旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








英語表現 Hip, Hip, Hooray!
「すごかった!」という言葉でしか表現できないほど、(それを伝えるための文章が)書けないのです。女王様のダイヤモンド・ジュビリー。

15年になる英国との関わりの中で、これまでに経験したことのない、(国はもちろん老若男女)国民をあげての最高の盛り上がり、(今更ながら)20世紀を代表する鉄の女の一人として歴史に名を残すであろう偉大な女王様に、私が感無量で涙。
a0067582_11281590.jpg

書けないゆえに、三日間を通して毎日耳にした英語表現と、絵画というトンチンカンなポイントに焦点を当ててのダイヤモンド・ジュビリーの手引き

二件一揆にアップしました。ビデオに撮られている方は、この後、みなおしてみるのも面白いかも?!

3日(日)2.30pmスタートの「テムズ・ダイヤモンド・ジュビリー・ページェント」。マグネットと化したテムズ河。吸いつけられるように人々が河へ向かい、私は15分前にチェルシー・ブリッジ(南岸)に到着。
a0067582_11293584.jpg

橋の上から(リヴァー・ページェントの)スタート地点となるアルバート・ブリッジを眺め・・・
a0067582_11301050.jpg

橋の袂のカドガン・ピアに停泊されたRoyal Barge(王室平底船)を確認。
a0067582_11323416.jpg

この時、既に、ウィリアム王子・キャサリン妃・ハリー王子が乗船済みでした。

実は、テムズ河に架かる橋々は、車だけでなく、歩行者も通行禁止となるので(居座れるのはメディアだけなので)到着から8分後の2.23pm、橋から出てくれるよう警察官の呼びかけが始まりました。

ちょうど橋を渡り切るところだったので、そのまま北岸へ。

人で埋め尽くされた河辺・・・
a0067582_11343571.jpg

(ロイヤル・ファミリーの居る)アルバート・ブリッジとチェルシー・ブリッジの中間まで来れば、(いつものは車がビュン・ビュン走っている道ですが)出店も設置され歩けるスペースが・・・
a0067582_1135242.jpg

ボケボケですが、(ロイヤル・ベル・シップを除けば)これ(↓)が1,000隻を率いる先頭の王室平底船「グロリアーナ」(Gloriana)。
a0067582_11502073.jpg
a0067582_11512098.jpg

さて、女王様の居るカドガン・ピアの真向かい(南岸)のバタシー・パークで掛け声を発している男性(日本でも映像で流れたかしら?)
a0067582_11492971.jpg

まずは帽子をとり、(対岸の女王様に向かって)「Hip! Hip!」(ヒップ!ヒップ!)

その後に続いて、周りにいる観衆が「Hooray!」(フーレイ)

この時、彼は、帽子を上に掲げます。

これが三回繰り返されました。

翌日4日も同じ光景が、(バッキンガム宮殿前で行われた)コンサートの最後、チャールズ皇太子のスピーチの締め括りとして口にされました。
a0067582_11523847.jpg

チャールズ皇太子:Resounding and cheers for Her Majesty, The Queen!
チャールズ皇太子:Hip! Hip!
観衆: Hooray!

これが三回繰り返されました。
a0067582_1154566.jpg

そして更に翌日5日も。バッキンガム宮殿のテラスに立ったロイヤル・ファミリー。

式典の最後は、衛兵長が:
Three cheers for Her Majesty, the Queen!
a0067582_1155125.jpg

衛兵が皆、帽子をとり、衛兵長: Hip! Hip!
a0067582_11584937.jpg

衛兵が帽子を掲げ、衛兵と観衆が: Hooray!
a0067582_11592266.jpg

これが三回繰り返されました。

英国の宴会パーティで、また、試合などで勝利した祝賀パレードの際に観衆から叫ばれる数え切れないほどの「Hooray!」という言葉なのですが・・・

昔の上流階級の英国人は、お酒を飲む前に、国王の肖像画に顔を向けてグラスを掲げ、「Hooray!」と叫びました。古風な言葉ですが、今でも使われている「万歳!」という意味。

英国人にとっての「hooray」は、喜びという感情と深く結びついている言葉で 、誰かに感謝の意を表したい時に、皆で「hip hip hooray」と三回叫びます。これをthree cheersと呼びます。

ゆえに、「女王様」に感謝の意を示したい言葉として:
Three cheers for the Queen (Her Majesty)!
女王様に万歳三唱をしましょう!

Hip-hip, hooray!  万歳!
Hip-hip, hooray!  万歳!
Hip-hip, hooray!  万歳!

日本の万歳三唱と同じですね。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2012-06-07 11:50 | :: Royal Family
<< ことわざ 「4月の雨は5月のバ... 今蘇る二枚の絵画とヘンデル >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp