旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
:: Plants & Parks
:: Walk & Streets
:: Annual Events
:: Extra, extra...
:: ShowWindow&Illumi
:: Architecture
:: Literature
:: uk is ...
:: The First in theW
:: Royal Family
:: Food & Beverages
:: Gal./Mus./Theatre
:: TV & Films
:: Recomendable
:: Shopping
:: Vehicle
:: News
:: Countryside
:: Mysteries...?
:: Grumbling
:: Lookup into Space
:: Languages
:: Famous People
:: Japan in the UK
:: Home in London
:: Regular Shooting
:: me-and-my-life
:: Travel
:: Japan
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








1762年 元祖サンドウィッチ
ラドゲート・ヒル(Ludgate Hill)の先端に聳えるセント・ポール大聖堂。
a0067582_591336.jpg

私はこの道(ラドゲート・ヒル)を年間40回以上(?)は通るのですが、バス停の所にある「Earl of Sandwich」(サンドウィッチ伯爵)という店を、端からなめていたので入店したことがありませんでした。
a0067582_595993.jpg

しかし、このサンドウィッチ専門ファーストフード店をオープンさせたのが、(現) 第11代サンドウィッチ伯爵であると知り、食べてみたくなりました。
a0067582_511374.jpg

具をパンに挟んで食べるという方法は、古代ローマ、インド、中東で大昔から行われていましたので、第4代サンドウィッチ伯爵(4th Earl of Sandwich)がそうした食べ方を発明したわけでも、推奨したわけでもないのですが、その食べ物を「サンドウィッチ」と呼ぶようになった語源が、第4代サンドウィッチ伯爵。

他の方々が、「サンドウィッチ(伯爵)と同じものを」"the same as Sandwich!"と注文するようになったことで、サンドウィッチという名前が定着します。

因みに、サンドウィッチ伯爵のサンドウィッチは爵位名で、お名前はジョン・モンタギュ(John Montagu)さん。
a0067582_5114386.jpg

英国王室や貴族の方々は、国民に養われているわけではなく、ビジネスをしていますが、第11代サンドウィッチ伯爵(モンタギュ家)もビジネスが上手です。

なぜなら、せっかく作ったそのビジネスを、とっとと(米企業)レストラン&ホテルチェーン「プラネットハリウッド」の創業者ロバート・エールに売ってしまったのですから。

餅屋は餅屋、プロにお任せした方が上手くいくってことですが、ブランドを売った後も、サンドウィッチ伯爵は後方から援護射撃を惜しみません。(きっと、売却の際に、一部ロイヤリティ契約をしているんでしょう)
a0067582_5122517.jpg

地下にもテーブル席があり、各テーブルにケチャップ、ソース、タバスコ、マスタードが置かれているその雰囲気は、いかにもアメリカのカフェテリアって感じです。
a0067582_5141279.jpg

このサンドウィッチ専門ファーストフード店のサンドウィッチメニューは全てホット・サンドウィッチなのが嬉しい!そして、私たちが試したのは、当然、®(レジストレーション・マーク付の)「The Original 1762」「The Full Montagu」
a0067582_515460.jpg

第4代サンドウィッチ伯爵が、紳士クラブでゲーム賭博に高じながら作らせた(1762年)サンドウィッチから250年以上が経過。

去年は英国の南東海岸沿いにある港町・サンドウィッチで、我が町の誇りであるサンドウィッチ伯爵とサンドウィッチ250年を祝うイベントが行われていました。

裏返しで写真を撮ったことに気づき、表から撮り直し(↓)
a0067582_515507.jpg

元祖サンドウィッチである「The Original 1762」は、もちろん第4代サンドイッチ伯爵が実際に好んだとされるローストビーフ、チェダーチーズ、ホースラディッシュの組み合わせ。
a0067582_518621.jpg

パンはとても柔らかくホット・サンドウィッチなので、食べやすいことは無論のこと、美味しい!

やっぱり、「The Original 1762」を食べた後では他のサンドウィッチの味が劣る、と思うのも無理のないことで、「The Full Montagu」は、それほどでもなく。

かなりボリュームがあるので、一個を二人でシェアして(ちゃんと2つにカットされています)、サラダなどをたのむべきでした。

サラダメニューも、片手で食べられることを理想としていた伯爵の遺志を引き継いでいるのか、皮(Bread Wrap)で巻かれたラップサラダ。

ナイフやフォークを使わずに食べるのが伯爵に敬意を示した流儀というわけです。
a0067582_5185294.jpg

英国には、このラドゲート・ヒル店しかありませんが、アメリカではフロリダ州のオーランドにあるディズニーワールド(2004年)やラスベガス(2006年)をはじめ、現在10店舗を展開。そのうち日本にも上陸するかもしれませんよ。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2013-09-30 05:19 | :: Food & Beverages
<< アフリカン・デイジー 世界初のソフト・トイレット・ペーパー >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp