旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
:: Plants & Parks
:: Walk & Streets
:: Annual Events
:: Extra, extra...
:: ShowWindow&Illumi
:: Architecture
:: Literature
:: uk is ...
:: The First in theW
:: Royal Family
:: Food & Beverages
:: Gal./Mus./Theatre
:: TV & Films
:: Recomendable
:: Shopping
:: Vehicle
:: News
:: Countryside
:: Mysteries...?
:: Grumbling
:: Lookup into Space
:: Languages
:: Famous People
:: Japan in the UK
:: Home in London
:: Regular Shooting
:: me-and-my-life
:: Travel
:: Japan
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








「カーフュー curfew」(晩の鐘)

城下町ウィンザーに行ったなら、コーヒー、またはビールだけの休憩や、ランチの際は、必ず、このウインザー城のカーフュー・‎タワーを見上げるパブへ。居心地抜群。

a0067582_07441802.jpg

「カーフュー(curfew)」は、晩の鐘という意味で、転じて、門限、消灯時刻という意味にも。‎中世ヨーロッパでは、就寝前の決められた時間に、鐘を鳴らして、火の始末をうながすという習慣があリました。それによって、台所の火の消し忘れなどによる火事をふせいだのです。

a0067582_07434233.jpg

今でもこの単語に出くわす場所としてはホテル。ホテルのメイン玄関をロックして、深夜は宿泊客以外入れないようにし、インターフォンでセキュリティと話してロック解除をしてもらうという表示として、ヨーロッパや英国では「Curfew is at 11p.m.」が使われます。‎


この単語、もとをたどれば「cover + fire」。「火を消せ」という意味。

a0067582_07431713.jpg

吹き抜け2フロアの二階席が静かで眺めもGoodですが、、、

a0067582_07425442.jpg
a0067582_07454253.jpg

正面と反対側は、テラステーブル。

a0067582_07444258.jpg

そこから階段をおりれば、まるで日本の‎ビアガーデンのような広いスペースもあります。

a0067582_07451225.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2017-06-22 07:53 | :: Food & Beverages
<< ヒギンスのティー缶 消防はしご車のとどく最大値 >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp