旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








Arbroath Smokie (アーブロース・スモーキー)
去年のこの時季同様、今年もクリスマスを(英国北部の)スコットランドで過ごしました。
a0067582_3501279.jpg

英国の肉類があまり好きではなくを好む私はスコットランドに行くといつもより頻繁に魚を食べます。

そんな私のために車を走らせ向かった場所は、燻製タラの名産地として全国に知れているアーブロース(Arbroath)という漁港です。
a0067582_3553650.jpg

エジンバラからは、(入り江が二つあるので)橋を二つ渡らなければなりません。
a0067582_34741100.jpg

橋の向こうに見えている街が、ダンディー(Dundee)。
a0067582_3511822.jpg

さらに北東に走らせた所にアーブロース(Arbroath)の街があります。
a0067582_4144864.jpg

ダンディーもアーブロースも、アンガス行政区(「アンガス・ステーキ」の名で日本でも知られているアンガス地方)の一都市です。

アーブロースの港の周辺には、沢山のSmokie(スコットランド語で「燻製タラ」の意)Shopがあります。
a0067582_356952.jpg

そして、行きつけの店はこちら(↓)
a0067582_3565181.jpg
a0067582_357921.jpg

ショーケースの後ろでお姉さんが(魚を)新聞紙に包んでくれています。せめて、わら半紙にならないものか?!(↓)
a0067582_357558.jpg
a0067582_3593467.jpg

この枕木が、魚を燻(いぶ)すための薪です(↓)
a0067582_358175.jpg

中途判場な時間に行ったので、ランチもディナーもしませんでしたが、食事をするなら、この漁港に面したこちらのレストラン(↓)がお薦めだそうです(入ってみたかった、残念)。
a0067582_353545.jpg

港から5分も歩けば、街の中心部であるシティセンターにでます。お茶とケーキだけして帰ってきました。
a0067582_3585423.jpg

誰に教えられたわけでもないでしょうに、人間って、思いつくことが似ているな~と思います。魚を燻す・・・日本の魚料理そのものって気がしますが、日本文化に限ったものではないわけですね。
a0067582_411952.jpg

買ってきたのは、Smokie Haddock(ハドックは、北大西洋(北海)で捕れるタラ(cod)の一種)で、オーブンで暖めた後に食べましたが、これがうまい!燻されたスモッグの香りがなんともいえず美味しかった。
a0067582_414618.jpg

因みに、それ以外にも魚を食べたといえば、当然、それはフィッシュ&チップス。人気のお店ですが、相変わらずスコットランドでは、わら半紙に包まれて渡されるのが普通です。
a0067582_421186.jpg

肝心のフィッシュは何にしたかといえば、当然、スコットランド産タラの(またまた)Haddockです。
a0067582_422870.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-12-29 04:02 | :: Travel
<< 英国初の curtain wa... クリスマスカード >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp