旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








ビーフ・オリーブ (Beef Olives)
East Coast Train(ロンドン・キングス・クロス駅~ヨーク~ニューキャッスル~エディンバラ~グラスゴーを結ぶ英国の東海岸側を走る鉄道会社)の cafeBar(車内売店)。
a0067582_85405.jpg

売店車両は、明るい雰囲気になるようレイアウトされているので、またスタッフがサービスマンに徹しているので、いつも気持ち良く笑顔で利用ができて好きです(ヴァージン・トレインの売店とは大違い!)
a0067582_8543320.jpg

さて、今日ご紹介するのは、英国・スコットランドの伝統的な料理である「ビーフ・オリーブ」。

実物を見たこともなかった頃、「昨夜の夕食は、ビーフ・オリーブだった」と聞いて、何じゃそれ?と思ったものです。
a0067582_8552911.jpg

スコットランドでは、1600 年代から人気のメニューという伝統料理で、ポーク・ソーセージを(すき焼きにでもしたいような)薄切り牛肉で包んだもの。

オーブンなんかで火を通した後は、グレイビーソースをかけていただきます。
a0067582_8555368.jpg

ポークとビーフが、一緒に口の中で交じり合うので、変な感じもしますが、両者共に、やわらかいので、口の中で溶ける感じが心地よく(それにやわらかいことは歯によい)。
[PR]
by rie-suzuki67 | 2011-10-12 08:56 | :: Food & Beverages
<< ハムステッド・ヒース Congratulations... >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp