旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
:: Plants & Parks
:: Walk & Streets
:: Annual Events
:: Extra, extra...
:: ShowWindow&Illumi
:: Architecture
:: Literature
:: uk is ...
:: The First in theW
:: Royal Family
:: Food & Beverages
:: Gal./Mus./Theatre
:: TV & Films
:: Recomendable
:: Shopping
:: Vehicle
:: News
:: Countryside
:: Mysteries...?
:: Grumbling
:: Lookup into Space
:: Languages
:: Famous People
:: Japan in the UK
:: Home in London
:: Regular Shooting
:: me-and-my-life
:: Travel
:: Japan
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








"Brown Betty" Tea Pot は、どこで買えるか?!
年に二度、日本からロンドンにいらっしゃる65歳日本人女性のリピーターのお客様が、「昔、私は、イギリス人になろうとしたことがあるのよ」とおっしゃいました。
a0067582_536630.jpg

お若い頃に、ケンブリッジに留学され、ロンドンにもお住まいだったことのある方です。

イギリス人になるために、幾つかのことを実践、または、買い揃えたい、と思われたわけですが、「いつか、英国の家庭で定番の茶色いティー・ポットを買いたいと、ずっと、思っているんだけど、どこで買えるかしら?」というご質問。

「茶色いティー・ポット」・・・すぐに、ピンと来た方は、かなりの英国通です。そうです、"ブラウン・ベティ" ティー・ポット("Brown Betty" Tea Pot)のことを言っているんです。
a0067582_5202540.jpg

(一人で飲む時は別として)大抵、どの家庭でも、二人以上で紅茶を飲む時はティー・ポットを使います。そして、昔、どの家庭にもあったとされるのが(童話「くまのプーさん」にも登場するくらい当たり前だった)"ブラウン・ベティ" ティー・ポット。

ポットの中の茶渋を綺麗に洗って(漂白するとか)してしまうことを好まない英国人。考えられないような話ですが、「使い込んでますよ!」という証として、茶渋を除去しないわけです。だから、茶色のティー・ポットが望ましいというわけです。

英国の陶器の里と称されるストック=オン=トレント(Stoke-on-Trent)という町 をご存知でしょうか?

1695年に、ストック=オン=トレントのブラッドウェル・ウッズ(Bradwell Woods)の赤土で作られていた、つやのないテラコッタ製のティーポットが、"ブラウン・ベティ" ティー・ポットの始まりです。

その後、テラコッタを二度焼きした上に "ロッキンガム・ブラウン・グレイズ"(Rockingham Brown Glaze)という方法で美しいつやをだすように製造され、人気となります。
a0067582_5213518.jpg

代々受け継がれてきた伝統の"ブラウン・ベティ" ティー・ポット製造は、2007年からCauldon Ceramicsという工房が製造しており、2012年、Adderley Ceramicsが、ブラウン・ベティに使われているブラッドウェル・ウッズの赤土と、ロッキンガム・ブラウン・グレイズに適した焼成温度を突き止めた事で、今までで最も品質の良いブラウン・ベティがもたらされたと言われています。

Cauldon Ceramics 製Adderley Ceramics製のいずれかの"ブラウン・ベティ" ティー・ポットが、伝統のオリジナルのブラウン・ベティと呼べることを覚えておいてくださいね。

さて、ご旅行でいらっしゃる方であれば、フォートナム&メーソンでご購入されるのが便利です。
a0067582_5221419.jpg

Cauldon Ceramics 製の、二杯分の小さい物と四杯分の大きい物(24ポンド)の二種類が、二階(1st floor)の食器売り場にあります。まん丸で、愛らしい!
[PR]
by rie-suzuki67 | 2015-01-25 05:22 | :: Recomendable
<< Wireless Chargi... 美しいけど、実は不気味なアート >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp