旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
:: Plants & Parks
:: Walk & Streets
:: Annual Events
:: Extra, extra...
:: ShowWindow&Illumi
:: Architecture
:: Literature
:: uk is ...
:: The First in theW
:: Royal Family
:: Food & Beverages
:: Gal./Mus./Theatre
:: TV & Films
:: Recomendable
:: Shopping
:: Vehicle
:: News
:: Countryside
:: Mysteries...?
:: Grumbling
:: Lookup into Space
:: Languages
:: Famous People
:: Japan in the UK
:: Home in London
:: Regular Shooting
:: me-and-my-life
:: Travel
:: Japan
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








ジャムの国
マイナス気温の続く長~い英国の冬がやっと終わった!と確信している今週。気温は毎日10度を上回り、今週は15, 16度なんていう日もありました。

(写真の2本の煙突は、南ロンドンにある「イケアIKEA」の店舗)
a0067582_1923843.jpg

春を告げる使者・クロッカスが咲き、いよいよ、雨季であるスプリング・ウェザーに向かっています。(英国は、実際には日本より降水量が少ない国で、年間を通して毎日雨が続く月が3月、サマー・タイムが始まる3月末までは雨との戦いかな・・・)
a0067582_1932162.jpg

さて、日本にいるご家族からの小包といえば、中には日本食材、というのが一般的ですが、ジャムを送ってもらっている(英国に来たての)駐在員さんにびっくりしたことがあります。

英国は、ジャムの国。-berry, -berry and -berry だけではなく、野菜もジャムにしてしまうため、本当に沢山の種類のジャムが、スーパーマーケットの棚に並んでいます。

ジャムは、保存食として始まったもので、普通は各家庭で作られていました。

最初の商業用ジャムは、1810年にフランスで始まり、英国でも同時代のヴィクトリア時代に商品化が始まっています。

貴重品であった砂糖が一般に広まりだした頃と一致するわけです(紀元前の昔から存在したジャム、昔はミツバチの巣から取り出したで作られていました)。
a0067582_1963492.jpg

さて、ヴィクトリア時代の英国人に、アーサー・チャールズ・ウィルキン(Arthur Charles Wilkin)という人がいます。

家庭で容易に作れるジャムではありますが、品質にこだわったジャム製造のためのフルーツ農園をロンドンから北東にでたエセックス州で始めます。
a0067582_1983639.jpg

アーサー・チャールズ・ウィルキンは、現在英国内のホテルで朝食に出てくるジャム、マーマレード、ハチミツなどの小瓶として、もっとも多用されている、こちらの Wilkins & Sons の創業者。
a0067582_1944648.jpg

ブランド名であるTiptree(ティップツリー)とは、自家農園のあるエセックス州のヴィレッジ(村)の名前。

「小さなアイディア、大きな努力」。小瓶が商売になると考え、そして、努力の営業活動、と私は思います。
a0067582_195145.jpg

今では、Royal Warrant(王室御用達の証)を持つWilkins & Sons。(小瓶ではなく)中瓶が普通にどこのスーパーマーケットででも売られているので、紀伊国屋で買わなければならない日本にいる方とは異なり、高級というイメージはないのですが・・・

幕末、そして開国を受けて、多くの日本人が近代日本の建設のために海を渡って英国の地を踏んでいますが、日本のジャムメーカーとして有名な「アヲハタ」は、創業者の中島董一郎氏がケンブリッジに留学中、マーマレードやジャムを見て感心して持ち帰ったことから始まっています。彼の伝授のもと、愛媛県の朝家万太郎氏によって、日本初のマーマレード製造が始まっています。

英国に留学し、その生活からノイローゼになったといわれている夏目漱石。彼の「吾輩は猫である」の一節には、「おれはジャムは毎日舐めるが・・・」とジャムにふれたくだりがあり ます。

話を Wilkins & Sons に戻して、本拠地 Tiptree には、ショップティールームとともに博物館が置かれているので、興味がありましたら行かれてみてはいかがですか?
a0067582_1991115.jpg
a0067582_1994177.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2012-02-26 19:10 | :: Food & Beverages
<< 「手を洗ってください」 銀細工が語る壮大な物語 >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp