旬のロンドン便り From LONDON
by RIE SUZUKI, meet Britain
カテゴリ
検索
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
外部リンク








COCOMAYA
日本の雑誌にも取り上げられていると聞いたので、お友達を誘って日曜日のお昼に COCOMAYA に行ってみました。
a0067582_5512746.jpg

マーブル・アーチ駅から程近いコンノート・ストリートとポーチェスター・プレイスの両方の道に面したコーナーにあるチョコレート、ケーキ、ブレッドのお店です。
a0067582_5522055.jpg

右側の入り口がチョコレートショップで、左側がケーキやブレッドのお店。
a0067582_553477.jpg

元々は、チョコレートショップからスタートした、ファッション&ライフスタイルで有名なクリエーター3人が集結し、手がけているお店。

オーナーは、高級デパート「リバティ」でコンセプト・ヘッドをしていたJoel Bernstein、アクセサリー・デザイナーWarid Al Damirji、英国におけるフード・ブティックの先駆け的存在Baker & Spice創設者Gail Mejia。
a0067582_5541734.jpg

木目が明るい雰囲気をかもし出す、こじんまりとしたお店で、店員さんがとても親切です。

表のテーブルよりも数人で囲む店内の丸テーブルの方がお薦めです。多人数では無理な小さな店ですので二人くらいでいくのがちょうどいいと思います。
a0067582_5551822.jpg

私がいただいたブレッドは、中に少しだけカスタードクリームが入っていますが、甘くなくあっさりしているので、イチゴとマッチして美味しかったです。

使用しているカップ&ソーサー、ポット、カトラリー等は、全てヴィンテージ物。

プラムのタルト(右下)やレモンケーキ(左)もお薦めです。
a0067582_556417.jpg

もちろん、チョコレート屋さんのケーキなので、濃厚なチョコレートケーキなんていうのもよいと思います。

お昼時には、サラダなども並びます。
a0067582_5563316.jpg

エッジウェア・ロードは、レバネーゼのレストランが立ち並ぶイスラム通りですが、一歩入ったコンノート・ストリートだけにお洒落な店があるという閑静な場所です。

COCOMAYA の向かいには、いつも警察官がこうして立っています。この奥が、ブレア元首相の住むフラットだからなのです。
a0067582_557277.jpg

[PR]
by rie-suzuki67 | 2010-09-13 05:57 | :: Food & Beverages
<< Thames Festival... 18歳以上 >>
「英国と暮らす」 from LONDON by RIE SUZUKI apd2.exblog.jp