旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
:: Plants & Parks
:: Walk & Streets
:: Annual Events
:: Extra, extra...
:: ShowWindow&Illumi
:: Architecture
:: Literature
:: uk is ...
:: The First in theW
:: Royal Family
:: Food & Beverages
:: Gal./Mus./Theatre
:: TV & Films
:: Recomendable
:: Shopping
:: Vehicle
:: News
:: Countryside
:: Mysteries...?
:: Grumbling
:: Lookup into Space
:: Languages
:: Famous People
:: Japan in the UK
:: Home in London
:: Regular Shooting
:: me-and-my-life
:: Travel
:: Japan
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








イザベラ・プランテーションのツツジ
ロンドン市内には、王室の公園(The Royal Parks)が9つありますが、その一つが(ロンドン・ハイド・パークの7倍、ニューヨーク・セントラル・パークの3倍という広さを誇る2,360エーカーの)ロンドン最大の「リッチモンド・パーク」
a0067582_6113314.jpg

一度で制覇するのは、至難の業といえる広大な野原・丘・森のような公園です(それに四季折々の木々・花々なのでいつ行っても楽しめます)。

5月のリッチモンド・パークといえば、公園内の南西部に位置する「イザベラ・プランテーション」のツツジ(Azalea, アザレア)が有名です。今日(土曜日に)、行ってきました。
a0067582_6133874.jpg
a0067582_6334888.jpg

(自家用車ではなく)公共交通機関+自力(徒歩)で行く場合は、南のラダースティル・ゲートからリッチモンド・パークに入ることがお薦めです(パットニー・ブリッジとキングストンを結ぶバス85番が停まります)。

イザベラ・プランテーションまでの道のりで、鹿の群れと出くわすことができます。初夏には、バンビ(子鹿)もみれます。
a0067582_6143733.jpg

1637年、ペストが流行しているロンドン中心部を離れてリッチモンド宮殿に滞在したチャールズ一世が、13kmの塀で囲い込みを造り、2,000頭の鹿が放たれたことに発し、現在、リッチモンド・パークには約600頭の鹿が生息していて、野生ですから、近づき過ぎたり、脅かしたりすると(鹿の方が)逃げます。

一応、素敵なゲートが設けられているイザベラ・プランテーションのゲートを自分で開けて入って・・・
a0067582_616296.jpg

ブルーベルの小道方向に歩きだしてもいいですし・・・(既に旬を過ぎているのでアップには耐えない状態ですが)
a0067582_6171014.jpg
a0067582_6174323.jpg

直進してツツジが一番きれいなスティル・ポンド(Still Pond)という池の方へ行ってもいいですし・・・(この辺りは、ここでしか見れない珍しいツツジの群生↓)
a0067582_6185066.jpg




石楠花(しゃくなげ)とツツジの学名が同じ(Rhododendron)であるだけあって、あまりに沢山を見たため、全く区別ができなくなってしまいました(区別する必要がないのかも?)。
a0067582_6212427.jpg
a0067582_6214767.jpg

「東洋のガラパゴス」と呼ばれる屋久島の高所に咲く「屋久島石楠花」(↓)。大きく、太く、それでいて優しいソフトな感じのバラを観賞しているような気になります。
a0067582_6241218.jpg
a0067582_625338.jpg
a0067582_6255396.jpg

スティル・ポンドの水面にうつるツツジは、写真スポットとして人気があります。
a0067582_6262654.jpg
a0067582_6265212.jpg

ヒマラヤや中国四川省の標高2400~4800mに咲く山ツツジがあったりと、さまざま・・・
a0067582_6272738.jpg
a0067582_6282296.jpg

小川に咲く花は、水芭蕉。日本では夏の花ですが、イングランドでは3, 4月に花を咲かせ、現在は、すっかり成長しきった後の大きな葉っぱ状態です。
a0067582_6292656.jpg

水芭蕉の英語名は「スカンク・キャベッジ」(skunk cabbage)と言うのですが、その悪臭と、葉が成長するとこんな風にキャベツに似ているからだそうです。

ツツジの壁は高いー!
a0067582_6301184.jpg
a0067582_6305843.jpg
a0067582_6312572.jpg

黄色いツツジの下で、ピクニック中の人(↓)
a0067582_6315394.jpg
a0067582_6325880.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2013-05-26 06:33 | :: Plants & Parks
<< ハンカチの木 Chelsea in Bloo... >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp