゲールは「統計学」の権威でもあります。

Florence Nightingale is well known as a pioneer of modern nursing method. Unknown many in Japan, however, was her use of new techniques of statistical analysis during the Crimean War and she is considered to be an authority on statistics.

戦死する人々の死亡状況を観察し、傷病と死因との関係を、誰でも判るグラフ(パイ・チャート)にして表したところ、王室(ヴィクトリア女王)や陸軍から大きな評価を得たわけです。

She observed the death situation of the military, developed the original diagram (pie chart) related between the wound and the cause of death and described statistics. She won a reputation as a statistician from Queen Victoria and the army.
a0067582_2275438.jpg

さらに、彼女は「衛生」ということだけで、どれだけの人間を救えるかという指数も示して、看護学に結びつけたわけです。

In addition, she showed the index number how much man was able to be saved only by 'Hygiene', and connected it with the nursing study.

夜回りを欠かさなかったことから、「ランプの貴婦人」と呼ばれたが、実際の彼女は、「クリミアの天使」(日本での通称)と呼ばれるに程遠いイメージでした。

Although she became known as 'The Lady of the Lamp' because she carried a lamp as she walked the halls of the battlefield hospital, she was so far from an image of a ministering angel which was made in later year.
a0067582_229912.jpg

そのイメージは、後年作られたもので、彼女自身は「何やってんだろう」と皆に思われるような統計グラフを部屋に閉じこもって作っては、論文を作成していたわけです。
Actually she shut herself in a room and did a paper on a statistical analysis as people think 'What is she doing?'

徹底的な経験主義で、現実主義者でしたから、精神主義的な看護の要素は皆無の人だったそうです。
She was a thorough empiricist and realist, so she seemed to be no character for the spiritualism nursing.
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-07-20 02:31 | :: Famous People
フットボールの聖地 (The Home of Football, Wembley Stadium)
a0067582_6332030.jpg

屋根の上に大きなアーチを施している建物、あれが最近リニューアルしたウェンブリー・スタジアム。ヨーロッパで二番目に広いキャパを持つスタジアム(90,000シート)。
For the old stadium, see
Wembley Stadium (1923). Wembley Stadium is a football stadium in London. With 90,000 seats the new stadium has the second largest capacity in Europe.

最初のスタジアムは1923年オープン。元々のスタジアムは「エンパイヤー・スタジアム」の名で世界に知られたイングランド・フットボールの総本山であり、「フットボールの聖地」と言われています。イングランド代表チームの本拠地でもあります。
The previous Wembley Stadium (originally known as the Empire Stadium) was one of the world's most famous football stadiums, being England's national stadium for football, and because of the geographical origins of the game was often referred to as 'The Home of Football'.
a0067582_6334668.jpg

2000年のクリスマス前からスタートした改修計画は、当初2003年の完成を目指していましたが、(毎度のことながら)工事の遅れを理由に、2006年完成に修正され、それも間に合わず、2007年3月にやっと改修工事が完了。フルオープンは5月19日のFAカップ決勝戦でした。

The initial plan for the reconstruction of Wembley was for demolition to begin before Christmas 2000, and for the new stadium to be completed some time during 2003, but this work was delayed. Then it was scheduled to open in 2006. The final completion date of the stadium came on 9 March 2007 and the new stadium was handed over to the FA. In addition, the grand opening was on 19 May 2007, with the first game being this year's FA Cup Final.
a0067582_6341149.jpg

2012年のロンドン五輪でもフットボールの決勝戦等が開催される予定です。
The new Wembley is a significant part of the plan for the 2012 Summer Olympics to be held in London.

1995年にはイングランド対日本代表の試合が行われましたが、日本代表がウェンブリーで行った試合はこの一試合のみです。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-07-18 06:34 | :: uk is ...
チェルシーのマーケット(Saturday Market in Chelsea)
まずは、バタシー・パークの散歩から・・・
At first I walked in Battersea Park on Saturday.
a0067582_1261060.jpg

公園で、結婚式のカクテルパーティをしている人たちがいました。
They had a Wedding cocktail party in the park.
a0067582_1263164.jpg

真の目的は、散歩ではなく、お気に入りのチーズを買うためにデューク・オブ・ヨーク・スクエアに行くことでした。 However my real purpose was to go to Duke of York Square for buying my favorite cheese.

(Saturday Market in Chelsea: on every Saturday, 9:00 to 16:00)
a0067582_127238.jpg

これが一押しのゴルゴンゾーラ・チーズ。まるでリゾットのようにスプーンでえぐってカップに入れてくれます。 This is my most favorite cheese, Gorgonzola. A staff hollows out cheese by a spoon and put it in a cup, so it looks like risotto.
a0067582_1272976.jpg

隣でそれを見ていたおばさんが、「これ何のチーズ?」「パンにつける感じ?」と聞くので、「ゴルゴンゾーラで、すごく美味しくてお薦めですよ」「パンだけじゃなくて、私はパスタソースとして使う」と言うと、試食をした後、購入していました。

A woman asked me 'What kind of cheese is this, is for bread?' I said 'Gorgonzola cheese. It's really delicious, so I sometimes come here for buying this and I can recommend this. I use this for a pasta sauce, Gorgonzola pasta'. After tasting she bought this cheese.
a0067582_1275414.jpg

こういったマーケットでも会話が私はとても好きです。
I like chatting with women at the market like this.

もちろん、値段に見合う(安いけど)美味しいオリーブもみつけました。
I also found delicious olives as value for money.
a0067582_1282755.jpg

私のランチは、同じくここのマーケットで買ったチキンパイ
This is my lunch, a chicken pie I bought at this market.
a0067582_1291372.jpg
a0067582_1292798.jpg

幸せ!Yummy!
a0067582_1294343.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-07-16 01:30 | :: Food & Beverages
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp