旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








Dunking
a0067582_13495218.jpg

もし、紅茶やコーヒーのソーサーにビスケットやチョコレートが添えられていたら、それは(日本人が考える)「お茶請け」とう概念ではなく、むしろ、「ダンク」のためのお菓子の意味合いが強い気がします(伝統的なヨーロッパスタイル<ヨーロッパ各国>のため、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどでも)。

In Europe, the USA, Canada, Australia, New Zealand etc., if a biscuit or chocolate is garnished on the saucer for coffee/tea cup, it leads to 'dunking biscuits', not just 'refreshments' in the Japanese concept.

「ダンク」とは、Biscuit Dunking / to dunk biscuits / Are you a dunker? という使い方をし、ようは紅茶やコーヒー、又はミルクに、ビスケット(又はチョコレート、パンなど)をちょっと浸して食べること。

To dunk is to dip biscuit, bread or cake into tea, coffee or milk, and then eating.
a0067582_13503594.jpg

以前通っていた学校の先生と、月に一度はお茶をすることを習慣としていますが、このロンドン生まれのロンドン育ちの先生(英国人男性)が、ダンクをする姿を見た時、「やっぱり、あなたもか!」と心の中で呟きました。

ビスケットメーカーもダンクを念頭に置いた商品を販売したり、ダンクに最も合うビスケットはどれ?というサイトがあったり、物理学者も専門的な数値を割り出したりといった具合に、至って真面目な習慣

The biscuit manufacturers take their products into consideration that people dunk biscuits, also there are web sites'The best biscuit for dunking'. In addition, the physicist calculated a special numerical value. So dunking is a very serious custom.

ベルギーのロータス・カラメル・ビスケットやオーストラリアの Tim Tam が代表格でしょうが、イングランドでは(やっぱり英国ブランドの)McVitie's が一番マッチする気がします。

Although Lotus Caramelised Biscuit (Belgium) and Tim Tam (Australia) are famous (for dunking), I think McViti’s is one of the best biscuits in England.
[PR]
by rie-suzuki67 | 2008-01-21 13:51 | :: Food & Beverages
<< 伝説の殺人鬼 (Fabled ... 小売価格 (MSRP - ma... >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp