旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
:: Plants & Parks
:: Walk & Streets
:: Annual Events
:: Extra, extra...
:: ShowWindow&Illumi
:: Architecture
:: Literature
:: uk is ...
:: The First in theW
:: Royal Family
:: Food & Beverages
:: Gal./Mus./Theatre
:: TV & Films
:: Recomendable
:: Shopping
:: Vehicle
:: News
:: Countryside
:: Mysteries...?
:: Grumbling
:: Lookup into Space
:: Languages
:: Famous People
:: Japan in the UK
:: Home in London
:: Regular Shooting
:: me-and-my-life
:: Travel
:: Japan
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








ロンドンで一番素敵なカフェ
それは、The V&A café。V&A(ヴィクトリア&アルバート ミュージアム)のカフェ&レストランは、世界初の美術館併設のカフェという歴史を誇ります。

しかし、それよりもっと重要なことは、(気軽に利用できるセルフサービスのカフェテリア形式でありながら)高い芸術性に溢れた贅沢な空間であること。

The V&A café は、一箇所で4つの異なる雰囲気を持っていますが、まずは「モリス・ルーム」
a0067582_6594080.jpg

その名の通り、ウィリアム・モリスがデザインをした空間です。

現在Morris Room(モリス・ルーム)と呼ばれているこの空間は、元々はその装飾の色合いから「緑の部屋」(The Green Dining Room)と呼ばれていました。
a0067582_701136.jpg

工芸家・デザイナー・詩人etc.と多方面で精力的に活動し、"モダンデザインの父" と称されるウィリアム・モリス(William Morris, 1834-1896)が、未だ若く無名であった時代、公共の場のデザイン受注を初めて手がけたのがここです。

隅から隅まで "アーツ&クラフツ" の職人魂に溢れた空間。
a0067582_711345.jpg

モリスは、建築家のフィリップ・ウェッブ(Philip Webb)、デザイナーのエドワード・バーンジョーンズ(Edward Burne-Jones)とコラボしており、ウェッブがしっくいの上塗りをデザイン、バーンジョーンズがステンドグラスと壁の下絵をデザイン。
a0067582_713827.jpg

続いては、圧巻の「ギャンブル・ルーム」と呼ばれる空間。
a0067582_723665.jpg

Gamble Room(ギャンブル・ルーム)は、現代的なデザインの大きなライトと、古典的なステンドグラス、陶製の壁の取り合わせが素晴らしい精巧にねられたクラシック・リバイバル・スタイルの空間です。

デザイナー、画家であったゴドフリー・サイクス(Godfrey Sykes, 1824-1866) が晩年にデザインして、彼の死後、弟子のジェイムズ・ギャンブル(James Gamble)が仕上げたことから、ギャンブルという名がついています。
a0067582_745478.jpg

素材には、洗うことが可能なものが使われていて、壁にはセラミック・タイルを使用し被覆が施されており、また天井は、ほうろう(エナメル)鉄が使われています。

碑銘には、'Hunger is the best sauce'(空腹は最良のソースなり)、'A good cup makes all young'(良きカップで、すべてが若くなる) などが刻まれていて、微笑ましてくれます。
a0067582_74791.jpg

続いて、「ポインター・ルーム」と呼ばれる空間。
a0067582_762987.jpg

特に画家として有名で、かつデザイナーのエドワード・ポインター(Sir Edward John Poynter, 男爵, 1836 -1919)がデザインを手がけたPoynter Room(ポインター・ルーム)。

暖炉は、なんと日本のものを基調にしており、壁一面にアズレージョ・タイルが施されています。
a0067582_772868.jpg

ポルトガル伝統のこの装飾タイル「アズレージョ」は、土をこねるところから、最後の絵付けまで全て手作業です。
a0067582_775699.jpg

一般的に、アズレージョ・タイルは、の単色または紺が基調の絵タイルです。

この空間も、開館当時は、「グリル・ルーム」(Grill Room)という名前を持っていました。

理由は、'broil chops and steaks'(ポーク・ラム・ビーフを焼く)ための空間として仕立てられたからです。

最後の空間は、フードが並ぶエリアと同調させたモダンな白い空間
a0067582_784317.jpg

さて、ドリンクとフードですが、大変豊富で、どんな需要にも対応できるでしょう。
a0067582_79525.jpg

冷製フードコーナー(↓)
a0067582_7103126.jpg

サンドイッチなどのコーナー(↓)
a0067582_7105972.jpg

スウィーツのコーナー(↓)
a0067582_7111546.jpg

温製フードのコーナーには、英国伝統のビーフパイ、フィッシュパイなどずら~り(↓)
a0067582_7114514.jpg

ワインの種類も豊富(↓)
a0067582_7121299.jpg

お姉さん、中庭を眺めているのでしょうか?(後でご紹介しますねっ)
a0067582_714832.jpg

コーヒー・紅茶はもとよりソフトドンクやお水も(↓)
a0067582_7145951.jpg

The V&A caféは、地上正面入り口(↓)から入ると、(ショップを通り抜け、中庭の向こう側)一番奥にあります(一階)。
a0067582_7154580.jpg
a0067582_71604.jpg

中庭(↓)は、夏場だけ「ガーデン・カフェ」となって、入ることができます。今は冬なので、カフェへは、中庭に沿ってぐるっと周ります。
a0067582_7162352.jpg

(↑)この建物の一階部分全部が、The V&A caféで、上部のモザイクや入り口のブロンズドアは、先に名を挙げたゴドフリー・サイクスのデザインによるものです。

こちらは入ってきた正面入り口側の壁(↓)
a0067582_7171934.jpg

V&Aミュージアムは、王冠を被ったような尖塔(↓)をもつ建物です。
a0067582_71739100.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2011-03-04 07:12 | :: Gal./Mus./Theatre
<< キャビーのシェルター Basil Street (バ... >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp