旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








柿を買うなら、LiDL!!
「柿」のことを英語では「パーシモン」(‎persimmon )と言いますが、売られている名称としては‎persimmonの他に、「シャロン」(Sharon)や「KAKI‎」(柿)と3通りあります。
a0067582_623111.jpg

いずれを買っても、英国で食べる柿は、【渋抜き】されているので、甘くて、とても美味しい。おまけに【種無し】ですから、パクパクと毎日食べていて、止まらない ^^;
a0067582_6233484.jpg

‎大抵はスペイン産ですが、‎「シャロン・フルーツ Sharon Fruit(R)」という名称で流通しているイスラエル産の柿もありまして、これは‎登録商標のため、イスラエル産以外の柿を「シャロン・フルーツ」として販売することは違法になります。‎‎

‎種無しフルーツの多い英国なので、種があったら、売れ行きに響くでしょうね~、でも、「柿は、種を守るかのような(種の)周りのシャキッとした部分に噛みごたえがあってよい!」と思われている方、ご安心を。

種はないけど、周りの部分はちゃんとあるんです。

"ハズレ"のない柿を売っているのはスーパーマーケットチェーンLiDL(ハズレがないことを知るアラビック女性とその他の主婦の柿取り合戦で入荷する度にすぐ売り切れになるLiDL)の柿は大きいので、まずは半分にカットして、更に食べやすくカットしますが、、、
a0067582_625396.jpg

割ると一目瞭然。種はないけどシャキッっとした周りがあります。
a0067582_6252681.jpg

‎売り切れだと、Sainsbury'sや八百屋さん、露店などで買ってきますが、LiDLのKAKIには敵わない! ご試食あれ!
[PR]
by rie-suzuki67 | 2016-10-30 06:25 | :: Food & Beverages
<< 冬の到来を告げる「霧」 ジャック・オー・ランタン >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp