旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








プレスタ(PRESTAT)
英国にも、「シャルボネル・エ・ウォーカー」(Charbonnel et Walker)、「ロココ・チョコレーツ」(Rococo Chocolates)、ウィリアム・ カーリー(William Curley)といった有名な(英国生まれの)高級チョコレートブランドが幾つかあります。

「プレスタ」(PRESTAT)も、その一つ。
a0067582_3521412.jpg

ピカデリー・サーカスからピカデリー通りを歩いてフォートナム&メイソンに向かう途中にあるプリンスズ・アーケード(Princes Arcade)にお店があります。
a0067582_3544082.jpg




1902年、フランス人ショコラティエのアントワーヌ・デュフォール(Antoine Dufour)によって創業された英国老舗チョコレート店。
a0067582_3555842.jpg

老舗とは思えないビビットな色使いの組み合わせのがお洒落で、見栄えも華やかとあって女性に大変人気があります。
a0067582_3573664.jpg

女王様、クイーズ・マザーはもとより、故ダイアナ妃も買いに来ていたというほど、特に英国王室の人々から絶大な支持をうけているチョコレート店。

ゆえに、当然、王室御用達の証であるロイヤル・ワラントを所持するチョコレート店です。
a0067582_3583296.jpg

私はダークチョコレート派なのですが、その私も美味しい!と思ったお薦めが「ラズベリー&リッチ・ミルクチョコレート」(Scrumptious Raspberries & Rich Milk Chocolate)↓
a0067582_40821.jpg

残念ながら、このチョコレートは「プレスタ」ならではの(厚みのある頑丈な)華やかな箱入りではなく、バッグ入り(↑↓)の商品で(3.95ポンド)、リボンの色は(赤・紫・青・緑・白と)その時々で違うのであしからず。
a0067582_491756.jpg

実はこのタイプ、二種類あって、ミルクチョコレートの他にダークチョコレートもあります(Scrumptious Raspberries & Rich Dark Chocolate)が、ダークチョコレート派は "純" を好むので(ダークチョコレートにラズベリーのプチプチと酸味はいらない)、やっぱり、「ラズベリー&リッチ・ミルクチョコレート」が万人受けすると思います。

(ミルクチョコレート派の私の姉に「今まで食べた中で、一番美味しかった」と言わしめた「ラズベリー&リッチ・ミルクチョコレート」です)
a0067582_4102414.jpg

デパートなどでも売られていますが、この「プレスタ」の手提げ(↑)に入れて(人には)差し上げたいので、買うときはこのお店に行くようにしています。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2014-01-29 04:12 | :: Food & Beverages
<< 支援を装う物乞い キング・コング、見~つけた! >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp