旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








New in Season
英国では、「りんご」はちょっと特別な果物。存在感が日本とはちょっと違う気がします。

一年中、スーパーなどで買える「りんご」。その点では日本と同じですが、皆がランチ時に齧っている一般的な一品ということも一つの違い。それらは普通、スペイン産・チリ産・アメリカ産などで、英国産のりんごが出回る最も旬な大切な季節は。従って、ユニオン・フラッグのラベルを貼ってアピールする必要があります。

I know you have to appeal to consumers that this apple was made in the UK by putting a label of the union flag. Although I can eat the apple all the year round, these are from Spain, Chile or the US. The most important season when the British apple appears on the market is autumn.
a0067582_22545482.jpg

「りんご」といえば、名産地はやはりケント州。一番有名で、また英国人が「世界で一番美味しいりんご」と賞賛するりんごは「コックス・オレンジ・ピピン」

Kent is well known as an apple-growing district, and the most popular apple is Cox's Orange Pippins which are considered to be one of the most delicious apples in the world among British people.
a0067582_22554386.jpg

このりんごは、意外に歴史が浅く、1825年頃、バッキンガムシャー州にあるスラウという町で、Mr. リチャード・コックスにより最初の樹が育てられ、商業的に栽培されるようになるのは、1850 年頃から。コックス・オレンジ・ピピンはMr. チャールズ・ターナーによって紹介され全国に広がりました。

The history of this apple is in an unexpectedly short amount of time. The original variety was raised from seeds of a Ribston Pippin in about 1825 at Slough, Buckinghamshire by Mr. Richard Cox. Commercially grown since 1850 and Cox's Orange Pippin was introduced by Charles Turner.

10月21日は「りんごの日」。全国でりんごにまつわるイベントがありました。

The Apple Day is an annual celebration, held on October 21 each year.

因みに、アイザック・ニュートン(1643 –1727)が「万有引力」を発見したのは、実家のある(英国)リンカーンシャー州ウールスソープです。

By the way, Sir Isaac Newton (1643 –1727) suddenly thought of the Universal Law of Gravitation in Woolsthorpe, Lincolnshire.
a0067582_014518.jpg

今日は、寒すぎるぞ~!と言いたいくらい真冬のように寒い。
It is too cold today like a mid-winter!!
[PR]
by rie-suzuki67 | 2007-10-24 22:55 | :: Food & Beverages
<< British clocks ... Lighting up for... >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp