旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








冬の代表料理「コテージ・パイ」(Cottage Pie)
私のサンデー・ランチは、熱々の「コテージ・パイ」(Cottage Pie)でした。日曜日もちょっと寒かったので・・・。

「コテージ・パイ」(Cottage Pie)は、英国の家庭料理の一つです。
a0067582_7512640.jpg

パイ生地は使わず、調理した牛ひき肉の上に、たっぷりのマッシュポテトをのせて焼き上げたものです。

「シェパード・パイ」(Shepherd's Pie)という正統派の伝統的なものがあり、「コテージ・パイ」は、それの肉違いバージョンみたいなものです。「シェパード・パイ」は(牛ひき肉ではなく)ラムやマトンのミンチを使います。

「シェパード・パイ」、ラムが使われるので、シェパード(羊飼い)のパイと呼ばれるわけですが、「貧者のパイ」(Poor Man's Shepherd's Pie)という別名があります。

日曜日のお昼によく作られる肉や野菜のロースト(サンデー・ロースト)の残りを利用した経済的な料理で、ひき肉、玉ねぎ、ニンジンなどのみじん切りをトマト風味で味付けし(ミートソースみないなもの)、マッシュポテトで覆ってこんがりと焼き上げます。
a0067582_7522846.jpg

「コテージ・パイ」「シェパード・パイ」、両者とも、熱々を皆で取り分けて食べる寒い冬の代表料理です。好みで、グレイヴィーをたっぷりかけて食べたりします。

実は、私の隣のテーブルの女性(家族連れ)も、「コテージ・パイ」を食べていました。旦那様の方は、「ソウセイジ&マッシュ」でした。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2009-02-10 07:54 | :: Food & Beverages
<< 花盛り カドガン・ホール (Cadog... >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp