旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








カテゴリ::: Food & Beverages( 144 )
Apogee
a0067582_2241872.jpg

「たまには、あなたの元気な姿をみせてください」と日本の知人に言われますので、最近の私(写真左、ベージュのジャケットを着たロングヘア)をみせてしまいます。
a0067582_223414.jpg

先週のことになりますが、ロンドンを離れる友人と(しばしのお別れの)お茶をしたわけです。
a0067582_2252711.jpg

Costa, cafe NERO, PRET, Starbucks ではなく、カフェらしいカフェに行く場合、私は、最近、ここに友人を連れていくことが多いので・・・。

思いっきり、友人にボカシをいれたので、変な写真で申し訳ないのですが、ちょっとでも、店内の雰囲気をお分かりいただこうと思いまして(↓)
a0067582_2322466.jpg

カプチーノ 2.40ポンド(約576円)
a0067582_2255042.jpg

ここは、お茶だけでなく食事もできます。
a0067582_2262220.jpg


APOGEE
3 Leicester Place, London WC2 H7BP

お気づきの方もいると思いますが、私は、現在、コンタクト・レンズを使用していますので、メガネをしておりませ~ん! はい!とても 40 には見えないと誰からも言われるわたくしめであります。

帰りのバスの車窓から(↓ボンド・ストリート)
a0067582_2265784.jpg

たまには、メールをくださいねっ!元気で!幸運を祈ります!(私の幸せも祈ってちょうだいよ!)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-06-05 02:38 | :: Food & Beverages
ラデュレ(Laduree)の新店舗告知を発見!
a0067582_2285033.jpg

ハロッズにマカロンで有名なパリの「ラデュレ」がオープンしたのは、1年半くらい前でしょうか。

そして今度は、超便利な立地 ザ・ピカデリー沿いのバーリントン・アーケード*(Burlington Arcade)の入り口に新店舗がオープンしますよ。
a0067582_2305830.jpg

バーリントン・アーケードといえば、通称カシミア通り。その他には高級万年筆やバッグ、アクセサリーを取り扱う店が軒を連ねます。
a0067582_2313733.jpg

ラデュレがオープンする予定の向かい(同じくアーケードの入り口)にあるこのトランクス屋さん(↓)が、結構、気になっています。なんせ、毎朝、この前をバスで通るので・・・
a0067582_232765.jpg

因みに、数件並びには、パリのチョコレート店「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」があります。
a0067582_2323559.jpg

マカロンの売り上げが落ちるでしょうね~?!

しかし、チョコレート屋さんだけあって、店内を落ち着いたブラウンカラーでまとめ、品の良い、高級感漂う雰囲気が素敵なのですよ!
a0067582_2331737.jpg

*【バーリントン・アーケード(Burlington Arcade)】
バーリントン・アーケードは、世界初のショッピング・アーケード(ブリュッセルにある「ギャルリー・サン・テュベール」Galerie St. Hubert は1847年)。1819年、バーリントン・ハウス(Burlington House、現在の英国王立芸術院 Royal Academy of Arts)に住んでいた領主ジョージ・キャヴェンディシュ(Lord George Cavendish)が、西側のプロムナードに並んだ店々で食べられた牡蠣殻やゴミが敷地内にに投げ込まれるのを防ぐためにカバー(屋根)を造らせた。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-05-16 02:38 | :: Food & Beverages
Still/Sparkling Water の見分け方
日本は、ただの水(スティル)が一般的で、ガス入り水(スパークリング)の方は何処ででも売られているという代物ではありませんよね。

英国でも(日本のように)ブランド・ウォーター(エヴィアン、ヴォルビック、ペリエなど)が売られているけれど、スーパーマーケット独自のブランドや名産地の地名ブランドを買うのが日常的なため、still と sparkling を区別するための規定があります。

それは、牛乳の種類を区分するのと同じようにパッケージのです(牛乳につていは こちら)。

英国では、スティル・ウォーターは「青」、スパークリング・ウォーターは「緑」となっています。
a0067582_127143.jpg

ヨーロッパは、スティルとスパークリングの両方ともが一般的に産出できる土地柄、こういった区別しやすい規定を設けている国が多いです。

イタリアでは、スティルは「プラスティック」のペットボトル、スパークリングは「ガラス」のボトルという具合(オーストリアも同じだと思います)。

従って、ロンドンのホテルでは、(ボトルを動かすと)自動的課金されてしまう客室のミニ・バーに、色しか見えない設置タイプがあります(五ツ星ホテル)。
a0067582_1272631.jpg

「肝心の文字(ラベル)が見えないのに、どうやって判断するんだよ~!見るために動かすと課金されてしまうし・・・」と不思議に思っている方、そういうルールがあるのです。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-05-13 01:30 | :: Food & Beverages
チェルシーの「サタデー・マーケット」
お気に入りのサタデー・マーケットをご紹介いたします。

毎週土曜日朝9時~4時まで開催されているチェルシーの "Saturday Market"。
a0067582_4403640.jpg

ハイソなショッピング・ストリート「キングス・ロード」沿いにある Duke of York Square の広場で開かれています(スローン・スクエアからすぐ)。

一昨年(2005年)のクリスマス前に、期間限定で開かれたクリスマスマーケットが大人気だったため、定着して毎週行われるようになったものです。

一般的な広場で行われている Saturday Market とは多少異なり、(取立て)野菜フルーツなどのお店は少なく、デリ食品や、その場で食べる系のお店等が多いのが特徴です。
a0067582_4421873.jpg

(↑)お薦めは、ここでお馴染みとなっている魚やオイスターを売る店
a0067582_4424190.jpg

(↑)横には、その場で食べられる露天もあり、6個で5ポンド

そして、何といっても、チーズですかね~!
a0067582_443986.jpg

試食してみたチーズは、まあまあ美味しい程度だったのですが(見る目がない)、逆に試食を薦められたチーズが、(さすが薦めるだけあって)飛び切り美味しくて、うなってしまいました。

これを買わなかったら後悔すると思い、「お買い上げ」。只今、冷蔵庫でお眠りになっています。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-03-11 04:45 | :: Food & Beverages
パスティ (Pasty)
軽めのランチとして、または小腹がすいた時に、英国人がよく買うのが「パスティ」
a0067582_6195066.jpg

私の(平日の)ランチタイムは、毎日2時近くになってしまうので、いつも軽めのランチにしています。

今日は、用事があってコヴェント・ガーデンに行ったので、また寒かったので、サンドウィッチではなく暖かな物を食べようと思い、コヴェント・ガーデン・マーケットの入り口にあるWest Cornwall Pasty Co. で、"ベーコン&チーズ"のパスティを Take out(away) することにしました。
a0067582_6202011.jpg

英国人の手軽なランチの王様がサンドウィッチだとすると、パスティは二番目というくらいメジャーで、至るところにパスティの店があります。二位はマフィンかもしれないけど・・・?
a0067582_6211884.jpg

まあ、平べったいパイをまとめてパスティと呼ぶのですが、何といっても、パスティは、コーンウォール地方が有名。従って、店の名前や謳い文句に、"コーンウォール"(Cornwall)という文字をみることが多いです。
a0067582_6225070.jpg

大抵、保温の効くガラスのショーケースに並べられて売られています。

私のは、ベーコン&チーズのパスティですが(ベーコンや玉ねぎのクリーム煮込みが中に入っていて熱々)、パスティの代表格といえば、「コーニッシュ・パスティ」(Cornish Pasty)。

コーンウォール地方には、昔、たくさんの鉱山があり(19世紀以降、廃坑となってしまった)、「コーニッシュ・パスティ」は、炭鉱夫のお弁当として知られています。

見た目は、私のと同じ形をしていますが(ショートクラストペストリーというパイ皮)、具として肉や野菜を包み込んで焼いたものです。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-01-26 06:25 | :: Food & Beverages
渋抜き、且つ 種無し!親切すぎる "柿"
「柿」のことを英語では、persimmon と言いますが、実生活においては、「シャロン」(Sharon)という名前が(欧米では)一般的です。
a0067582_9591694.jpg

近年、欧米では、イスラエル産の(渋抜きした)柿が、「シャロン・フルーツ(Sharon Fruit®)」という名称で流通するようになったため、"Persimmon" よりも "Sharon" として、市販されていることが 99.9% 。

この「シャロン・フルーツ」は登録商標のため、イスラエル産以外の柿を「シャロン・フルーツ」として販売することは違法になります。

英国の果物、ラベルの原産国を見れば大抵がスペイン産です(英国では「りんご」くらいしか果物は栽培できないはず)。この柿も、「やっぱり!スペインよねっ!」と思ったのは、ラベルの "Sharoni" という文字。

"- i" が付いてるスペイン語?! すれすれの名前。

この柿、渋みが全くなく、甘くて、とても美味しいのですが(渋抜きされているから、あたりまえなのですが)、少しは、天然の渋みが欲しいと贅沢な悩み。

おまけに種無し。種無しフルーツの多い英国なので、種があったら、売れ行きに響くだろうけれど、柿は、、種を守るかのような(種の)周りのシャキッとした部分に(噛みごたえに)変化があってよいのですよ~!

まあ、美味しいけれど・・・
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-01-02 09:49 | :: Food & Beverages
Russell Square
a0067582_533575.jpg

先に写真を見せてしまいましたが、今日は、友人とランチをする約束をしていたので・・・(といっても、私の授業が終わるのを待ってなので、14:30頃から食べだしたわけですが)

トッテナムで待ち合わせをして、ラッセル・スクエア(Russell Square)駅まで彼女と話をしながら散歩がてら向かいました。

途中・・・
a0067582_529927.jpg

ホルボーン駅近くのこのアヴェニュー(↑)、私が初めてロンドンに来た時に写真を撮った懐かしい場所でして(実家にあるアルバムに貼ってあるはず)、そして、「あ~、ロンドンって、石造りの街なんだな~」とこの場所で感慨に浸ったことを記憶しています。
a0067582_5295151.jpg

お目当ての店は、ラッセル・スクエア(Russell Square)駅の目の前にある The BRUNSWICK(↑)というコロナードの中にあります。

いつの間に、こんな場所ができたんだ?! と思いました。を基調にした(周囲とは全く違う)小奇麗な場所です。

ブティックが建ち並ぶ奥には、高級スーパーマーケット "Waitrose" も・・・
a0067582_5303912.jpg

夜になるとライトアップされて幻想的です(↓)
a0067582_5305919.jpg

スターバックスを右に曲がった、この奥に、HARE & TORT ISE があります
a0067582_5312421.jpg
a0067582_5315989.jpg

何料理かというと、日本・韓国・中国料理のメニュー。外国人が多いのですが、アジア人もちらほら入ってきます。小奇麗な服装の人もいれば、写真に写っているようなアジア人留学生らしき服装まで、別にドレスコードはありません。

寿司・焼きそば類・ラーメン類・ライス類になりますが、ボリュームがあって美味しいし、店もモダンで広い。値段も安い(殆どが5ポンド前後=1000円)。

私が注文したのは、White Fish & Chili Black Bean Sauce Rice(↓)
a0067582_5323153.jpg

友人が注文したのは、韓国風に辛い海老のラーメン(↓)
a0067582_5325631.jpg

ボリュームがあり過ぎて、食べ終わるのに、凄い時間がかかった私たちです。今日は、お腹がいっぱいで夕飯がたべられません。

毎日(土日も営業)昼12:00~夜11:00まで営業しています。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2006-12-21 05:36 | :: Food & Beverages
量り売り
昔、「メカタでドン」というテレビ番組がありましたが、重さに見当をつけるのが苦手です。お米の袋5kg、機内持ち込み手荷物6kg、スーツケース20~25kgの3種類ぐらいしか、私には見当がつきません。

まだ慣れないスーパーマーケットでの量り売り・・・
a0067582_7363560.jpg

八百屋ならまだしも、スーパーマーケットもお好みで量り売りというのは、(パック売りに慣れている日本人)結構、戸惑います。玉ねぎバナナの前で、「う~~、玉ねぎが買えない~」としばし立ち尽くした数ヶ月前。

大手スーパーマーケット・チェーン Sainsbury's でのこの玉ねぎ、「1kg 68ペンス」(136円)と棚に表示があったのですが、さてさて、いったい何個買ったら1kgなのか?

近くに量りが置いてある場合もありますが、この店舗(ビクトリア・プレイス内)にはないんです。
a0067582_737178.jpg

レジでちゃっと重さを量るんですね、それによると、0.415kg。3個で1kg前後かな?と思ったのですが、半分にも満たなかった。量り売りだから、重さの比率で、3個で28ペンス(56円)とレジがちゃんと計算してくれています。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2006-11-10 07:39 | :: Food & Beverages
マヨネーズ
M&S製の"Beef & Onion" Roll、一年前に美味しい!と以前のブログでもご紹介しましたが(こちら)、一年ぶりに食べてみました。
a0067582_15575.jpg

ローストビーフロースト玉ねぎ、そして味付けはマヨネーズ。パッケージの成分表示をチェックしたわけですが、どうも、この“マヨネーズ”にガテンがいかなかった私。

色は、ホワイトソースのようなものがパンに塗ってあるわけで、どうみても唯のマヨネーズとは思えなかったのです。

温野菜に必須のマヨネーズをスーパーマーケットの棚でみて、納得! こちらのマヨネーズは、日本のマヨネーズより、あっさりしていて、色も白いのです。日本のマヨネーズは、フランスのマヨネーズに近いようです。
a0067582_1554367.jpg

王室御用達のHELLMANN'Sマヨネーズと、(友人からもらった)日本のマヨネーズを比較してみました。HELLMANN'Sマヨネーズの方が、あっさりしていて、ひつこさがなく、ヘルシーな気がします。これを使うと、もう日本のマヨネーズは使いたくなくなります。友人よ、ゴメン!
[PR]
by rie-suzuki67 | 2006-10-20 01:57 | :: Food & Beverages
Seedless White Grapes
a0067582_404994.jpg

おいしいです!無し葡萄(Seedless Grape)。

ご存知のように、こちらの葡萄は、皮が薄くて柔らかいので、“皮ごとパクッ”というのが食べ方。

冷蔵庫から出した葡萄は、冷えているので、特にお味が爽やか。種を出すこともなく、また皮を剥くこともないので、面倒くさがりやの私には最適なフルーツです。

袋に入ったもっとの大きい物も売っているのですが、食べきれないといけないので、今日は、量の少ない、かつ、形の悪い実もあるため50P(100円)値引きになったパック入りを買いました。私、日本では、フルーツ類を一切食べないのですが、「ところ変われば、品変わり」ですから、この葡萄は好んで食べます。

因みに、フルーツの殆どを輸入に頼っている英国ゆえ、この葡萄はギリシャ産です。"GREECE"という文字が写真でも見えるでしょ。だから、フルーツ類は、他の食品と比べて、値段が高い。

Seedless White Grape, 1パック400g, 1.28ポンド(256円)
[PR]
by rie-suzuki67 | 2006-09-11 04:33 | :: Food & Beverages
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp