旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








ハラル・マーク
肉、この国に来て依頼、肉を食べて美味しいと思ったことはなく、例えば牛肉ならば「まさにを食べている」と感じてしまう味。

そんな話を人にした際、ハラル・ミートを試してみたら?!と。ご主人がトルコ人という日本人女性からのお勧めらしいのですが、「そうかっ」と思いながらもまだ試していません。
a0067582_7415516.jpg

ハラル(حلال、Halal) は、イスラム法で許された食してよい物のことをいい、従ってハラル・ミートは食してよい肉のことです。
a0067582_7425434.jpg

イスラム教徒(以下モスリム)は豚肉を食べることを禁止されているということは日本でも知られていますが、厳格なイスラム教の国の人は、それ以外の肉であっても殺し方が正規の手順に従ったものでなければ食べられません。

このため、モスリムは単純に材料表示だけを見て判断することが出来ないためハラルの表示が必要になります。アメリカはもとより英国でもお馴染みのハラル・マーク。
a0067582_7454416.jpg

英国では、お肉屋さん、スーパーマーケットはもとより、レストランやハンバーガー・ショップでもこの表示が生活に根付いています。
a0067582_744688.jpg

なぜ、「ハラル・ミートを試してみれば」という話になるのかというと、イスラム法では血を食することは禁忌であるため、ゆえに、ハラル・ミートは完全に血抜きをされたお肉なので、くさみがないからなのです。

一般の肉との違いですが・・・

(1) まずは餌(えさ)。その家畜が食べた餌にハラムに違反するものが入っていてはならない。

(2) 必ずモスリムが殺したものでなければならず、鋭利なナイフで「アッラーの御名によって。アッラーは最も偉大なり」と唱えながら喉のあたりを横に切断しなければならない。絞殺や撲殺は禁忌。なんらかの事故や病気で死亡した家畜の死体を食肉とすることも禁忌。

(3) 解体は、 牛の頭をキブラの方向に向けて完全に血液が抜けて死んでから行う。

(4) 輸送・保管に関しては、 保管場所や輸送する乗り物に豚が一緒になってはいけない(トラックから冷蔵庫まで全て別にする)。
a0067582_745040.jpg

厳格なイスラム教の国の人は、食べる時に常にそれがハラルなものであるかを確認しなければいけませんが、日本ではそれを確認することさえ困難です。

というより、一般的にそんな肉は置いていないでしょう。人種のルツボでもない日本では、(いくらサービス大国「ニッッポン」といえども)わずかな外国人向けに気配りをする必要がないのでしょう。また宗教には疎い国ですし・・・。

アルコールの入っている醤油やみりんも使うことができませんね~。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2009-12-30 07:47 | :: Food & Beverages
<< Putney Bridge ユール・ログ(Yule Log) >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp